あべぴょんシナに伝達、15日靖国参拝見送り

安倍首相ら4人は15日に参拝しないとの方針を非公式に中国側に伝える
abe_yasukuni
「安倍首相・麻生副総理・菅官房長官・岸田外相、15日に靖国神社に参拝しない方針を固める」
abe_aso_yasukuni
「水面下で、日中首脳会談を実現するため、調整」
jpn_cn
「(今後は)靖国神社の秋の例大祭での対応が焦点に」
yasukuni_jimin
安倍首相ら4人は靖国参拝見送り、中国側に伝達
News i – TBSの動画ニュースサイト 最終更新:2013年8月7日(水)22時14分
http://news.tbs.co.jp/20130807/newseye/tbs_newseye5403330.html
15日の終戦記念日が迫る中、安倍政権の靖国参拝をめぐる方針が中国側に伝えられていたことが明らかになりました。安倍総理、麻生副総理、菅官房長官、岸田外務大臣の4人は15日に靖国神社を参拝しない方針を固め、これを中国側に非公式に伝えていました。

「閣僚が私人として参拝するかどうかということについては、もとより、それは心の問題であり、自由であります」(安倍晋三総理大臣 6日)

6日、15日の終戦記念日の靖国神社参拝についてこう答えていた安倍総理。しかし、安倍政権内部では、安倍総理、麻生副総理、菅官房長官、岸田外務大臣の4人については、15日に参拝しないという方針を固めていたことが明らかになりました。

「行くべきだとか行かないべきということも私たちは言わないと。あえて他の国に私たちは発信する必要はないだろうと思っています」(菅義偉官房長官)

政府関係者によりますと、安倍総理ら4人が参拝しないという方針は、複数のルートで非公式に中国側に伝えているということです。

安倍内閣では稲田行革担当大臣が15日に参拝したい意向を総理官邸側に伝えていますが、安倍総理は自らと麻生氏ら3人以外の閣僚の参拝については容認する方針です。一方で、稲田大臣らが参拝した場合でも、記者会見などで持論を強く主張して中国などの反発を強めないよう政府内で調整を進めています。

「いかなる形式や身分で参拝しようと受け入れない」(中国外務省の報道官談話 6日)

中国側は早くも閣僚の参拝をけん制していますが、水面下では、日中首脳会談を実現するため、調整が続いています。安倍総理ら4人の参拝見送りも、首脳会談実現に向けて「落としどころ」を探るねらいがありますが、今後は靖国神社の秋の例大祭でどう対応するかが焦点となります。(07日16:53)
…….

在特会より危険!? 安倍内閣を支配する極右団体・神社本庁の本質
LITERA(リテラ) 2014.10.18
http://lite-ra.com/2014/10/post-558.html
http://lite-ra.com/2014/10/post-558_2.html
http://lite-ra.com/2014/10/post-558_3.html
ネオナチ、在特会、統一教会……。安倍内閣の閣僚とカルト極右団体の関係が次々に明らかになっているが、実はこの内閣にはもっと強大で危険な極右団体がバックについている。

その団体とは神社本庁だ。安倍内閣の19閣僚中なんと16人が神社本庁を母体とする政治団体「神道政治連盟国会議員懇談会」のメンバーであり、そして、安倍晋三首相はその神政連国議懇の会長をつとめているのだ。

と聞いて、「神社本庁って神社の団体でしょ。最近、神社はパワースポットとして若い女性からも人気だし、どこが危険なの?」と疑問に思った読者もいるかもしれない。たしかに、神社本庁は全国約8万社の神社が加盟する組織で、その目的は「祭祀の振興と神社の興隆、日本の伝統と文化を守り伝えること」とされている。

だが、その本当の目的を知ったら、「癒される〜」などといっていられなくなるはずだ。たとえば、神社本庁の政治団体「神道政治連盟」のHPをのぞくと、こんな主張や活動内容がでてくる。

自主憲法の制定、靖国神社での国家儀礼の確立、道徳・宗教教育の推進、東京裁判と侵略戦争の否定、A級戦犯の擁護、夫婦別姓反対、ジェンダーフリー反対、皇室と日本の文化伝統の尊重……。

もちろんこれくらいは、保守的な宗教団体の主張としては珍しくない。しかし、神社本庁の機関紙「神社新報」を見ていると、もっととんでもない主張がしばしば登場する。それは「祭政一致」だ。

祭政一致とは、神道の祭り主である天皇が親政も行ない、国政上、政府はそれを輔弼する(進言する)役割にとどめるという、大日本帝国憲法で明文化されていたものだが、神社本庁はそれを復活すべきだというのである。

(中略)

今、我々が真に問題にすべきなのは、在特会やネオナチといったそう大きな影響力のないカルト団体との関係ではなく、日本最大の信者数9125万人を誇り、社会的にも完全に認知されている神社本庁と政権の一体化、そして、この宗教団体がもつ本質のほうではないか。

断っておくが、この団体がもっている思想は、日本古来の伝統や神社信仰とはまったく異なるものだ。むしろ、神社本庁は神道が古来より大切にしてきた信仰を踏みにじるような行為も平気でやっている。次回の原稿ではそのことを検証してみたい。
…….

靖国神社権宮司の三井勝生、統一教会信者阿部正寿の世界戦略総合研究所で講演
http://wp.me/pOg1o-sfI

Advertisements