甘利明「TPP、ゴールは目の前」

甘利明が「TPP交渉のゴールは目の前」などと言ってるようですが、黙っているとさらにやりたい放題されてしまうので、少なくとも各議員へのファックスはやったほうがいいですね。あとはできるだけクチコミやポスティングでしょうか。常時持ち歩くスマホが普及した今は、各種SNSでの情報拡散も馬鹿にできないものがありますね。
…….

TPP、ゴールは目の前=鶴岡首席交渉官に期待-甘利担当相
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013082400136
【バンダルスリブガワン時事】甘利明TPP担当相は24日、環太平洋連携協定(TPP)交渉の閣僚会合が開かれたブルネイの首都バンダルスリブガワンから帰国の途に就いた。甘利氏は空港で記者団に対し、日本が7月の交渉参加から間もないながら、「いい意味で交渉の背中を押す役割を果たしつつある」と強調。「もうゴールは目の前だ。慎重かつスピーディーに事を運ばなければならない」と気を引き締めた。また、同日から首席交渉官会合が始まるが、鶴岡公二首席交渉官についてフロマン米通商代表部(USTR)代表に決して負けない。期待していい」と評した。(時事ドットコム2013/08/24-11:02)
…….

「TPP交渉 年内妥結」一致 「越年」一転 米ペース
東京新聞 2013年8月24日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2013082402000109.html
米国主導で年内妥結の方針を打ち出した環太平洋連携協定(TPP)の閣僚会合。関税や知的財産など対立する分野は協議が難航しているが、日本の甘利明TPP担当相は米国に同調。越年を見越した戦略を軌道修正した。ただTPPは徹底した秘密厳守のうえ、日本は七月の会合の途中から参加したばかりで国民の議論は深まっていないまま。安易な追従に拙速との批判もあがる。 (バンダルスリブガワンで、吉田通夫)
…….

tpp_isds_japan
tpp_isds
TPP 紛争仲裁の仕組み要求へ
NHKニュース 8月24日 1時54分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130824/k10013996341000.html
ブルネイで開かれているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉会合で、日本は企業の海外進出を促すため、進出先での急な制度変更などで損害を被った場合、企業が国際的な仲裁機関に訴えることができる仕組みの導入を求めていくことにしています。TPPの交渉会合は、23日で閣僚会合が終わりましたが、並行して行われていた事務レベルの作業部会では今月31日まで交渉が続けられ、このうち24日からは「投資」の部会が始まります。日本は初めて参加するこの部会で外国に進出した企業がその国の急な制度変更などで損害を被った場合、国際的な仲裁機関に訴えることができる仕組みを導入するよう求めていくことにしています。新興国の中には国の制度が頻繁に変わり、進出した企業の負担になっている例があるため、政府としてはこうした仕組みを整えることで企業の進出を促したいとしています。ただ、参加国のうち、オーストラリアが導入に反対しているとみられるほか、国内でも海外企業からの訴えが乱発するのではないかという懸念も出ています。このため、政府は国民の生活に関わる安全や環境の制度変更に対する訴えを制限するなど、訴訟の乱発を防ぐための措置を設けたうえで導入することを目指しています。
…….

20130822 UPLAN TPPブルネイ交渉に大抗議!宣伝とリレートーク
http://www.youtube.com/watch?v=FI48jjozLfk
【STOP TPP!! 市民アクション】
私たちは、日本政府の交渉方針も情報も隠したままのTPP交渉に抗議し、下記宣伝行動­を行います。
7月23日、マレーシアでのTPP全体交渉会合の途中から参加した日本政府。私たちも­マスコミも驚いたのは、日本政府の交渉方針も、どの国が何を主張し、交渉がどう進んで­いるかなども、一切が秘密にされたまま交渉が進むということです。「秘密保持契約(守­秘契約)」にサインした日本政府交渉団は、この契約を盾に、中身は示さないまま、「十­分交渉の余地はある」などと説明しています。
しかも、自民党や衆参農水委員会決議が求めている関税撤廃交渉では主要農産物を例外扱­いすることや、食の安全・医療制度を守ること、あるいはISD(投資家国家間紛争措置­)条項には反対することなどをどう主張するのか、日本政府の交渉方針さえ明らかにして­いません。その一方で、関税撤廃では、関税ゼロにする品目を順次広げていくことだけは­明らかにしているのです。政府は「守るべきは守る」といい、林農林大臣はNHKの討論­番組で「守れない場合は交渉の席を立つ」とまで発言しているのです。少なくとも国会が­求めていることを実現する方針が持てないなら、即刻交渉から離脱すべきです。
私たちは、TPPは、ほんの一握りの多(無)国籍大企業のもうけのために、参加国の市­民のいのちと健康、暮らし、雇用や地域を犠牲にし、主権さえ奪うものと考えています。­TPP交渉の中身が知られれば、圧倒的多数が反対するからこそ、秘密交渉にしなければ­ならないのでしょう。
わたしたちは、さまざまな分野の方々、団体と連携して、TPP交渉に抗議し、日本政府­が即刻交渉から撤退することを求めて行動します。
…….

慰安婦問題謝罪と統一教会と祝電・安倍晋三
http://wp.me/pOg1o-shn
知らなかったではすまされない国家戦略特区とTPP
http://wp.me/pOg1o-rcX
竹中平蔵、国家戦略特区諮問会議メンバーに?
http://wp.me/pOg1o-rnk
「抵抗大臣」外しで国家戦略特区を強力推進
http://wp.me/pOg1o-rdF
TPPは歴史の必然?
http://wp.me/pOg1o-qFF
竹中平蔵に100­%正しいと評価されるアベノミクス(笑)
http://wp.me/pOg1o-rir
国境や国籍にこだわる時代は終わった?
http://wp.me/pOg1o-qGn
アジアヘッドクォーター特区で多文化共生(強制)?
http://wp.me/pOg1o-px4
外国人観光客は消費税免税で「おもてなし」
http://wp.me/pOg1o-qJD
成田エクスプレス、訪日外国人おもてなし
http://wp.me/pOg1o-rCf
外国人留学生受け入れ増へ、奨学金充実や就職支援も
http://wp.me/pOg1o-rBk