ロバート・フェルドマン、日本移民学校・自動移民権を提案

テレビ東京系の経済報道番組WBSワールドビジネスサテライトのコメンテーターとしても知られるロバート・フェルドマンが、あべぴょん内閣の国家戦略特区ワーキンググループ集中ヒアリングで、なかなか過激な提案をしてるようです。1つ挙げてみますと、ロバート・フェルドマンの提案の1つには、「海外で日本移民学校を設置し卒業生に自動移民権を認める」というものがあり、これはどうみても筋金入りの移民受け入れ政策です。卒業生に自動移民権を認める海外の日本移民学校なんて、さすがに実現は無理じゃないかと思いがちですが、”俺はジャイアン”な米国のロバート・フェルドマンの提案ですから、いつの間にかどこか海外に日本移民学校なるものができていたなんてことがないよう、警戒するに越したことはありません。

そんなロバート・フェルドマンは、「アベノミクスは100%正しい」と言う竹中平蔵と同じように、アベノミクスについて「満塁ホームラン」だと絶賛しています。「ドリルの刃」安倍晋三、オリックス社外取締役でモルガン・スタンレーのロバート・フェルドマン、小泉内閣で規制改革民間開放推進会議議長などを務めたオリックス宮内義彦、現在の第二次安倍内閣における規制改革担当の「靖国のマドンナ」で「オリックスの番犬」稲田朋美などなど。こうして脈々と受け継がれている「小泉竹中構造改革」の系譜。黄金の国ジパングの富を収奪せんとする米国化グローバル化の企みは、ずいぶん前から用意周到に準備計画され、「愛国」や「保守」をも巧みに利用しつつ、TPPや日米経済調和対話などで完成に至るよう進められてきたと思われます。「必要なのは規制の大胆な改革です。TPP交渉のような外部からの触媒です。」という安倍発言からも分かるように、安倍晋三は規制の大胆な改革を促す外部からの触媒としてTPP交渉が必要だと言っているわけです。

東欧ユダヤ系アメリカ人のロバート・フェルドマンは、高校生のとき交換留学生として初来日し、愛知県名古屋市の南山高校で学び日本語を身につけたという、いわゆる知日派です。知日派アメリカ人といえば、最近では日本郵政とアフラックの提携に関わったアフラック日本代表のチャールズ・レイクが記憶に新しいところです。こうした日本語の上手い知日派アメリカ人たちがテレビ番組などに登場し、如何に米国を利するべく日本の世論に影響を与えようとしているか、われわれ日本人はもっと注意する必要があります。メディアに登場する識者たちの華やかな経歴・肩書きなどに惑わされず感情移入することもなく、アベノミクスやドリル安倍を絶賛している論客たちの言動や人脈などを静かに観察するのです。

世界に対してどこまでも広々とオープンにつながる日本を追い求め小泉構造改革をしっかりと引き継ぎ加速させ補強していきたいと考え規制改革のショーケースとなる国家戦略特区を強い政治力で進める安倍晋三を絶賛し媚びている日本の識者や政治家などは、グローバル資本にとって利用価値が無くなれば無慈悲にポイ捨てされるかも知れません。アメリカ人のロバート・フェルドマンが日本移民学校などというものを提案し日本はもっと移民を受け入れろと盛んに言っているように、こうした米国に対してもシナ朝鮮ロシアに対するのと同じく警戒の目を光らせないと、「どこまでも日本をオープンにする」という最も深刻な問題の本質から逸れてしまいます。

国家戦略特区ワーキンググループによる有識者等からの集中ヒアリングでは、「より沢山の外国の富裕層と庶民を受け入れる」とか「日本人だけの中産階級の東京ではなく」とか「個人所得の幅の広さを許容しなければ」などという具合に、多くの外国人を受け入れて貧富の差の拡大をも是認すべきだといった意見が出ています。また、公立学校の民営化によって、「国民の創出」を目的とせず学習内容や教師を生徒が選べるような「新しい学校」を創設すべきだという意見も見受けられます。より沢山の外国人の富裕層および外国人の庶民を受け入れ、貧富の差の拡大をも厭わず、公立学校まで民営化しようとする。日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですからと言わんばかりに、グローバル金融資本を呼び込み日本でじゃんじゃん稼いでもらおう、外国人労働者や移民の皆さんに日本で快適に暮らしてもらおう、というわけです。安倍晋三は鳩山由紀夫のことを笑えないはずです。

このように先鋭化したグローバル化万歳のアベノミクスで、日本経済・日本社会の要所要所を押さえる者たちが、例えばタックス・ヘイヴンのケイマン諸島に本籍を置くような強欲な多国籍資本の利益の代弁者ばかりになると、そう遠くない将来、日本列島では、様々な局面で日本であって日本じゃないような、言うなればブラックで我欲まみれの無味乾燥な「美しい国」の姿が随所で見られるようになってしまいそうです。
…….

パソナ会長 竹中平蔵
『市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像』佐々木実(著)2013/5/9
http://www.amazon.co.jp/dp/4062184230
経済学者、国会議員、企業経営者の顔を使い分け、
“外圧”を利用して郵政民営化など「改革」路線を推し進めた竹中平蔵がつぎに狙うものは!?

8年におよぶ丹念な取材があぶり出す渾身の社会派ノンフィクション。
takenaka-heizo
パソナ会長 竹中平蔵 「改革」に憑かれた経済学者

2014年米国通商代表(USTR)外国貿易障壁報告書
(日本の貿易障壁言及部分:外務省作成仮要約) 平成26年4月22日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000036362.pdf
gaikokuboekishohekihokokusho
2014 National Trade Estimate Report on Foreign Trade Barriers
http://www.ustr.gov/sites/default/files/2014%20NTE%20Report%20on%20FTB%20Japan.pdf
http://www.ustr.gov/about-us/press-office/reports-and-publications/2014-NTE-Report

2013年米国通商代表(USTR)外国貿易障壁報告書
(日本の貿易障壁言及部分:外務省作成仮要約)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp20130404.pdf

2013 National Trade Estimate Report on Foreign Trade Barriers
http://www.ustr.gov/sites/default/files/2013%20NTE%20Japan%20Final.pdf
http://www.ustr.gov/about-us/press-office/reports-and-publications/2013/NTE-FTB
…….

竹中平蔵、ロバート・フェルドマン
takenaka_feldman
2013-06.16 緊急企画・安倍内閣の第三の​矢をどう見るか 竹中平蔵 高橋洋一 ロバート・フェルドマン 1

国家戦略特区ワーキンググループ 有識者等からの「集中ヒアリング」平成25年7月8日
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_y/index.html
ロバート・フェルドマン「海外で日本移民学校を設置し卒業生に自動移民権を認める」など
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_y/robert.pdf
(クリックで拡大表示。ブラウザのバックボタンでページに戻れます)
robert_kokkasenryaku

abenomics_takenaka_feldman
アベノミクスに高評価 新経連が討論会 MSN産経ニュース2013.6.19 16:54
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130619/biz13061916570020-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130619/biz13061916570020-n2.htm
新経連は19日、都内のホテルでアベノミクスに関する公開討論会(フォーラム)を開いた。経済評論家の山崎元氏を進行役に、慶大の竹中平蔵教授、同大大学院の小幡績准教授、一橋大の小川英治副学長、モルガン・スタンレーMUFG証券のフェルドマン債券調査部長兼チーフエコノミストが約250人の聴衆を前にアベノミクスの現状分析と今後の課題で意見交換した。終了後三木谷浩史代表幹事は「大成功だ」と笑顔で語った。討論会ではアベノミクスに対し「100%正しい」(竹中氏)「満塁ホームラン」(フェルドマン氏)などと高評価が目立ったが、成長戦略の実行では小幡氏が「規制緩和でイノベーションは起きない。既存勢力の効率化が近道だ」と持論を展開。小川氏が「規制緩和や法人減税で海外に出て行った工場を国内に戻すことが重要だ」と表明するなど意見が分かれた。竹中氏は「特区や英語テストを古い体制を打ち破る突破口にすべきだ」と主張。フェルドマン氏は「成功の確率は5割と少し。安打を打ち続けるべきだ」と解雇規制の撤廃や医療分野の歳出抑制の必要性を示した。最後に三木谷浩史代表幹事(楽天会長兼社長)が「米中韓との競争に勝つため日本企業の経営革命や新陳代謝を促すべきだ」とあいさつ。「経団連は非常に保守的なので、新経連が日本の産業にダイナミズムを働かせたい」と締めくくった。三木谷氏は終了後、記者団に「今後も同様の討論会を開きたい」と意欲を表明。今夏の参院選で新経連が特定の候補者を組織的に支援することに「政治献金はやらないので未来志向の先生方を応援する。日本の姿を国民レベルで考えるしくみを作りたい」と語った。
…….

ロバート・フェルドマン(モルガン・スタンレー)
robert-feldman
ロバート・フェルドマン:アメリカ合衆国テネシー州オーク・リッジ出身。東欧ユダヤ系。1970年にエイ・エフ・エスの交換留学生として初来日。愛知県名古屋市の南山高等学校にて学ぶ。イェール大学(経済学・日本研究学士)を経て、マサチューセッツ工科大学において経済学博士を取得。野村総合研究所、日本銀行で研究業務、その後国際通貨基金(IMF)勤務を経て、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券において主席エコノミストを務めた。2009年現在、モルガン・スタンレーMUFG証券において日本担当チーフアナリスト及び経済調査部長を務める。他に、経済財政諮問会議に設けられた「日本21世紀ビジョン」専門調査会の「経済財政展望」ワーキンググループ委員も務める。専門分野は、マクロ経済および金融構造論。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」について「経済学のイロハに従ったものであり、わざわざ『アベノミクス』なる造語で呼ばれるほどの目新しさは備えていない。その真価は、当たり前のことを当たり前に実行・実現できるかで決まる」と述べている。

ロバート・フェルドマン 2010年6月 オリックス株式会社 社外取締役(現任)
http://www.orix.co.jp/grp/company/officer/profile/t_feldman.html
…….

たたかう東京
tokyo
「たたかう東京 世界都市・東京の底力からを引き出す7つの提案」
伊藤滋 早稲田大学特命教授 東京大学名誉教授 平成25年7月5日
伊藤滋「これからは、日本人だけの中産階級の東京ではなくより沢山の外国の富裕層と庶民を受け入れる東京に変えていかないと、”Invest Tokyo”は成功しない。その個人の所得の幅の広さを許容しなければ、国際都市Tokyoにはならない。」
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_y/ito.pdf
国家戦略特区ワーキンググループ 有識者等からの「集中ヒアリング」
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_y/index.html

伊藤滋(いとうしげる、1931年8月20日-) 東京都杉並区生まれ。父は評論家・詩人・小説家の伊藤整。成蹊学園をへて1955年、東京大学農学部林学科を卒業し、恩師加藤誠平の忠告にしたがい、工学部建築学科に編入学。1957年同学科卒業。都市計画家。早稲田大学特命教授、慶應義塾大学大学院客員教授、東京大学名誉教授。学位は工学博士(東京大学)。伊藤滋都市計画事務所主宰。NPO法人日本都市計画家協会会長、アジア防災センター・センター長、内閣官房都市再生戦略チーム座長、国土審議会、都市計画中央審議会委員を歴任。2030年の東京都心市街地像研究会座長。さいたま新都心計画チーフプロデューサー。環長崎港地域アーバンデザイン専門家会議座長。専門は、都市防災論、国土及び都市計画。
…….

国家戦略特区で「新しい学校」へ。
(クリックで拡大表示。ブラウザのバックボタンでページに戻れます)
gakko_kokkasenryakutokku
新しい学校の会理事長 桃井隆良 平成25年7月8日
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_y/gakkou.pdf
国家戦略特区ワーキンググループ 有識者等からの「集中ヒアリング」
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_y/index.html
2. 未来のあるべき日本の学校の姿:「自由」≒「多様性」が重要
(1) 近代学校:近代国家形成を目指す「国民の創出」のための学校。大成功したが・・・・・。
(2) ポスト近代学校=教育、学びの自由(=多様性がある)が保障されている学校
教育の自由=学校選択の自由、教師選択の自由、学習内容選択の自由など
4. 国家戦略特区で扱う規制改革課題について
(2) 公設民営学校
これまでは、(公立や学校法人立の外側で)「新しい学校を作る」取り組みをしてきた。しかし、学校教育全体にインパクトを与えるには、「公立学校を変える」取り組みが必要。公立通信制高校の民間委託、公立通学制学校全体の民間委託、科目別の民間委託など
…….

竹中平蔵と安倍晋三
takenaka_abe
安倍晋三 「大変お疲れ様でございました。創生日本においてはですね、竹中先生の竹中路線に対する、ある意味誤解も含めた批判があったのも事実でございますが、今日その誤解の一部は解かれたのではないかと。西田さんと直接対決もしていただいたわけでありますが、竹中先生の愛国者ぶりは理解していただけたのではないのかなぁと。」
創生「日本」7月総会 講師:元総務大臣 竹中平蔵氏
http://youtu.be/U2Gxe7jA8iw?t=1h5m7s
…….

通信監視プログラムPRISM(プリズム)米韓はズブズブ
america_kankoku
安倍晋三「私が最も強力にTPP交渉を推進している」
http://wp.me/pOg1o-sUJ
TPP交渉差止•違憲訴訟へ
http://wp.me/pOg1o-qdY
大嫌韓時代?(笑) 在特会VSシバキ隊?(笑)
http://wp.me/pOg1o-sB0
慰安婦問題謝罪と統一教会と祝電・安倍晋三
http://wp.me/pOg1o-shn
靖国神社権宮司の三井勝生、統一教会信者阿部正寿の世界戦略総合研究所で講演
http://wp.me/pOg1o-sfI
消費増税とTPPは同根
http://wp.me/pOg1o-qAT
TPP反対と安倍支持は両立する?
http://wp.me/pOg1o-oPA
国境や国籍にこだわる時代は終わった?
http://wp.me/pOg1o-qGn
カトラー「アベノミクスとTPPの目指す方向性が一致」
http://wp.me/pOg1o-rjo
日本郵政アフラック、TPP米国
http://wp.me/pOg1o-pUk
キャロライン・ケネディを破格のおもてなし
http://wp.me/pOg1o-rf1
移民受け入れと安倍ちゃん
http://wp.me/pOg1o-oDP

Advertisements