藤井聡と安倍晋三

ネット書き込みを常時監視
LINE森川亮と安倍晋三、官邸で昼食
しばき隊と麻生太郎、有田芳生と西田昌司、しばき隊と稲田朋美

第二次安倍内閣の内閣官房参与である藤井聡によると、安倍反対派は“さもしい精神”の持ち主で、安倍支持派は“滅私奉公的精神”の持ち主らしい(笑)。
第二次安倍内閣の内閣官房参与である藤井聡によると、アベノミクスは構造改革とは真逆のものらしい(笑)。
三橋貴明の「新」日本経済新聞”に寄稿しているような「三橋貴明人脈」の学者や言論人を信じるのはあまりにも御人好し過ぎる。

藤井聡と安倍晋三
fujii-satoshi
藤井聡 Facebook 2012年12月26日
https://www.facebook.cいいom/Prof.Satoshi.FUJII/posts/322515134515482
ただいま、首相官邸に参上し、安部総理から、「内閣官房参与」の辞令を頂戴いたしました。新安部内閣では、浜田イェール大学教授や、丹呉元財務省事務次官、谷内元外務事務次官ら計七名の参与が任命されました。

藤井聡「安倍反対派は“さもしい精神”の持ち主」(笑)
藤井聡「安倍支持派は“滅私奉公的精神”の持ち主」(笑)
fujii-satoshi

【藤井聡】安倍晋三氏を支持する人、しない人の違い
三橋貴明の「新」日本経済新聞 2012/10/09
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2012/10/09/fujii-12/
FROM 藤井聡@京都大学

「データ」というのは、単なる数字ですから、
幼稚園児に見せても、何も出てきません。

しかし、それなりの大人が見れば、
そこから様々な「意味」が生まれることになります。

このことはつまり、
効用関数と生産関数の方程式でしかモノが考えられない
無教養で単細胞で“はなわ”風の「ビーエーケーエー BAKA!」な方々に
どれだけデータを与えても結局は何にも出てこないけれど、
教養と見識ある人物がデータに触れれば、
そこからは、世界を変えるような力を秘めた
強力な「ドラマ」や「物語」が生まれることがある……
ということを含意しています。

それが、「解釈」というものの力で、
ハイデガーなんかは、それができることこそが、
人間が人間たるゆえんなのであって、

解釈して、観賞して、その解釈を捨てて、
さらにまた新しく解釈して、観賞して、またそれも捨てて….
なんてのを無限に繰り返す「力」こそが、生命力だ!、
なんてことを言ってたくらい、
人間にとって何よりも重要なモノなのが「解釈」であります。

(※だから、○○関数だけでしかモノを考えられない方々は、
ハイデガー的に言うなら、
人間ですらないゾンビさん達である疑義が極めて濃厚なのであります)

….さて、この度、当研究室で、
「テキストマイニング・ソフト」なるモノを購入しまして、
あれこれと分析を始めました。

これは、文章データをこのソフトに突っ込むと、
その文章をささっと分析して、
色んな統計指標をポンと出してもらう便利な道具です。

ついてはこの度、学生さん・スタッフのみなさんに、
「自民党の安倍新総裁に期待する?」
という「Yes, No」を問うネットアンケートで、
(9/26~ 10/3の間に)
回答者から寄せられた「コメント」を、
このソフトに突っ込んで分析してもらいました。
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/cmt/list/cmtListPage.php?poll_id=8188&typeFlag=1&sno=1&choice=2

詳細はまた、どこかできちんとしたレポートで
まとめてもらおうと思いますが、
速報でお伝えすると、次のような結果が得られました。

■「期待しない」と答えた人のコメントで出てきたキーワードベスト3
一位 自民党 (18%)
二位 病気 (15%)
三位 一度 (15%)

■「期待する」と答えた人のコメントで出てきたキーワードベスト3
一位 日本 (16%)
二位 民主党 (13%)
三位 マスコミ (9%)

….ということで、これだけのデータをさっと見るだけだと、
「ふーん、なるほどねぇ」という程度だろうと
思いますが、これを「解釈」すると、
「安倍新総裁に期待する人々」(以下、安倍支持派)と
「安倍新総裁に期待しない人々」(以下、安倍反対派)のそれぞれが、
「共有している物語」が見えてきます。

「安倍反対派」が共有している物語とは、

「だいたい、“自民党”なんてyo、もう終わってんだyoo!
それに安倍さんなんてyo, “病気”でyo,
“一度”首相止めたちゃった人なんだからyo、
期待なんてできるはずねぇyooooh!」

というものでしょう。
(注:ご希望に応じて適宜yoをご割愛ください。
それでも物語の趣旨は全く変わらないと思います)

で、「安倍支持派」の共有している物語とは、

「安倍さんなら、
“民主党”のせいで危機に陥った“日本”を
立て直してもらえるのではないか。
これから、“マスコミ”は必死で『安倍たたき』を始めるだろうが、
何とかそれと戦わなければ、“日本”の未来は無い!」

というものでしょう。
(注:ご希望に応じて適宜yoを追記ください。
それでも物語の趣旨は全く変わらないと思います)

で、次に、この両者の物語を見比べてみることとしましょう。

そうすると、安倍支持派、反対派双方の「精神の有り様」には
大きな相違があることが見て取れるようになります。

「安倍反対派」の物語は、
国益なぞは関係なく
「ミクロ」な「イメージ」について語るものとなっています。

一方で、「安倍支持派」の物語は、それとは真逆に、
ミクロなイメージなぞは関係なく、
「マクロ」で「実質的」な「国益」について語るものとなっています。

これは、例えば国土強靱化反対派がいつも、
国民を見殺しにすることなぞお構いなしに
「シロアリ」「バラマキ」という「イメージ」を語る一方で、
国土強靱化賛成派は、
国民の生命と財産を守るという「実質的国益」を語っている、
という構図と全く同様です。

いずれにしても、安倍反対派(=マスコミ論調派)は、

「日本の国益に関わる事項について、
頭も胆力も使わずに、イメージやムードだけで
誹謗中傷する」

という“さもしい精神”の持ち主であり、
安倍支持派は、

「頭と胆力を使いながら、
日本の国益に関わる事項について考え、
場合によっては、自ら戦うことすら厭わない」

という“滅私奉公的精神”の持ち主であることが、
上記の物語の対比から「含意」されることとなります。

(さらにおまけで言いますと、この両者の対比は、

ハイデガー的に言うなら、
安倍反対派が非本来的時間性の内に生きる人々であり、
安倍支持派が本来的時間性の内に生きる人々であり、

オルテガ的に言うなら、
安倍反対派が「大衆人的精神」の持ち主であり、
安倍支持派が「貴族的精神」の持ち主であり、

ニーチェ的に言うなら、
安倍反対派が「末人的精神」の持ち主であり、
安倍支持派が「ツェラトストラ的精神」の持ち主であり、

プロレス的に言うなら、
安倍反対派が「猪木信者的精神」の持ち主であり
安倍支持派が「馬場応援者的精神」の持ち主である、

という「傾向」が濃厚に存在していることを「暗示」しています。)

(注:最後の一点は、あくまでも藤井の個人的見解です。
本件論争ご所望の方は、時間無制限一本勝負ノーピープル
ノーレフェリー巌流島決戦リングをご用意下さい…..って
「それって猪木のリングだろ!」なぞとあれこれ是非、
おツッコミください)

・・・・以上、いかがでしょうか?

たかだかテキストマイニングの「しょぼいデータ」から、
ハイデガーやニーチェまで持ち出すなんて、やりすぎだろ!
なんて、筆者はいつも学会なる末人的空間の中で
イジメられるには慣れておりますが、
心ある読者のみなさんには、
(※ 細かな細部についての数多くの捨象を乗り越えて)
問題構造の本質をご理解いただきつつ、
ご同意頂けるのではないかと…..
勝手に夢想しつつ、上記書かせていただいた次第です。

….ということで、皆さん!

ついつい「さもしい精神」に陥りがちになるひ弱な精神の傾きを、
ヒンズースクワットでもしながら気合いで乗り越え、
あらゆる勢力の攻撃から、
「日本の国益」をガッツリと守って参りましょう!

では!

京都大学 藤井聡
http://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII?ref=ts
…….

三橋貴明と藤井聡
mitsuhashi
歓喜の朝/三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog」 2012-12-17 07:27:54
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11428745104.html
自由民主党、公明党と共に320議席突破。衆議院の三分の二を確保。
(中略)
日本国は、ついに歓喜の朝を迎えました。もっとも、これは単なる始まりに過ぎないわけです。ゴールはまだまだ先にあり、ここからは見ることができません。とはいえ、少なくとも日本国民が「正しい道」を歩み始めたのは確かなのです。藤井聡教授からのメッセージは、こちら。2012/12/16 これから「日本を取り戻す」本当の戦いが始まります・・・・・でもとにかく「お疲れ様でした!」
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/general-election#saigonotoukou
…….

三橋貴明ブログで紹介されている上記リンク先の京都大学ホームページの「藤井聡教授からのメッセージ」は、なぜか既に削除されていますが、下記のように、藤井聡Facebookには、同一記事の「藤井聡教授からのメッセージ」が残っています。

藤井聡「アベノミクスとは真逆の構造改革・緊縮財政」(笑)
藤井聡「来年の参議院選挙の結果ねじれが生ずることとなれば,日本を取り戻すための第一歩であるアベノミクスの安定的な遂行が著しく阻害される」(笑)
fujii-satoshi

「藤井聡教授からのメッセージ」
藤井聡 Facebook 2012年12月16日
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/309108069190143
 本日投開票の総選挙にて,自由民主党が単独過半数を獲得し,自公連立政権が誕生することが決まりました.これでようやく,われわれ日本国民は,
 「日本国民あらざるものによる影響力が極大化していた日本を,
  日本国民がもう一度取り戻す」
ための「歴史的契機」
を手にすることとなりました.

安倍総裁はじめ,自由民主党の皆様方,そして,この選挙結果を待ち望み,それぞれのお立場でご尽力してこられました日本国民の皆様方に,心からお喜び申し上げたいと思います

これから誕生する自公政権は,公約で掲げた,「日本国民の安寧と幸福のため」に是が非も求められる震災復興,デフレ脱却,巨大自然災害対策といった諸対策のための「積極的な財政政策と金融政策とインフラ政策」を中心とした「アベノミクス」あるいは「防災減災ニューディール」を果敢に断行するべく全力で尽力なさることとなろうと思います.

日本の真の復活を企図した「列島強靭化論」を提唱して参りました当方といたしましても,列島強靭化論とその基本理念を共有しておりますアベノミクス/防災減災ニューディールの推進に,自身の身の丈で出来得る範囲で,全力を賭してご支援申し上げる所存です.

            ….ただし….

本日平成24年12月16日は,「日本を取り戻す」ための「第一歩」にしか「過ぎない」ことをわれわれ日本国民は忘れてはなりません.

とりわけ我々が忘れてはならないのは,これから「日本国民あらざあるもの」達からの激烈な攻撃が始められることは必至である,という一点です.

確かに,今回の総選挙で「民主党」は,圧倒的にその国政に対する影響力を喪失いたしました.

しかし,未だにその影響力はゼロになった訳ではありません.

そしてなにより,かつての「民主党を”ふわっ”と支持した方々」の多くが,今回も同じく”ふわっ”と「日本維新の会」を支持したであろうことは,間違いないのです.

もちろん「日本維新の会」は一頃報道で伝えられていた100議席超という水準には及びませんでした.しかし,かつての議席数を思えば,「大躍進」を遂げたことは間違いないのです.そして「衆議院の議席の約一割」を確保した以上,これから日本の国政に一定の影響を及ぼすであろうことは必至です.

そして何より,来年の参議院選挙の結果「ねじれ」が生ずることとなれば,日本を取り戻すための第一歩である「アベノミクス」の安定的な遂行が著しく阻害されることは間違いありません.

なぜなら,第二党,第三党を獲得するであろう民主党の野田首相も日本維新の会の橋下代表代行も,「アベノミクス」の胆である「インフラ投資」に対しても,「財政政策」「金融政策」に対しても,徹底的な批判を繰り返しているからです.この両勢力が”ふわっ”とした世論の後押しを受ける事となれば,「列島強靭化」あるいは「アベノミクス」の遂行が現実的に「座礁」し,また再び,日本国民の安寧と幸福が著しく毀損してしまう暗い未来が訪れることとなるでしょう.

そして….残念ながら,そういう「暗い未来」の到来は,十二分以上に予期されている….と言わざるを得ないのです…..

そもそも「暗い未来」をもたらす力を秘めた「ふわっとした世論」は,「日本国民あらざるもの」と言わざるを得ない様々な勢力に甚大なる影響を受けるものです.

事実,
 ・「権力欲/名誉欲」のためだけに
   政治的権力を握りたいと欲している政治屋達
 ・国益を無視してでも「緊縮財政」の実現を図りたいと
   強固に信ずる学者・官僚達
 ・特定の経済イデオロギーである「市場原理主義」を
   信奉する学者・官僚達
 ・日本の成長は「自国の国益を毀損する」と
   認識している諸外国勢力
 ・国益を無視してでもビジネスの拡大を欲するメディア関係者達
といった方々は,「国民の安寧と幸福の増進」とは「全く無縁な理由」にて,これからアベノミクス・防災減災ニューディール・列島強靭化を「阻止」するために全力を投ずることとなるであろうことは違いありません.

すなわち,彼等こそが「日本国民あらざるもの」の「正体」なのです(それは,拙著『維新・改革の正体』で詳しくご紹介差し上げた通りです).

そして,彼等は全員,「ふわっとした世論」を獲得することが,自らの目的の達成のために,最も効果的な戦略であることを,冷徹に理解しているのです.

この「構造」を大局的な視座から眺めるなら,これから,こうした「日本国民あらざるもの」が,「敵の敵は見方」という論理でもって共闘しながら,「ふわっとした世論」を獲得するための,あらゆる戦略,謀略,工作をしかけてくることは必至なのです.

さらに言いますなら,これから誕生する自公連立政権の中にも,多様な意見が存在していることを忘れてはなりません.すなわち,新政権の中には,「アベノミクス」とは真逆の「構造改革・緊縮財政」を完璧に信じ込んだ方々(あるいは,そうした「考え方」)が,少なからず含まれていることも忘れてはならないのです.そういう方々(あるいは「考え方」)は「日本国民あらざるもの」と共鳴し合いながら,日本国民のための政治に対する,深刻な障壁となることは間違いないのです.

….こう考えますなら,「日本を取り戻すための戦(いくさ)の本番」は,まさにこれからなのだという大局が,ありありと見て取れることができるのです.

….とはいえ,この度の選挙結果如何によっては,我々日本国民は,そんな「日本を取り戻すための戦(いくさ)の本番」に,駒を進めることすらできなかった訳ですから,これから延々と長く続く「日本を取り戻す戦(いくさ)」のための英気を養うためにも,(この結果を待ち望んでいた方々におかれましては 笑),素直に,この度の結果を祝しつつ,互いに労をねぎらいあうことは,今は,何よりも大切ですね(笑).

…..ということで,当方の「国民の皆様の衆議院選挙での適正なご判断を支援するfacebookシリーズ」はおしまいです(笑.

今回の選挙結果をお喜びの方もそうでない方(?)も,皆様,ホントに,お疲れ様でした!

そして,これから続く長く厳しい明るい日本の未来を切り開くための戦いでも,共に一緒に頑張りましょう.

では,また!!!!
…….

道州制を批判する藤井聡、 道州制を進めていく考えの安倍晋三
fujiisatoshi_dousyusei

藤井聡「アベノミクスとは真逆の構造改革・緊縮財政」(笑)
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/309108069190143
fujii-satoshi

安倍晋三「私は、この構造改革をむしろ加速させ、そして補強していきたいと考えております」
安倍晋三「道州制についても視野に入れながら議論を進めていく考えでございます」
abe_kouzoukaikaku
安倍内閣総理大臣記者会見 平成18年9月26日
http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2006/09/26press.html
・まず初めに、はっきりと申し上げておきたいことは、5年間小泉総理が進めてまいりました構造改革を私もしっかりと引き継ぎ、この構造改革を行ってまいります。構造改革はしばらく休んだ方がいい、あるいは大きく修正をした方がいいという声もあります。私は、この構造改革をむしろ加速させ、そして補強していきたいと考えております。
・また、地域によってはなかなか未来を見つめることができない、頑張っているけれども大変だ、そういう方々や地域があることを私は知っております。地域の活力なくして国の活力なし、この考え方の下に魅力ある地方づくり、魅力ある地域づくりをしっかりと推進してまいります。頑張る地域をしっかりと支援していきたいと考えております。そのためにも、しっかりと地方分権を推進してまいります。また、道州制についても視野に入れながら議論を進めていく考えでございます。
…….

小泉構造改革、郵政民営化、竹中平蔵、小泉純一郎、安倍晋三
25yusei
郵政民営化推進本部(第2回)平成18年1月25日
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumiphoto/2006/01/25yusei.html
平成18年1月25日、総理大臣官邸で郵政民営化推進本部が開催されました。本日の会議では、日本郵政株式会社の設立などの報告後、日本郵政公社の業務等の承継に関する基本計画が決定され、承継の実施計画作成の指示について了承されました。締めくくりの挨拶で小泉総理は、「今後、郵政民営化に向けて作業が本格化すると思いますが、一度国会で廃案となった法案が選挙で国民の支持によって生き返ったわけです。極めて劇的な経緯を経て、奇跡と言われた郵政民営化が実現したわけです。立派な会社になるよう全閣僚一致協力して、これからの作業に取組んでいただきたい。」と述べました。
…….

パソナ会長の竹中平蔵とアベノミクス安倍晋三、
安倍晋三「竹中先生の愛国者ぶりは理解していただけたのではないのかなぁと」
takenaka_abe
安倍晋三 「大変お疲れ様でございました。創生日本においてはですね、竹中先生の竹中路線に対する、ある意味誤解も含めた批判があったのも事実でございますが、今日その誤解の一部は解かれたのではないかと。西田さんと直接対決もしていただいたわけでありますが、竹中先生の愛国者ぶりは理解していただけたのではないのかなぁと。」
創生「日本」7月総会平成24年(2012年)7月11日 講師:元総務大臣 竹中平蔵氏
http://youtu.be/U2Gxe7jA8iw?t=1h5m7s

パソナ会長 竹中平蔵
『市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像』佐々木実(著)2013/5/9
http://www.amazon.co.jp/dp/4062184230
経済学者、国会議員、企業経営者の顔を使い分け、
“外圧”を利用して郵政民営化など「改革」路線を推し進めた竹中平蔵がつぎに狙うものは!?

8年におよぶ丹念な取材があぶり出す渾身の社会派ノンフィクション。
takenaka-heizo
パソナ会長 竹中平蔵 「改革」に憑かれた経済学者
…….

女優S・EとのシャブSEX
覚醒剤ASKAシャブ栩内香澄美パソナ迎賓館「仁風林」
パソナ南部靖之パソナ竹中平蔵自民党安倍晋三
aska
女優S・EとのシャブSEX 週刊実話 2014年6月19日 特大号6月5日発売
http://wjn.jp/backnumber/detail/220/

安倍晋三「外国の企業・人が最も仕事をしやすい国に日本は変わっていきます」
平成26年1月22日世界経済フォーラム年次会議冒頭演説~新しい日本から、新しいビジョン~ スイス・ダボス、コングレス・ホール
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0122speech.html
abe_globalist

安倍晋三アジアゲートウェイ構想
『開放的で魅力ある日本を創る』~訪れたい、学びたい、働きたい、住みたい国に
http://wp.me/pOg1o-s6V
asia-gateway

人材開国? 外国人にも“夢”の国?
世界の若者が移住したいと憧れる国の構築?

自民党外国人材交流推進議員連盟(現・自民党国際人材議員連盟)
「人材開国!日本型移民政策の提言
世界の若者が移住したいと憧れる国の構築に向けて」

http://wp.me/pOg1o-s56

人財開国 パソナ南部靖之
http://www.amazon.co.jp/dp/4879320390
パソナ南部靖之「人材開国」で日本に活力を 外国人にも“夢”の国
http://www.nambuyasuyuki.com/media/backnumber/19990503.php
株式会社ベネフィット・ワン 防衛庁職員26万人の福利厚生を一括受託
http://www.pasona.co.jp/newstopics/news/2002/pr220.html
総合人材サービスを展開する株式会社パソナ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長上田宗央)のグループ企業で、企業の福利厚生業務のアウトソーシングサービスを行っている株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 白石徳生)は、この度、陸海空自衛隊を含む、防衛庁職員26万人の福利厚生業務を防衛庁共済会より一括受託いたしました。この様な大規模の受託は業界初であり、これにより、ベネフィット・ワンの会員数は約80万人と業界最大となります。
…….

ASKA事件が暴く 安倍首相と派遣規制緩和の闇(上)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150569
栩内が“ホステス”を務めていたという仁風林では、同社の南部靖之代表(62)主催の交流会が毎週のように開かれ、政官財界、芸能界、スポーツ界の面々が入り浸っていた。日刊ゲンダイ既報の通り、田村憲久厚労相ら5人の現職閣僚も出席していたことがあり、騒動の火は政界にまで燃え広がっている。
・5人の現職閣僚以外にも仁風林の訪問者には、民主党の前原誠司元代表とその取り巻き、自民党の森喜朗元首相、中川秀直元官房長官の名前が挙がっている。
・南部代表とほとんど人脈が重なっている人物がいる。安倍晋三首相、その人だ。ASKAの覚醒剤事件は現職首相にまでつながるのだ。

ASKA事件が暴く 安倍首相と派遣規制緩和の闇(下)
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150566
安倍首相は自民党が下野していた頃、「仁風林」のパーティーやパソナ主催のイベントにたびたび参加していたという。今週発売の複数の週刊誌が報じている。南部代表を「安倍のブレーン経済人」と書いたメディアもある。安倍はASKAとも交友がある。第1次政権時代の06年には地球温暖化防止をテーマとするコンサートを鑑賞。ステージ上でASKAが日本を船にたとえ、「僕らは同じ船に乗っている。船長は安倍船長」と持ち上げると、安倍は立ち上がって親指を上げ、うれしそうに観客の拍手に応じていた。
…….

竹中平蔵氏が旗振り 人材会社を潤わす「300億円」助成金
日刊ゲンダイ 2014年6月4日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150691/1
労働移動という名目でリストラ促進
これも人材派遣最大手のパソナによる政官接待の成果なのか──今年3月から大幅拡充された「労働移動支援助成金」が注目を集めている。この制度で多大な恩恵を受けるのがパソナだからだ。

労働移動支援助成金は、従業員の再就職を支援する企業に国がカネを出す制度。それまでは転職成功時に限って上限40万円の補助金が出たが、これを改め、転職者1人につき60万円まで支払われることになった。しかも、仮に転職が成功しなくても、従業員の転職先探しを再就職支援会社に頼むだけで10万円が支払われる。この制度拡充を主張したのが、パソナ会長であり、産業競争力会議のメンバーを務める竹中平蔵慶応大教授だった。

労働力の移動と言いますが、要はリストラ促進助成金です。従業員をクビにすると助成金を受け取れる。昨年3月に開かれた第4回産業競争力会議で、竹中氏は『今は、雇用調整助成金と労働移動への助成金の予算額が1000対5くらいだが、これを一気に逆転するようなイメージでやっていただけると信じている』と発言しています。その言葉通り、労働移動支援助成金は、本当に2億円から一気に300億円に増えた。この巨額の税金が、人材サービス業のパソナなどに流れ込むわけです。これが自社への利益誘導でなくて何なのでしょう」(元法大教授・五十嵐仁氏=政治学)

労働移動支援助成金に150倍の予算がついた一方で、収益悪化などで従業員を一時的に休業させる際に、事業主が支払う賃金や手当の一部を国が助成する「雇用調整助成金」は、1175億円から545億円に減らされてしまった。従業員を無理して雇い続けるより、さっさとリストラした方がお得だと、国が勧めているようなものだ。

「企業によっては、社員の『追い出し部屋』をまるごと人材ビジネス会社に外注しているところもあります。そこでの業務は、自分の再就職先を探すこと。そんなリストラ策にも助成金が落ちる。新興企業が事業を拡大する時には、政治とのいかがわしい関係が表面化することが多いのですが、安倍政権で急速に進められている雇用の規制緩和は、ことごとくパソナの利益になるものばかり。あまりにロコツで、状況証拠でいえば、いつ汚職事件に発展してもおかしくありません」(五十嵐仁氏=前出)

これだけのスキャンダルなのに、大マスコミはなぜ口をつぐんでいるのか。それも奇妙だ。
…….

竹中平蔵・上田晋也のニッポンの作り方【第3回】2008年4月21日
サブプライム危機の真実 民営化した郵政はアメリカに出資せよ
http://diamond.jp/articles/-/3646?page=3
竹中平蔵:そこで今回、ニッポンの作り方として、「民営化された日本郵政はアメリカに出資せよ」とぜひ申し上げたい。さきほどキャピタル・クランチの話をしましたが、アメリカではここ半年くらい、俄然一つの問題が浮かび上がっているんです。アメリカの金融機関が資本を受け入れるときに、誰が出するかということです。そこで、最近のキーワード、ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)があります。政府系ファンド、つまり国が持っている基金です。アメリカの金融機関がSWFからお金を受け入れるケースが増えていますが、一方で、他国政府から資金を受け入れてもよいのかという問題がある。ある国が政治的な意図をもってアメリカの金融機関を乗っ取ってしまったら、アメリカ経済が影響を受けるのではという懸念も出てきています。翻って考えると、日本にはかつてとんでもなく巨大なSWFがありました。それが今の日本郵政なんです。資金量でいうと300兆円。他のSWFとは比べ物にならないほどのSWFがあったんです。民営化したので、今はSWFではない。だからアメリカから見ると安心して受け入れられる、民間の資金なんです。アメリカに対しても貢献できるし、同時に日本郵政から見ても、アメリカの金融機関に出資することで、いろいろなノウハウを蓄積し、新たなビジネスへの基礎もできる。
…….

藤井聡「アベノミクスとは真逆の構造改革・緊縮財政」(笑)
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/309108069190143
fujii-satoshi

小泉構造改革とアベノミクス
安倍晋三「私が提案する国家戦略特区は、(小泉内閣が始めた)構造改革特区の考え方を、さらに面的なものへと進化させていくものです」
abenomics_koizumi
安倍総理「成長戦略第3弾スピーチ」(内外情勢調査会)-平成25年6月5日
http://youtu.be/HnOERcXMniM?t=15m30s
平成25年6月5日 安倍総理 「成長戦略第3弾スピーチ」(内外情勢調査会)
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0605speech.html
・新しく「国家戦略特区」を創設いたします。小泉内閣が始めた構造改革特区は、地方自治体から提案を受けて、一つひとつ、古い規制に風穴を開けてきました。たくさんの特例が、その後に全国展開され、まさに、規制改革の「切り込み隊長」となってきました。今般、私が提案する「国家戦略特区」は、構造改革特区の考え方を、さらに「面的なもの」へと進化させていくものです。
・私の国家戦略特区に、「聖域」はありません
…….

安倍晋三「国を開くこと、日本の市場を、オープンにすることです。これは、政治家となって以来、私の中に流れる一貫した哲学でした。」
abeshinzo_open
安倍総理 経済政策に関する講演(ロンドン)-平成25年6月19日
http://youtu.be/xUGBqFg5J3M?t=6m56s
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0619speech.html
国を開くこと、日本の市場を、オープンにすることです。これは、政治家となって以来、私の中に流れる一貫した哲学でした。
TPPへの反対は、自民党を支持した皆さんにもありました。私は、全力で、説得しました。そのうえで、交渉参加に断を下しました。
・私が追い求める日本とは、世界に対してどこまでも、広々と、オープンにつながる日本です。
・ですから若い人を、「日本へ行け」と、どうか促してください。と、いうのも、国家戦略特区という、総理の私が、直接担当する場所で、徹底的な規制撤廃を図り、世界から資本と、叡智があつまる場を、日本にこしらえるつもりだからです。
世界から、ヒト、モノ、カネを呼び込んで、それを成長の糧としてまた大きくなる。そんな日本をつくる闘いが、私の取り組む闘いです。
女性の経営参加は、それに比べ、少なすぎました。 私は自らに課した使命として、女性のもつ力を徹底的に解放するつもりです。
・そして選挙が終わったらどうするか。私はこれからの3年を、集中的な改革の期間と位置付け、持てる政治力を、投入します。固い、岩盤のような日本の規制を、私自身をドリルの刃(やいば)として、突き破ろうと思っています。
…….

小泉内閣メールマガジン
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/koizumi.html
安倍内閣メールマガジン
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/abe.html
…….

三橋貴明と上念司、平成23年(2011年)12月6日、
「日米で先に握って他の参加国に押し付けるという安倍TPP戦略」を拝聴するの巻(笑)

jounen_abe_tpp
上念司‏@smith796000
そういえば、安倍さんがまだ首相どころか自民党総裁になる前に登壇した去年の青年真志塾のセミナーの時、「日米で先に握って、他の参加国に押し付ける」というTPP戦略を語っていたことを思い出した!やっぱりこれ狙ってたとしか思えない!!
22:27 – 2013年3月16日
https://twitter.com/smith796000/status/313159745395646466

安倍晋三@青年真志塾のセミナー。青年真志塾ってなに?(笑)
shinshijuku_abe_tpp_jounen_mitsuhashi
上念司‏@smith796000
先ほど、「安倍さんがまだ首相どころか自民党総裁になる前に登壇した青年真志塾のセミナー」と言ったのは去年じゃなくて一昨年の年末でした。訂正します。 http://ow.ly/j4DmJ
22:49 – 2013年3月16日
https://twitter.com/smith796000/status/313165177338077185

■日本経済人懇話会 青年真志塾(安倍晋三先生 基調講演 他)■12月6日(火)18:00 開演■
http://ameblo.jp/bugaku-bugei/entry-11097215954.html
強い「経済」、美しい国「日本」
☆第1部:講演&シンポジウム
日時:平成23年12月6日(火)18:00 開演(受付 17:30~)
場所:永田町 星陵会館ホール(定員400名)
東京都千代田区永田町2-16-2
会費:2000円 〔完全チケット制〕(下記※参照)(当日:3000円)

基調講演:
第90代内閣総理大臣 安倍晋三先生
その他出演の皆様:
・長谷川三千子先生(埼玉大学名誉教授、哲学者、評論家)
・潮 匡人(軍事評論家)
・上念司先生(経済評論家)
特別ゲスト
・三橋貴明先生(経済評論家)
他ゲスト交渉中
※当日の出演者は変更になる場合がございますのでご了承ください。

☆第2部:懇親会(※限定120名 申込み先着順)
時間:20:20頃 開宴
場所:星陵会館内 4階「レストラン シーボニア」
会費:5000円〔完全チケット制〕(下記※参照)

○主催:日本経済人懇話会 青年真志塾
○共催:世界戦略総合研究所「建て直そう日本」女性塾インテリジェンス・アカデミーmy日本日本経済人懇話会
…….

安倍晋三「(TPP)交渉に参加することは、わたくしは賛成です」
(「ウェークアップ!ぷらす」2012年2月25日(土)放送)
TPP交渉参加に賛成する安倍晋三
http://www.dailymotion.com/video/xy0rw7_tppyyyyyyyyyyyyy_news
abeshinzo_tpp_sansei
…….

安倍晋三「TPPは私の経済政策を支える主柱です。」
abenomics_3rdarrow_tpp
世界経済フォーラム年次会議冒頭演説~新しい日本から、新しいビジョン~
平成26年1月22日 スイス・ダボス、コングレス・ホール
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0122speech.html
…….

安倍晋三「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」
abe_speech_wallst_ny
NY証券取引所における安倍総理スピーチ-平成25年9月25日
http://youtu.be/go32OWRcL-w?t=12m59s
安倍晋三 「私が日本を出発する前に、ある野球記録が塗り替えられました。1964年に王貞治という選手が作ったシーズン55本のホームラン記録がカリブ海出身のバレンティン選手によって更新されたのです。ここニューヨークではイチロー選手が日米4000本安打という偉大な記録をつくりました。日本で海外の選手が活躍し、米国で日本の選手が活躍する。もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。

平成25年9月25日 ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0925nyspeech.html
…….

安倍晋三 「日米両国がTPPをつくるのは歴史の必然です」
tpp_abeshinzo
NY証券取引所における安倍総理スピーチ-平成25年9月25日
http://youtu.be/go32OWRcL-w?t=13m45s
安倍晋三 「世界の成長センターであるアジア・太平洋。その中にあって、日本とアメリカは、自由、基本的人権、法の支配といった価値観を共有し、共に経済発展してきました。その両国が、TPPをつくるのは、歴史の必然です。年内の交渉妥結に向けて、日米でリードしていかなければなりません。自由で、創造力に満ち溢れる大きな市場を、米国とともに、このアジア・太平洋に築き上げたい。私は、そう考えています。」

平成25年9月25日 ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0925nyspeech.html
…….

安倍晋三と海江田万里、意気投合!(笑)
海江田万里、TPPについて 「国を開くことは1つの歴史の必然ではないか」
tpp_kaiedabanri
菅第二次改造内閣閣僚記者会見「海江田万里大臣」
平成23年1月14日、菅第二次改造内閣、海江田万里経済産業相の就任記者会見。
http://youtu.be/GVGNQybfYX8?t=2m10s
Q:「朝日新聞の中野と申しますが、なぜいま日本にTPPが必要なのか、大臣のお考えをお聞かせ願えますか。
A:海江田万里 「あの~、わたくしはやはり、広義な意味で、国を開くということは1つの歴史の必然ではないだろうか、というふうに思っております。」

海江田経産相、TPP「国を開くことは歴史の必然」 日本経済新聞2011/1/14 22:08
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL140A5_U1A110C1000000/
海江田万里経済産業相は14日夜、首相官邸での就任記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)について「国を開くことは1つの歴史の必然ではないか」と述べた。そのうえで「アジア太平洋地域は世界経済のけん引役。高度な経済連携でアジアの成長に取り組むことは大切だ」と語った。農業団体などから反対の声が上がっていることについては「時間的な制約の中で、できるだけていねいに話し合い対策を講じることが必要だ」との考えを示した。〔日経QUICKニュース〕
…….

藤井聡「安倍反対派は“さもしい精神”の持ち主」(笑)
藤井聡「安倍支持派は“滅私奉公的精神”の持ち主」(笑)
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2012/10/09/fujii-12/
fujii-satoshi

安倍内閣 支持しない 66.5% – Yahoo!ニュース 意識調査
abe_naikaku-shijiritsu
安倍内閣を支持しますか? – Yahoo!ニュース 意識調査
合計:44,230票 実施期間:2014年6月26日~2014年6月28日
支持する 14,400票 32.6%
支持しない 29,426票 66.5%
その他 404票 0.9%
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/11570/result
…….

小泉竹中コンビ? 安倍竹中コンビについては?(笑)
安倍竹中コンビ http://youtu.be/U2Gxe7jA8iw?t=1h5m7s
fujiisatoshi_hon
藤井聡(著)コンプライアンスが日本を潰す(扶桑社新書)発売日: 2012/6/1
http://www.amazon.co.jp/dp/459406616X
内容紹介:本書は小泉元首相と竹中元大臣のコンビにより実施された様々な構造改革が逆に日本を破壊してしまった現状を、タクシー業界や建設業界などを例にとって解説する。また、長年、日本を苦しめ続けているデフレの元凶を指摘し、併せて政府が参加表明したTPPの恐ろしさについても警鐘を鳴らす。

安倍晋三「日米両国がTPPをつくるのは歴史の必然です」
NY証券取引所における安倍総理スピーチ-平成25年9月25日
http://youtu.be/go32OWRcL-w?t=13m45s
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0925nyspeech.html
fujiisatoshi_book
グローバリズムが世界を滅ぼす(文春新書)発売日:2014/6/20
エマニュエルトッド(著), 柴山桂太(著), 中野剛志(著), 藤井聡(著), 堀茂樹(著), ハジュンチャン(著), Emmanuel Todd (原著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4166609742
内容(「BOOK」データベースより)
世界経済でいま何が起きているのか?「雇用や産業を保護するのは間違いで、規制撤廃こそ唯一の成長戦略であり、経済のグローバル化は歴史の必然だ」と言われるが、現実はまったく逆グローバリズムこそが経済危機、格差拡大、社会崩壊を招くという世界経済の真実に迫る。

トップダウンという手法が大きな問題?今そのトップにいるのは誰?(笑)

三橋貴明の「新」日本経済新聞
【柴山桂太】まともではありません FROM 柴山桂太@滋賀大学准教授
柴山桂太「もっと大きな問題は、トップダウンという手法です」
柴山桂太「政治が内閣(それも内閣の一部)の一存で決まるのなら、国会議員も議会も必要ありません」
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/10/31/shibayama-18/
…….

藤井聡「月刊三橋がお役に立つはずです」(笑)
fujii-satoshi
三橋貴明の「新」日本経済新聞
【藤井聡】米国の要求項目 FROM 藤井聡@京都大学大学院教授
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/08/06/fujii-50/
PS もしあなたが、「TPPで日本がアメリカのコピーになるのを防ぎたい」
「日本国民がグローバル資本家の搾取の対象になるのは許せない」
とお考えなら、、、「月刊三橋」がお役に立つはずです
「中国大炎上~破壊しつくされた大国の断末魔」の配信は、8/10まで。
http://www.keieikagakupub.com/sp/38NEWS_SAMPLE/index_china_mag.php

櫻井よしこが理事長を務めるシンクタンク「国家基本問題研究所
客員研究員 藤井聡 京都大学教授
http://jinf.jp/about/officer

創誠天志塾オススメ 日本を知るための最初の10冊
8.『美しい国へ』 安倍晋三(文春新書)
安倍元首相最初の著書。国家像、国家観、政治のあり方について、非常に明晰に書かれている。文春新書の歴代売上、現在でも1位である。
http://tenshijyuku.jp/recommend/archives/1
創誠天志塾オススメ 週一勉強会用書籍リスト
美しい国へ 安倍晋三 (文春新書)
約束の日 小川榮太郎 (幻冬舎)
救国のレジリエンス 藤井聡 (講談社)
自由と繁栄の弧 麻生太郎 (幻冬舎文庫)
その他書籍
http://tenshijyuku.jp/recommend/archives/2

青年真志塾 月例会履歴
清水馨八郎 理学博士 第1・2回
井尻千男 拓殖大学名誉教授 前日本文化研究所所長 第4回
竹本忠雄 筑波大学名誉教授 文藝評論家 第10・12回
三橋貴明 評論家 (株)三橋貴明事務所代表取締役 第13・20回
田母神俊雄 前防衛省航空幕僚長 空将 第14回
安倍晋三 第90代内閣総理大臣 第16回
下村博文 衆議院議員 第17回
志太勤 希望日本・TSO投票者の会 第19回
倉山満 国士舘大学体育学部・21世紀アジア学部講師 憲政史研究者 第23回
上念司 著述家 第24回
衛藤晟一 参議院議員・内閣総理大臣補佐官 第27・35回
藤井聡 第2次安倍内閣内閣官房参与 京都大学大学院工学研究科教授 第28・34回
大竹美喜 アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)創業者・最高顧問 第30回
http://nikkeikon.jp/seinen/

2000.10.24 世界平和超宗教超国家連合(IIFWP、菅原喜重郎、大塚克己共同議長)の千葉県連合会創設大会が千葉市内ホテルで挙行。国会議員、県会議員、市会議員をはじめ大学教授、宗教家、女性指導者等、県内有識者約250名が参加。発起人代表の清水馨八郎博士(千葉大学名誉教授)等が挨拶、大塚議長が基調講演を行ない、江畑春治・親業訓練協会常務理事等がコメントした。
http://www.chojin.com/news3.htm

2002.11.24 「日韓トンネル特別講演会」(主催・アジア人協会)が都内ホテルで開かれ、大韓民国学術院会員・尹世元博士があいさつ、千葉大名誉教授・清水馨八郎博士が「日韓トンネルと日本の使命」をテーマに講演した。清水博士は「総工費に10兆円かかるが経済効果は100兆円ある」と指摘した。また、釜山水産大・高冠瑞名誉教授は「南北鉄道・道路の建設」をテーマに講演し、日韓トンネルの必要性を説いた。
http://www.chojin.com/news2.htm
…….

チャンネル桜 渡部昇一の「大道無門」#233 ゲスト:藤井聡(京都大学大学院教授) 平成23年5月6日放送
http://www.so-tv.jp/channel/title/channel_number_cd/00001/program_regist_no/00001020220110502-13043234191486
渡部昇一(著) 「取り戻せ、日本を。安倍晋三・私論」
http://www.amazon.co.jp/dp/4569810888
渡部昇一(著),日下公人(著) 「安倍晋三が、日本を復活させる」(WAC BUNKO)新書
http://www.amazon.co.jp/dp/4898316808

チャンネル桜 田母神塾#71 ゲスト:藤井聡(京都大学大学院教授) 平成23年10月21日放送
http://www.so-tv.jp/channel/title/channel_number_cd/00001/program_regist_no/00001030220111020-13190727165245
元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)も「政府の計画でやれば良い」と特区推進の立場を強調した。
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020201001471.html
田母神陣営は自民党都連が舛添氏の推薦を決める前(一週間くらい前だったと思います)の時点で、安倍総理大臣に直接、田母神氏出馬の相談をしています。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11769744977.html
…….

安倍晋三「私が提案する国家戦略特区は、(小泉内閣が始めた)構造改革特区の考え方を、さらに面的なものへと進化させていくものです」
藤井聡「アベノミクスとは真逆の構造改革・緊縮財政」(笑)
abe_fujii

「サギ師の構造」?(笑)
藤井聡 ”「いい加減な言葉」を吐く人間は「全員」、構造的に「詐欺師」と同じなのです” (笑)

三橋貴明の「新」日本経済新聞
【藤井聡】サギ師の構造 From 藤井聡@京都大学大学院教授
藤井聡”「いい加減な言葉」を吐く人間は「全員」、構造的に「詐欺師」と同じなのです”
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/07/15/fujii-99/
…….

(安倍晋三)首相動静―12月18日 朝日新聞デジタル 2014年12月18日21時52分
http://www.asahi.com/articles/ASGDL5V92GDLUTFK00Q.html
【午前】9時43分、官邸。10時9分、宗像紀夫内閣官房参与。30分、藤井聡内閣官房参与。
【午後】0時、バイデン米副大統領と電話会談。加藤勝信、世耕弘成両官房副長官同席。16分、東京・永田町の日本料理店「黒澤」。西田昌司自民党参院議員、藤井内閣官房参与と昼食。1時18分、官邸。31分、谷垣禎一自民党幹事長。2時9分、新日中友好21世紀委員会の西室泰三座長、毛利衛委員ら。40分、本田悦朗内閣官房参与。3時9分、産経新聞とニッポン放送のインタビュー。4時7分、木村太郎首相補佐官。29分、古沢満宏内閣官房参与。40分、政治評論家の中村慶一郎氏、原田克彦日本熱源システム社長。51分、甘利明経済財政担当相、内閣府の松山健士事務次官、田和宏政策統括官。54分、松山、田和両氏出る。5時3分、甘利氏出る。4分、平将明内閣府副大臣。31分、国家安全保障会議。宮沢洋一経済産業相出席。6時30分、ヨルダンのアブドラ国王と電話会談。加藤、世耕両官房副長官同席。7時4分、東京・銀座の中国料理店「飛雁閣」。高橋精一郎三井住友銀行副頭取、加計孝太郎学校法人加計学園理事長と食事。9時38分、東京・富ケ谷の自宅。

安倍晋三首相動静―12月10日
2015年12月10日19時47分 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASHDB67CMHDBUTFK00T.html
【午前】9時37分、官邸。40分、藤井聡内閣官房参与。10時7分、森健良外務省北米局長、前田哲防衛省防衛政策局長。22分、外務省の杉山晋輔外務審議官、梨田和也南部アジア部長。11時30分、外務省の杉山外務審議官、山田滝雄国際協力局長、梨田南部アジア部長、門間大吉財務省国際局長、松島浩道農林水産審議官、上田隆之経済産業審議官ら。
【午後】0時1分、浜田宏一、本田悦朗両内閣官房参与。1時36分、自民党「国民医療を守る議員の会」の高村正彦会長、武見敬三幹事長。2時14分、ノーベル経済学賞受賞者のロバート・マートン氏。浜田、本田両内閣官房参与同席。35分、塩崎恭久厚生労働相。58分、「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の新藤義孝会長らによる申し入れ。3時10分、木村太郎自民党広報本部長。18分、谷内正太郎国家安全保障局長、秋葉剛男外務省総合外交政策局長、防衛省の前田防衛政策局長、河野克俊統合幕僚長。4時23分、外務省の斎木昭隆事務次官、秋葉総合外交政策局長。54分、岸田文雄外相、谷内国家安全保障局長、外務省の斎木事務次官、石兼公博アジア大洋州局長。5時48分、北村滋内閣情報官。6時32分、サイバーセキュリティーに関する国際会議向けのビデオメッセージ収録。40分、公邸。各省事務次官らと食事。菅義偉官房長官、萩生田光一、世耕弘成、杉田和博各官房副長官同席。8時5分、東京・富ケ谷の自宅。

安倍晋三 首相動静―7月27日
朝日新聞デジタル 2016年7月27日20時21分
http://www.asahi.com/articles/ASJ7W6JJLJ7WUTFK01C.html
【午前】8時48分、羽田空港。49分、岸田文雄外相。9時37分、日本航空311便で同空港発。10時58分、福岡空港着。11時35分、福岡市中央区のホテルニューオータニ博多。
【午後】0時、同ホテル内のレストラン「カステリアンルーム」で石原進JR九州相談役麻生泰九州経済連合会会長らと昼食。35分、同ホテル内の宴会場「芙蓉の間」で全国自治体首長の懇談会に出席し、あいさつ。1時4分、同ホテル内の宴会場「鶴の間」で「1億総活躍・地方創生全国大会in九州」に出席し、講演。2時28分、福岡空港。3時10分、日本航空318便で同空港発。4時31分、羽田空港着。5時13分、官邸。54分、藤井聡内閣官房参与原丈人内閣府参与。6時45分、公邸。
….

通信監視プログラムPRISM(プリズム)米韓はズブズブ
america_kankoku
安倍晋三「私が最も強力にTPP交渉を推進している」
http://wp.me/pOg1o-sUJ
セガサミー娘婿が自民比例東京ブロックから出馬
http://wp.me/pOg1o-sRB
大嫌韓時代?(笑) 在特会VSシバキ隊?(笑)
http://wp.me/pOg1o-sB0
慰安婦問題謝罪と統一教会と祝電・安倍晋三
http://wp.me/pOg1o-shn
「愛国心」は卑怯者の最後の隠れ家
http://wp.me/pOg1o-s7c
地獄への道は善意で敷き詰められている
http://wp.me/pOg1o-s7f
「道州制反対+安倍支持」の藤井聡(笑)(自民党の道州制案ならOK?)
http://wp.me/pOg1o-ouE
パソナ会長の竹中平蔵に100%正しいと評価されるアベノミクス(笑)
http://wp.me/pOg1o-rir
カトラー「アベノミクスとTPPの目指す方向性が一致」
http://wp.me/pOg1o-rjo
美しい国ってこんな国(安倍晋三・著 『美しい国へ』文春新書)
http://wp.me/pOg1o-oCb
小泉純一郎のリメイク焼き直しが安倍晋三
http://wp.me/pOg1o-rFu
安倍晋三アジアゲートウェイ構想
http://wp.me/pOg1o-s6V
チャンネル桜とトランスデジタル
http://wp.me/pOg1o-ruh
なにゆえ安倍晋三は三橋貴明に出馬を打診するのか
http://wp.me/pOg1o-qRo
東田剛はなぜ稲田朋美や西田昌司や赤池まさあきを持ち上げるのか
http://wp.me/pOg1o-rz5
上念司「安倍総理が増税についてはずっと反対していて」(笑)
http://wp.me/pOg1o-qLj
倉山満「いま増税を言う奴は全員中国共産党の手先」(笑)
http://wp.me/pOg1o-qMc
KAZUYA Channel 「増税反対なら安倍総理を応援しましょう」(笑)
http://wp.me/pOg1o-qMW
安倍総理、志太勤、倉山満、上念司、中川秀直、移民受け入れ
http://wp.me/pOg1o-qto
外国人登録法廃止と外国人住民票は移民受け入れへの布石
http://wp.me/pOg1o-rWQ
田母神俊雄、中山成彬、池口恵観、阿形充規、しばき隊VS在特会?
(永田町の怪僧、朝鮮総連の土地建物を落札)
http://wp.me/pOg1o-oKw
青山繁晴「(TPP交渉)聖域ってどういう意味ですか」(笑)
http://wp.me/pOg1o-rdL
長谷川幸洋「安倍総理が増税に熱心だったことはただの一回もありません」(笑)
http://wp.me/pOg1o-sai
…….