TPP交渉内容を特定秘密に指定する?

TPPが特定秘密に指定されるおそれ。

TPP「特定秘密指定も」 内閣府副大臣 政府見解を修正
東京新聞 TOKYO Web 2013年11月2日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013110202000158.html
岡田広内閣府副大臣は一日の衆院国家安全保障特別委員会で、環太平洋連携協定(TPP)など通商交渉の情報について、特定秘密保護法案に規定された安全保障に関する「重要事項」に該当する可能性に言及し、国民に公表しない「特定秘密」に指定することもありうるとの考えを示した。TPPは特定秘密に該当しないとする政府見解を修正した。政府が恣意(しい)的に指定し、秘密の範囲を広げる懸念が強まった。 (城島建治、大杉はるか)

岡田氏は「(公務員らが漏らすと、処罰の対象になる)特定秘密は、安全保障に関する重要なものと法案で規定している。(TPPなどの)交渉方針や内容が特定秘密保護法案の規定に該当するかは、個別具体的に検討する必要がある」と述べた。

岡田氏は三十日の特別委では「TPPは特定秘密を定める法案の規定に該当しない。特定秘密にはならない」と明言していたが、発言を修正した。

これを受けて、共産党の赤嶺政賢氏が「TPPが安全保障の根幹に関わるのは、具体的にどういうケースか」と質問。菅義偉(すがよしひで)官房長官は「安全保障の言葉の意味は時代によって変わってくる。個別具体的なテーマは、時々の情勢を勘案しながら、国家安全保障との関連性で審議する」と答弁し、「安全保障」の定義は政権が判断するとの考えを示した。

TPPは日本、米国、カナダなどの十二カ国が現在、関税撤廃を協議する「市場アクセス」、医薬品の特許などを取り扱う「知的財産」の二十一分野で交渉中。

TPPに詳しい東京大の醍醐聡名誉教授はTPP交渉が安全保障の「重要事項」に該当する可能性はないと明言。「政府は意図的に安全保障の概念を広げて、情報を隠そうとしている」と指摘し「安倍政権はTPPを通商交渉だけでなく、日米安保の枠組みで重視している。交渉内容を特定秘密に指定するというなら、特定秘密は際限なく広がりかねない」と述べた。
…….

意味深な写真(統一教会信者の阿部正寿と在日米軍)http://wp.me/pOg1o-rkR
touitsukyoukai_zainichibeigun
(偽)スパイ防止法案、中曽根康弘、統一教会 http://wp.me/pOg1o-rle

大嫌韓時代?(笑) 在特会VSシバキ隊?(笑)
http://wp.me/pOg1o-sB0
日本版NSC初代局長?谷内正太郎、パチンコ交際と東電天下り
http://wp.me/pOg1o-rlP
大島由香里アナが特定秘密保護法案について解説
http://wp.me/pOg1o-rtQ
米国はなぜ特定秘密保護法を歓迎するのか
http://wp.me/pOg1o-rvk
特亜はなぜ特定秘密保護法案に猛反対しないのか
http://wp.me/pOg1o-rt1
意味深な写真(統一教会と在日米軍)
http://wp.me/pOg1o-rkR
(偽)スパイ防止法案、中曽根康弘、統一教会
http://wp.me/pOg1o-rle
ハワイで米中交流
http://wp.me/pOg1o-rrX
…….