思いきり~♪アメリカ~ン♪

思いきり~♪アメリカ~ン♪

思いきりアメリカン 杏里
anri
思いきりアメリカン / 杏里 ANRI 【歌詩付き】

防衛大卒業式における安倍総理の訓示、
部分的に聞いたらオバマの演説かと思うほど、
思いきりアメリカンなスピーチだったようですね。

防衛大卒業式で米国の英雄譚を連発とは、
安倍ちゃんはアメリカナイズされすぎでしょう。

思いきり~♪アメリカ~ン♪
…….

思いきりアメリカンなアメポチ安倍晋三
abe_boueidai
防衛大学校卒業式 総理訓示 – 平成25年3月17日
http://youtu.be/f1XHU7fXGKo?t=1m35s
4年前の1月15日、ニューヨークを飛び立った旅客機が、離陸直後のエンジン停止という最悪の事態に直面し、ハドソン川に緊急着水しました。当時、「ハドソン川の奇跡」とも呼ばれた、このニュースを覚えている人も多いと思います。最後まで機内に残り、乗客・乗員155人全員の命を守りきった、サレンバーガー機長は、高まる賞賛の声に対して、このように語ったそうです。「私たちは、日頃の訓練どおりに行動しただけだ。」 そこには、功名心はありません。あるのは、ただ、乗客・乗員を断固として守り抜くという、機長としての使命感と責任感です。かつて空軍のパイロットでもあった、サレンバーガー機長は、こうも語っています。 「すべての人生は、このときに備えるためにあったように思う。」 「ハドソン川の奇跡」は、「偶然」の結果ではありません。サレンバーガー機長の、強い使命感と責任感に裏打ちされた、努力と訓練の積み重ねがもたらした、「必然」の結果であったと思います。

思いきりアメリカンなアメポチ安倍晋三
abe_jieitai
防衛大学校卒業式 総理訓示 – 平成25年3月17日
http://youtu.be/f1XHU7fXGKo?t=7m5s
今日、この場所から、それぞれの「現場」に踏み出す諸君に、最後に、この言葉を贈りたいと思います。 「批評するだけの人間に、価値はありません。」 「真に賞賛しなければならないのは、泥と、汗と、血で顔を汚し、実際に現場に立つ者です。勇敢に努力する者であり、努力の結果としての、過ちや、至らなさをも、持ち合わせた者です。」 米西戦争において、自ら募った義勇兵を率いて、祖国のため戦場に飛び込んでいった経験もある、セオドア・ルーズベルト元米国大統領は、こう語りました。

平成25年3月17日
平成24年度 防衛大学校卒業式 内閣総理大臣訓示
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0317kunji.html

思いきり~♪アメリカ~ン♪
…….

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』矢部宏治(著)
http://wp.me/pOg1o-t77
反共なのにTPP賛成?
http://wp.me/pOg1o-pQA
安倍靖国参拝、安倍支持層への配慮
http://wp.me/pOg1o-rFs
小泉純一郎のリメイク焼き直しが安倍晋三
http://wp.me/pOg1o-rFu
ドリル安倍物語
http://wp.me/pOg1o-seV
安倍晋三・著 『美しい国へ』(文春新書)
http://wp.me/pOg1o-oCb
大嫌韓時代?(笑) 在特会VSシバキ隊?(笑)
http://wp.me/pOg1o-sB0
日韓トンネル 対馬調査斜坑の起工式
http://wp.me/pOg1o-sup
慰安婦問題謝罪と統一教会と祝電・安倍晋三
http://wp.me/pOg1o-shn
日航ジャンボ機墜落事故、「アントヌッチ証言」英語原文
http://wp.me/pOg1o-sou