米情報機関による個人情報収集、グーグルやヤフーも標的か

nsa_infiltrates
米情報機関による個人情報収集 グーグル、ヤフーも標的か
FNNニュース 2013/10/31 23:43
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256975.html
アメリカの個人情報収集は、インターネットの世界でも行われている可能性が出てきた。アメリカの有力紙「ワシントン・ポスト」は、アメリカの情報機関「NSA(国家安全保障局)」が、インターネット検索大手「グーグル」、「ヤフー」両社の通信網に秘密裏にアクセスし、大量の利用者情報を収集していると報じた。アメリカの情報機関「NSA」による、各国要人の盗聴が波紋を広げる中、新たな疑惑が浮上した。NSAが、グーグルやヤフーの通信回線に秘密裏に侵入し、情報収集していたとの報道に、アメリカ国民の間にも、衝撃が走っている。アメリカ国民は、「政府には、本当に失望した」、「嫌な気持ちだけど、別に驚かないわ」などと話した。一方、NSAのアレグザンダー局長は、その事実を否定した。アレグザンダー局長は「グーグルやヤフーなどのデータセンターに、わたしたちの方からアクセスすることはない。FBI(連邦捜査局)を通じ、裁判所の命令を得て、ネットワーク側からの情報提供を受ける」と述べた。ワシントン・ポスト紙が、元CIA職員のエドワード・スノーデン容疑者から入手した文書によると、この情報収集活動は、コードネーム「MUSCULAR(マスキュラー)」と呼ばれ、イギリス情報機関と協力して行われているという。世界規模で行われたとされる、今回のNSAによる情報収集だが、日本への影響はどうなのか。サイバー大学の園田道夫専任准教授は「当然、その中に日本のデータも含まれているでしょうし、日本というのも、やはり危険性の例外ではあり得ないというふうに思いますね。検索に使われたキーワードですとか、そういう情報をひもづけられれば、どこからどこまで移動したとか、何時に移動したのかとか、そういう情報まで、たぶん把握できるでしょうね」と語った。ヤフージャパンの広報担当は「今回、報道されているのは、アメリカのヤフーであり、別物なので、今回の件に関しては、関係がありません」とコメントしている。グーグル日本法人は、問い合わせに回答していない。
…….

european-union
アメリカの盗聴問題でワシントンを訪問しているEU=ヨーロッパ連合の議会の調査団は­、「これ以上、盗聴を続けることは許されない」と怒りをあらわにしました。
…….

NSA infiltrates links to Yahoo, Google data centers worldwide, Snowden documents say – The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/world/national-security/nsa-infiltrates-links-to-yahoo-google-data-centers-worldwide-snowden-documents-say/2013/10/30/e51d661e-4166-11e3-8b74-d89d714ca4dd_story.html
…….