自民党が想定する「日本が受け入れる移民のカテゴリー」

自民党が想定する「日本が受け入れる移民のカテゴリー」
jimin_imin

Ⅱ 日本型移民政策の骨格
1.日本人口の10%を移民が占める「移民国家」へ
○ 欧州の移民先進国の受け入れ数や日本社会の受け入れ能力などを勘案すると、日本は、今後50年で総人口の10%程度の移民を受け入れるのが相当である。そこで日本政府は、1年以内に「移民国家宣言」を世界に発信する

【日本が受け入れる移民のカテゴリー】
① 高度人材(大学卒業レベル)
② 熟練労働者(日本で職業訓練を受けた人材)
③ 留学生
④ 移民の家族(家族統合の権利保障)
⑤ 人道的配慮を要する移民(難民、日本人妻等北朝鮮帰国者、その他日本が人道上受け入れを考慮すべき人々)
⑥ 投資移民(富裕層)
などを想定する。

○ 移民受け入れに際しては、移民先進国の例を参考に、ポイント制の導入など分かりやすい公平なルールを策定する

人材開国!日本型移民政策の提言
世界の若者が移住したいと憧れる国の構築に向けて
2008.6.12. 自由民主党 外国人材交流推進議員連盟
http://www.kouenkai.org/ist/pdff/iminseisaku080612.pdf
…….

大嫌韓時代?(笑) 在特会VSシバキ隊?(笑)
http://wp.me/pOg1o-sB0