女性経済小説家の幸田真音と安倍晋三が対談

女性経済小説家の幸田真音(こうだまいん)と安倍晋三が対談(2013年11月28日)。
首相動静―11月28日:朝日新聞デジタル2013年11月28日22時03分
http://www.asahi.com/articles/TKY201311280342.html
kouda_takenaka
最新版・わかりやすい経済学教室ニッポン経済の「ここ」が危ない 竹中平蔵 幸田真音
定価:本体1,000円+税 発売日:2008年02月18日
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163699103
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784163699103
内容説明
「暴走官僚」「族議員」の暗躍で、骨抜きになりつつある構造改革路線。小泉経済改革の影のリーダーと、『日本国債』『バイアウト』の著者による緊急対論
目次
第1章 構造改革、是か非か(東京は上海に抜かれる;「格差」を過剰に気にする日本人;デュアルエコノミーはどこへ向かうのか;期待喪失の時代;政治のポピュリズム化;グローバル化の影;小泉改革が後退している;出でよ、「新・政策新人類」;三つの構造改革;正社員が搾取している!?;「オランダの奇跡」に学べ;福沢諭吉『学問のすゝめ』;ジェラシー・ジャーナリズムの蔓延;「パワーのパラドックス」の法則;「湯の子」を大事にする社会;文化・観光ビジネスに打って出よ!;役所ベースの「町おこし」はだめ;五十年観光周期説;公共事業はやっと他国並み;経済財政諮問会議の「為にする試算」)
第2章 金融立国ニッポンへの道筋(サブプライムローン問題のいまこそチャンス;成功したロンドンと香港から学ぶこと;最高の戦略集団がいる金融の世界;百兆円の外貨準備金をいかに運用するか;「委員会設置会社」が会社を変える;職業としての「CEO」がいない;逆行する地方の金融再編;アジア・ゲートウェイ構想)
第3章 資産運用の時代と新しいライフスタイル(日本人が資産運用に無知な理由;短期投資と長期投資;寄布か税金かを選べるジユ;「団塊世代」の可能性;「ミレニアム・ビレッジ」の試み)
第4章 頑張れニッポン(リスク拡散とキャピタル・クランチ;なぜアメリカに投資が集中するのか;「三つの環境変化」にどう対処するか;産業革命に匹敵する「デジタル革命」;日本独自のプラグマティズム)

幸田真音こうだまいん、1951年 – )、日本の女性経済小説家。ペンネームは、”mine”(マイン、買いの意。なお、売りは”yours” ユアーズと言う)に由来する。滋賀県生まれ。米国系銀行や証券会社で債券ディーラーや大手金融法人を担当する外国債券セールスなどを経て、1995年、小説『ザ・ヘッジ 回避』で作家に転身。国際金融の世界を題材に、作品を発表している。2000年秋に発表した『日本国債』(上・下巻)はベストセラーとなった。雑誌や新聞で多くの連載小説やエッセイを発表しながら、テレビ番組(「ブロードキャスター」、「サンデーモーニング」など)にコメンテーターとして、ラジオ番組では文化放送「幸田真音のIt’s Mine!」のパーソナリティーを務めている。前政府税制調査会委員、財務省・財政制度等審議会委員、「国の債務管理の在り方に関する懇談会」メンバー、国土交通省・交通政策審議会委員などを歴任。2010年6月から、日本放送協会経営委員会委員に就任。
…….

首相動静(11月28日) (時事ドットコム2013/11/29-00:04)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013112900001
午後2時3分から同3時3分まで、雑誌「婦人公論」掲載用に作家の幸田真音氏と対談。
午後3時7分から同32分まで、下村博文文部科学相。
午後3時33分から同40分まで、甘利明経済再生担当相、内閣府の松元崇事務次官、石井裕晶政策統括官。同52分から同4時4分まで、超党派でつくる「自殺対策を推進する議員の会」の尾辻秀久会長ら。
午後4時5分、財務省の木下康司事務次官香川俊介主計局長田中一穂主税局長が入った。同11分、麻生太郎財務相が加わった。同51分、木下、香川、田中各氏が出た。同5時1分、麻生氏が出た。同3分から同11分まで、佐藤雄平福島県知事。同20分から同27分まで、元化学兵器禁止機関(OPCW)査察局長の秋山一郎氏。
午後5時28分から同42分まで、米倉弘昌経団連会長張富士夫日中経済協会会長。同6時3分、官邸発。
午後6時22分、東京・神南のNHKホール着。日・ASEAN音楽祭に出席し、あいさつ。
午後9時36分、同所発。

首相動静(11月22日) (時事ドットコム2013/11/23-00:05)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201311/2013112200131
午後3時48分から同4時40分まで、麻生太郎財務相財務省の木下康司事務次官香川俊介主計局長田中一穂主税局長
…….

安倍晋三 「消費税率は法律通りに引き上げるべきだ」
shouhizei_abepyon
2012衆院選 山口4区 安倍晋三 - 毎日jp(毎日新聞)
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A35004001001
問4:(消費税)社会保障財源にあてるため、消費税を2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立しました。この法律への考え方で近いものを一つ選んで下さい。
回答:1. 法律通りに引き上げるべきだ

第165回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説 平成18年9月29日
http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2006/09/29syosin.html
(財政再建と行政改革の断行)
消費税については、「逃げず、逃げ込まず」という姿勢で対応してまいります。さらに、21世紀にふさわしい行政機構の抜本的な改革、再編や、道州制の本格的な導入に向けた「道州制ビジョン」の策定など、行政全体の新たなグランドデザインを描いてまいります。

第166回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説 平成19年1月26日
http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2007/01/26sisei.html
(国と地方の行財政改革の推進)
本年秋以降、本格的な議論を行い、19年度を目途に、社会保障給付や少子化対策に要する費用の見通しなどを踏まえつつ、その費用をあらゆる世代が広く公平に分かち合う観点から、消費税を含む税体系の抜本的改革を実現させるべく、取り組んでまいります。
…….

「広く公平」な消費税は嘘 財界トップも増税を歓迎する理由
NEWSポストセブン 2013.11.24 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20131124_226456.html
安倍政権は「税と社会保障の一体改革」を唱え、増税にまっしぐらだ。増税ほど政治家・官僚が嘘をつく政策はない。そもそも消費税が導入されたときの名分が「高齢化福祉対策のため」だったのだから、今さら全額社会保障に使うと言わなければならないこと自体、これまで嘘をついてきたことの告白に他ならない。財政が苦しいと言いながら経団連の求めるままに法人税を減税し、国土強靱化に名を借りた公共事業に巨額を投じる計画なのだから、誰のための増税かは明白である。『SAPIO』(2013年12月号)では、<消費増税は日本を滅ぼす「シロアリノミクス」だ>と題して、安倍政権の“嘘”を暴く大特集を組んでいる。その中からジャーナリスト・武冨薫氏のレポートを紹介しよう。
* * *

消費税が本当に「広く公平」な税制で、国民が一様に痛みを分かち合うものなら、増税を喜ぶ者がいるのはおかしい。財界は安倍首相の増税決定を「大変な英断」(米倉弘昌・日本経団連会長)と歓迎し、「財政再建」で予算を絞られるはずの霞が関は好機到来と予算獲得に目を輝かせている。なぜなら、「広く公平」な税制も、「財政再建のための増税」も嘘だからである。財務省は、消費税について〈財・サービスの消費が行われることに着目して課税される間接税〉で〈実質的な負担者は消費者〉と説明している。これは国民騙しだ。消費税という名前から、国民も企業も消費者が負担するものだと思い込まされてきた。しかし、法律には事業者の年間の総売り上げと仕入れの差額に5%を課税すると規定されているだけで、価格転嫁の規定もなければ、「消費者」という言葉さえ書かれていない。「税の仕組みから言えば、消費税は明らかに法人事業税の一種」(消費税研究で知られる湖東京至・元静岡大学教授)である。そうした仕組みだから、国民の負担は増え、大企業は税率が上がるほど“臨時収入”を得る。それら企業の商品を購入する消費者は5%分を支払っているが、その中から国庫に入るカネは1円もないケースが山ほどある。そもそも「売り上げ」ではなく、本当の意味で「消費」にかかっている間接税なのであれば、企業や商店が納税者から税金を預かってそのまま国に納める。だが、売上高が一定以下の事業者などで生ずるいわゆる「益税業者」問題に象徴されるように、消費者が8%負担する税金は、そのまま国庫に入るわけではない。昨年会計検査院が中小企業など4699事業者を対象に検査したところ、約8割の事業者に益税が発生していた。国民が払う消費税の多くは“途中で消えている”のである。

※SAPIO2013年12月号
…….

TPP交渉差止•違憲訴訟へ
http://wp.me/pOg1o-qdY
大嫌韓時代?(笑) 在特会VSシバキ隊?(笑)
http://wp.me/pOg1o-sB0
なにゆえ安倍晋三は三橋貴明に出馬を打診するのか
http://wp.me/pOg1o-qRo
日韓トンネル 対馬調査斜坑の起工式
http://wp.me/pOg1o-sup
長谷川幸洋「安倍総理が増税に熱心だったことはただの一回もありません」(笑)
http://wp.me/pOg1o-sai