日本版NSC法成立、国家安全保障会議12月4日に発足

jpn_nsc
yachi_isozaki
「日本版NSC設置法」成立 外交・安保の司令塔(テレ朝news 2013/11/27 13:59)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000016875.html
外交・安全保障政策の司令塔となる日本版NSC=国家安全保障会議の設置法が、参議院本会議で可決され、成立しました。設置法は、衆議院での修正合意を受け、自民・公明のほか、民主、維新、みんなも賛成に回り、可決・成立しました。成立を受けて、政府・与党は、NSCで扱う情報を秘匿するために必要な特定秘密保護法案の成立を急ぎます。

国家安全保障会議、来月4日発足 事務局は年明け始動 – 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112701001823.html
政府は27日、外交・安全保障政策の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)創設関連法が成立したのを受け、NSCを12月4日に発足させる方針を固めた。政府関係者が明らかにした。NSCの中核となる首相、官房長官、外相、防衛相による4者会合をまずスタートさせ、4者会合をサポートする事務局の「国家安全保障局」は年明けにスタートさせる方向だ。NSCの初仕事として、年内に予定する国家安全保障戦略や新防衛大綱の策定作業を想定している。2013/11/27 18:26 【共同通信】

NSC法が成立 外交・安保国家の統制強化
東京新聞 TOKYO Web 2013年11月27日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013112702000239.html
・米ホワイトハウスに置かれている国家安全保障会議がモデル。
・政府は、米国など外国の機関と緊密に情報交換するNSCを運用するには、秘密漏えいの罰則を強化する特定秘密保護法案が不可欠と主張。
・NSCは国の重要政策を決めるが、議事録の作成が義務付けられていないため、政策決定の過程が非公開になる恐れがある。
・NSCの事務局として、内閣官房に国家安全保障局を設ける。外務省や防衛省などからの出向者約六十人で構成する。初代局長には谷内正太郎内閣官房参与を起用する方針。

特定秘密保護法案 国民軽視の強行突破だ
社説・コラム 東京新聞 TOKYO Web 2013年11月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013112702000131.html
・報道各社の世論調査でも「慎重審議」を求める意見が、60%台から80%台を占めていた。国民の声すら軽視したに等しい。与党は圧倒的な数の力におごっている。
・修正案自体も評価に値しない内容だ。秘密の有効期間は最長三十年だったが、「六十年を超えることができない」という規定が加わったため、「六十年原則」の方が幅を利かせる恐れがある。その場合も七項目の例外が設けられていて、中には「政令で定める重要な情報」という、あいまいな言葉が挿入されている。これでは半永久的に国民から重要情報が遮断されてしまう。
・特定秘密の指定や解除などについて、首相が「その適正を確保するため(中略)指揮監督する」という条文も、効力を発揮しないだろう。首相は行政機関の「長」の上に存在する「長」であるから、公正な審判役たりえない。約四十万件とも見積もられる特定秘密の膨大な文書に対し、首相がいちいち目を通すはずもない。全くの空文である。
有識者会議もたんに基準を示すだけの存在だ。本当に実質的な秘密に値するかどうかのチェックは、司法権さえからも受けない仕組みなのだ。付則では「独立した公正な立場において検証し、監察する新たな機関の設置」が書かれた。だが、あくまで検討事項にすぎないし、具体的な中身も不明である。
国会への特定秘密の提供も付則に記されたものの、その方策はやはり検討事項にとどまる。この法案が国権の最高機関さえ素通りし、官僚機構が情報支配を進める原点に変わりはないのだ。
…….

【特定秘密保護法案】与党、終盤国会運営に自信 参院も「大丈夫」
MSN産経ニュース 2013.11.27 01:02 (2/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131127/stt13112701040000-n2.htm
与党は、秘密保護法案の参院審議を27日から始め、会期延長をしないまま採決を目指す構えだ。与党幹部は「衆院で丁寧に修正協議を進めてきた。参院では与党で過半数を得ている数の力を使う」と強調する。
…….

日本版NSC初代局長?谷内正太郎、パチンコ交際と東電天下り
http://wp.me/pOg1o-rlP