日中韓で投資促進?

日中韓
japan_china_skorea

議案審議経過情報:衆議院
「投資の促進、円滑化及び保護に関する日本国政府、大韓民国政府及び中華人民共和国政府の間の協定の締結について承認を求めるの件」
議案提出者 内閣
衆議院議案受理年月日 平成25年4月2日
衆議院付託年月日/衆議院付託委員会 平成25年6月11日/外務
衆議院審査終了年月日/衆議院審査結果 平成25年6月14日/承認
衆議院審議終了年月日/衆議院審議結果 平成25年6月18日/承認
採決態様 全会一致

議案情報:参議院
「投資の促進、円滑化及び保護に関する日本国政府、大韓民国政府及び中華人民共和国政府の間の協定の締結について承認を求めるの件」
提出日 平成25年4月2日
衆議院から受領/提出日 平成25年6月18日

「投資の促進、円滑化および保護に関する日本国政府、大韓民国政府及び中華人民共和国政府の間の協定」(日中韓投資協定
http://www.meti.go.jp/press/2012/05/20120513001/20120513001.html
(別紙3)投資の促進、円滑化及び保護に関する日本国政府、大韓民国政府及び中華人民共和国政府の間の協定(訳文)
http://www.meti.go.jp/press/2012/05/20120513001/20120513001-4.pdf
第三条 内国民待遇
1 各締約国は、自国の領域内において、投資活動に関し、他の締約国の投資家及びその投資財産に対し同様の状況において自国の投資家及びその投資財産に与える待遇よりも不利でない待遇を与える。
第八条 人員の入国
各締約国は、自国の関係法令に従い、投資財産に関連する事業活動を行うことを目的として自国の領域に入国し、及び滞在する希望を有する他の締約国の自然人の入国、滞在及び居住に関する手続を円滑化するよう可能な限り努める
…….

安倍晋三 『美しい国へ』(文春新書)
http://www.amazon.co.jp/dp/4166605240
abe_utsukushiikuni

安倍晋三『美しい国へ』(文春新書) P.155
たとえ国と国とで摩擦が起きようと、相手の国の人たちには、変わることなく親切に、誠実に接する。それこそが日本人のあるべき態度だし、わたしたちが目指そうとしている国のあり方に重なる。これから中国とは、経済的にはいま以上に密接な互恵関係が築かれるに違いない。したがって、中国の留学生たちには、ほんとうの日本をもっと知ってもらいたい。ほんとうの日本を知る中国の学生が増えれば、日本にたいする理解も格段に深まるはずだからだ。そのためにも今後は、留学生の受け入れ枠を思いきって広げ、日本で勉強したいという中国の若者たちをもっと受け入れる努力をするべきだし、日本における就業機会をふやす努力が必要だ。

安倍晋三『美しい国へ』(文春新書) P.157
日韓両国はいまや一日一万人以上が往来しているという重要な関係にある。日本は長いあいだ、韓国から文化を吸収してきた歴史をもつ。その意味では、韓流ブームはけっして一時的な現象ではない。わたしは日韓関係については楽観主義である。韓国と日本は、自由と民主主義、基本的人権と法の支配という価値を共有しているからだ。これはまさに日韓関係の基盤ではないだろうか。わたしたちが過去にたいして謙虚であり、礼儀正しく未来志向で向き合うかぎり、かならず両国の関係は、よりよいほうに発展していくと思っている。
…….