Daily Archives: February 18, 2013

宝塚市でまた韓国朝鮮歴史展?

宝塚市における韓国・朝鮮歴史展
takarazuka-city
平成24年度宝塚市異文化相互理解事業
宝塚市における韓国・朝鮮歴史展/宝塚市国際交流協会
http://www.tifa.be/wp-content/uploads/512dab5b7d18455e6648780ecbe1a5aa.pdf
宝塚市における韓国・朝鮮歴史展/宝塚市国際交流協会
http://www.tifa.be/?p=1874

異文化相互理解事業
宝塚市における韓国・朝鮮歴史展(写真展)

現在の宝塚市に住んでいる在日コリアンは、植民地時代に強制連行や出稼ぎでやってきて、宝塚市の郷土づくりに貢献し、故郷に帰ることができないまま、この地に骨を埋めた人たちの子孫です。

その大半は、宝塚市が生まれ故郷です。在日コリアンたちは、その祖先が血と汗を流して作りあげた郷土に誇りを持っています。

わたしたちは、その歴史の上にわたしたちの生活が成り立っていることを知らなければいけません。しかし、時としてその誇りを傷つける行為がみうけられ、それはとても残念なことです。

この「宝塚市における韓国・朝鮮歴史展」の開催によって、在日コリアンの郷土づくりに果たした役割が、多くの人々の新たな記憶となり、末永く語り伝えられることを願っています。

開催日程
西公民館3階ギャラリー 2013年(H25)1月23日(水)~29日(火)
東公民館1階ロビー 2013年(H25)2月13日(水)~18日(月)
各会場とも最終日は15時まで
主催:宝塚市、(特)宝塚市国際交流協会、宝塚市外国人市民文化交流協会
問合せ先:(特)宝塚市国際交流協会 TEL(0797)76-5917
*水・日・祝日を除く 10:00~18:00

…….

takarazukacity
異文化相互理解事業●講演会/(特)宝塚市国際交流協会
世界の変化を未来へ巧みにつなげよう~韓国と日本が共に歩む道への提言~
http://www.tifa.be/wp-content/uploads/e437e2d2d2c3430e8104856d7aae2bdd.pdf
宝塚市国際交流協会
講演会「世界の変化を未来へ巧みにつなげよう」
李賢主 駐大阪韓国総領事を講師にむかえ講演会を開催します。
http://www.tifa.be/?p=1881

異文化相互理解事業●講演会

市民の皆様、こんにちは!アンニヨンハシムニカ!駐大阪大韓民国総領事の李賢主です。わが国にとって日本は、二千余年の交流を持つ友邦であります。宝塚市は、わが同胞二千数百人が居住する重要都市の一つです。さらなる堅い絆と発展のために、私は皆さんに提言します。共に考え、未来に向かって、前へ進もうではありませんか。

世界の変化を未来へ巧みにつなげよう
~韓国と日本が共に歩む道への提言~

2013年2月19日(火) 14:00-(開場13:30)

会場:宝塚市立文化施設ベガ・ホール(宝塚市清荒神1丁目)
阪急宝塚線 清荒神駅下車 徒歩1分

入場無料 先着380名

講師 駐大阪大韓民国総領事 李賢主

主催●宝塚市/(特)宝塚市国際交流協会/宝塚市外国人市民文化交流協会
お問い合わせ●電話:0797-76-5917 Fax:0797-76-5918 (特)宝塚市国際交流協会事務局

…….

中川智子(宝塚市長)
nakagawa-tomoko_takarazuka-city

宝塚市 市長(中川智子)のページ
今週の主な日程(平成25年(2013年)2月12日~2月19日)
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/mayor/html/mayorschedule.html
2月19日(火)
時間:14:00
内容:異文化相互理解事業講演会「世界の変化を未来へ巧みにつなげよう~韓国と日本が共に歩む道への提言~」
場所:ベガ・ホール

イベントカレンダー:宝塚市
http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/sinseidls/asp/esche.asp?YY=2013&MM=2&CODE=1
2013年2月19日(火)
異文化相互理解事業・講演会「世界の変化を未来へ巧みにつなげよう」
時間:14:00~16:00
場所:ベガ・ホール
内容:在大阪大韓民国総領事 李賢主氏を講師に迎え、講演会を開催します。
開演:14:00~(開場:13:30~)
定員:先着380名 
入場無料、直接会場へお越しください。
連絡先:(特)宝塚市国際交流協会(TEL0797-76-5917)
リンク:(特)宝塚市国際交流協会
備考:宝塚市が主催する行事です。

…….

chikyujin-takarazuka
地球人・宝塚 2012年6月23日 臨時号 資料集
宝塚市外国人市民文化交流協会 NPO地球人文化・スポーツ交流協会
http://takarazuka-gaikokujin.com/siryo/chikyujin/rinji20120623.pdf
宝塚市外国人市民文化交流協会 資料集
http://takarazuka-gaikokujin.com/siryo/index.html

地球人・宝塚2012年6月23日臨時号資料集Page3
植民地支配下朝鮮での日本国策映画を観る!!「愛と誓ひ」
takarazuka_eiga

地球人・宝塚2012年6月23日臨時号資料集Page4
国連社会権委員会作業部会の日本政府への質問について
2012年6月6日 戸塚悦朗1

2012年6月5日深夜、国連より連絡があり、リスト・オブ・イッシュー(LOIs。社会権規約に関する第3回日本政府報告書に関する質問。E/C.12/JPN/Q/3)が公開されたとのことです。国連のHP中http://www2.ohchr.org/english/bodies/cescr/cescrwg49.htmの日の丸のところですが、ListofIssuesの欄のE をクリックすると英文全文を見ることができます。内容を見てみましたところ、国際人権法政策研究所(RIIHRLP)と日本友和会(JFOR)が提出した二つの代替報告書の関係では、以下の二つの質問が入っています。

①第3条の男女平等の権利に関して、「慰安婦」問題についての質問2が出されました。
(仮訳) 「7.被害者による経済的社会的及び文化的な権利の享受、とりわけ被害者の道義的及び実質的な利益を満足させるためにとられた措置に関して、「慰安婦」とされた女性の搾取による継続的な影響に対応するためにとられた被害回復及び教育上の措置についての情報を提供してください。」

②外国籍の子どもの義務教育への権利差別の問題にかかわるものでは、第13,14 条に関して、マイノリティー等の権利及び学校の問題に焦点をあわせた質問3が出されました。
(仮訳) 「28.民族的少数者及び移住者の家族、とりわけコリア出身の子どもたちに対する頑固な差別に対応するためにとられた措置の効果について情報を提供してください。また、公立学校においてこれらの子どもたちが自らの言語と自らの文化について、余裕を以て教育を受ける機会を保障するためにとられている措置をあげてください。国家が少数者の学校に対して与えている財政支援に関する詳細な情報を提供してください。」

これで、日本政府は、国連に対する回答を迫られます。これらについては、2013年5月になる予定の本審査で必ず取り上げられることになるでしょう。やはり、現地ロビーイング(2012年6月21日から25日)の成果は確実にあったと思います。

1 国際人権法政策研究所事務局長。日本友和会ジュネーブ国連首席代表。
2 7. Please provide information on remedial and educational steps taken to address the lasting effects of the exploitation of women as ‘comfort women’ on the enjoyment of economic, social and cultural rights by victims, in particular the measures taken to satisfy the moral and material interests of the victims. 3 28. Please provide information on the impact of measures taken to address the persistent discrimination against children belonging to ethnic minorities and migrant families, in particular children of Korean origin. Please also indicate the measures being taken to guarantee these children’s access to affordable education, including of their own language and about their own culture in public schools. Please provide detailed information on financial assistance granted by the State party to minority schools.

…….

写真60点で振り返る…在日同胞の貢献顕彰 民団新聞2013.1.30
takarazuka_zainichi

写真60点で振り返る…在日同胞の貢献顕彰
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=4728&corner=2
民団新聞 2013.1.30

【兵庫】宝塚市の街づくりに貢献してきた在日同胞の歴史をありし日の写真で振り返る企画展がこのほど市立西公民館で開かれた。宝塚市、宝塚市国際交流協会、宝塚市外国人市民文化交流協会の主催。

祖国解放1周年を祝って市内をパレードする同胞の姿や、チョゴリ姿でノルティギに興じる写真など60点を展示。市内在住の在日2世、金禮坤さん(80)は、「宝塚市には2500人の在日同胞が住んでいる。この人たちの祖先の歴史を紐解くことで、同じ地域住民として理解を深めるきっかけになってほしい」と話していた。

2月13日から18日までは宝塚市立東公民館でも展示される。問い合わせは宝塚市国際交流協会(TEL0797・76・5917)。

…….

宝塚市へのお問い合わせ
https://www.city.takarazuka.hyogo.jp/inquiry/asp/inquiry.asp
宝塚市役所 市民交流部 きずなづくり室 市民相談課
sumire@city.takarazuka.lg.jp
宝塚市東洋町1番1号 本庁1階
電話 0797-71-1141(代表)、0797-77-2003(市民相談課)
FAX 0797-77-2086(市民相談課)

Advertisements