陸自の銃弾1万発を韓国軍に無償譲渡

PKOで初の武器提供、韓国軍に 「三原則例外」と銃弾1万発
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122301001785.html
政府は23日の国家安全保障会議(NSC)と持ち回り閣議で、治安情勢が悪化している南スーダンに国連平和維持活動(PKO)で展開する国連部隊に銃弾1万発を無償で譲渡する方針を決定した。日本時間同日夜に韓国軍に提供された。PKO協力法に基づき日本が他国軍に武器を提供するのは初めて。緊急性と人道性が極めて高いことを理由に、官房長官談話を出し、武器輸出を基本的に禁じている「三原則」の例外とした。今回の措置には、安倍晋三首相が外交・安全保障の理念として掲げる「積極的平和主義」を国際社会に示す狙いがある。2013/12/24 00:02 【共同通信】

<PKO弾薬提供>政府、緊急性たてに 韓国と関係改善狙う
毎日新聞 12月24日(火)7時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131224-00000002-mai-pol
・政府が23日、武器輸出三原則の例外として、陸上自衛隊の弾薬を国連を通じて韓国軍に譲渡したのは、事態の緊急性に加え、悪化する日韓関係にプラスになるとの計算も働いたためだ。しかし、これまで武器・弾薬の譲渡を「想定していない」としてきた国連平和維持活動(PKO)協力法を根拠に、例外への道を開いたことで、内外で論議を呼ぶことは必至だ。
・今回のような現場での関係を積み重ねることで、「うまく行けば日韓関係の改善につながる」(政府関係者)との思惑も背景にある。
…….

「集団的自衛権で有事の際は韓国を助けるぞ!安倍さんグッジョブ、集団的自衛権ありがとう!」(笑)
…….

Advertisements