女子大生とラブホテル佐田玄一郎、衆院議運委員長を辞任

syukanshincho
http://www.shinchosha.co.jp/magazines/images/10/poster_l/20130627.jpg
4万円援助交際20回!女子大生とラブホテル!
衆議院No.3「佐田玄一郎」議運委員長 常習的買春の現場報告
還暦を迎えた大物政治家は、湯島のラブホテルに一人で入り、20歳の女子大生の到着を待った。偽名を使い、謝礼は4万円……。初めて関係してから半年が過ぎていた。
週刊新潮2013年7月4日号(2013/06/27発売)定価370円(税込)
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

若い女性と2人で食事をする佐田玄一郎(自民)
kaishun

「週刊新潮」 衆議院No.3「佐田玄一郎」議運委員長 常習的買春の現場報告
sata

「YOUNG & CLEAN」と記していた自民党の佐田玄一郎
satagenichiro
佐田衆院議運委員長「女性問題」受け辞任の意向 野党は批判
FNNニュース (2013/06/27 18:18)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248807.html
自民党の佐田玄一郎衆議院議院運営委員長は、一部の週刊誌で、自らの女性問題が報じられたことを受けて、辞任する意向を示したことがわかった。選挙モードに入った矢先のこの問題に、同僚議員も困惑の色を隠せない。自らのウェブサイトに、「YOUNG & CLEAN」と記していた自民党の佐田玄一郎衆議院議院運営委員長。60歳で当選8回のベテラン・佐田氏が27日、一部の週刊誌に女性問題に関する記事が掲載されたことを受け、26日夜、伊吹衆議院議長に辞任したい考えを伝えていたことがわかった。週刊誌の報道によると、佐田氏は都内のホテルで、女子大生と不適切な関係を持ったという。27日に発売された週刊誌の記事には、佐田氏の写真も掲載され、佐田氏は会うたびに金銭を支払っていたとしている。佐田氏の地元、群馬・前橋市では、「やだね。まったくいい歳して」、「われわれだって若い女性を見て、いい女性がいればそういう気はあるけど、公人だもん。政治家は私人ではない」などといった声が聞かれた。国会が閉会し、各党が参院選モードに突入した矢先のこの問題。菅官房長官は「そうした報道が出ていることは承知しております。党の問題、(衆議)院の問題でありますので、そちらで適切に対応をされると思います」と述べた。衆議院議院運営委員長は、議長、副議長に次ぐ、衆院のNo.3にあたる要職。委員会で佐田氏が、遅刻した議員を注意する場面もあった。4月、佐田氏は「会に際して、委員長の方から申し上げますけど、5時に(委員会を)開くと言った以上は 特に与党の皆さん方、しっかりと時間を守って、出席するようにお願いいたします」と述べていた。佐田氏は2006年、第1次安倍内閣に行政改革担当相として入閣したが、架空の事務所費を計上していた問題が発覚し、わずか3カ月で辞任した。今回の問題が発覚したのも、第2次安倍内閣の発足から半年しかたっていない。民主・海江田代表は「何ていうのかな、お辞めになると決めたわけですから、一刻も早くお辞めになるのがいいと思います」と述べた。民主・細野幹事長は「中身については読んでいないので、くわしい話はコメントしかねます。しっかりご判断されるべきではないか」と述べた。社民・福島党首は「自民党も辞めさせて終わりではなくて、説明責任を尽くすべきです」と述べた。自民党内からも、「安倍首相も怒っているし、菅官房長官も『辞めさせろ』とのことだった」との声が上がっている。早ければ、週明けにも辞任との見方も出ている。
…….

佐田氏の地元、群馬・前橋市では、「やだね、まったく、いい歳して」
maebashi

佐田議運委員長が辞任=女性問題で引責
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013070100973
佐田玄一郎衆院議院運営委員長(自民)は1日、週刊誌に女性問題を報じられたことの責任を取り、伊吹文明衆院議長に辞表を提出した。伊吹氏はこれを許可した。当面、自民党の高木毅国対筆頭副委員長が委員長代理を務める。自民、公明両党は、4日公示の参院選への影響を最小限に抑えるため、佐田氏辞任で事態収拾を図る考え。ただ、国会の要職を務めてきた佐田氏の女性スキャンダルによる辞任で、参院選で「ねじれ」解消を目指す安倍政権は冷や水を浴びた形となった。与党は、参院選後の8月上旬に召集する予定の臨時国会までに後任を決める考え。佐田氏は群馬1区選出の当選8回。第2次安倍内閣発足を受け、衆院議運委員長に起用された。第1次安倍内閣では、行政改革担当相として初入閣したが、自らの政治団体の事務所費問題で辞任した。(2013/07/01-21:20)
…….

佐田玄一郎(さたげんいちろう、1952年12月22日 – ):
群馬県前橋市出身、北海道大学工学部。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、元議院運営委員長。安倍内閣で内閣府特命担当大臣(規制改革)、第1次小泉内閣で総務副大臣を務めた。元参議院議員の佐田一郎は祖父。元佐田建設社長の佐田武夫は父。日韓議員連盟に所属。壇蜜を彷彿とさせる20歳の女子大生と1回4万円で援助交際していることが報じられ 佐田が背広姿で湯島のラブホテルから出てくる写真も掲載された結果、佐田玄一郎は衆院議院運営委員長を引責辞任。
…….

ジョンマケインが「今こそ憲法改正を!武道館一万人大会」にメッセージ