フランスでも電話盗聴、米国家安全保障局(NSA)

仏、電話記録収集で米大使に抗議 NSA、7千万件以上収集か
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102101002246.html
【パリ共同】フランス紙ルモンド(電子版)は21日、米情報機関、国家安全保障局(NSA)がフランス国内の電話の通話記録を大量に収集していたと報道、ファビウス外相は同日、抗議するため駐フランス米大使を外務省に呼んだ。同紙はロシアに亡命した米中央情報局(CIA)元職員スノーデン容疑者の情報に基づき、昨年12月10日から今年1月8日までの間に7千万件以上のフランスでの通話記録が収集されたとしている。ファビウス外相は「プライバシーの侵害で、受け入れられるものではない」と話した。2013/10/21 19:51 【共同通信】

NSA、仏でも電話盗聴=7000万件、米に説明求める
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013102100655
【パリ時事】フランス紙ルモンド(電子版)は21日、米国家安全保障局(NSA)が2012年末から13年初めにかけて、フランスで電話回線を通じたやりとり7000万件以上を盗聴していたと報じた。仏政府は「全く受け入れられない」と反発し、米側に釈明を求めている。米当局の情報収集活動を暴露し、ロシアに亡命した米中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者からの資料に基づきルモンド紙が報じたところでは、12年12月10日から13年1月8日までの間に、計7030万件ものやりとりが盗聴されていた。NSAは特定の電話番号からの発信を自動的に抽出したり、携帯電話のショートメッセージを記録したりしていたという。 米当局はルモンド紙に対し、コメントを拒否している。(時事ドットコム2013/10/21-20:17)
…….