コーヒー飲む人“病気で死亡の危険性低下”

コーヒーを1日3杯4杯飲む人、
ほとんど飲まない人に比べ、病気などで死亡する危険性が低くなる研究成果。
緑茶を毎日5杯以上飲む人、
1杯未満の人と比べ、死亡危険性が男性で13%、女性で17%低くなっていた。
coffee_greentea
コーヒー飲む人“病気で死亡の危険性低下”
2015年5月7日 13時46分 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150507/k10010072081000.html

コーヒーを1日に3杯から4杯飲む人はほとんど飲まない人に比べて、病気などで死亡する危険性が低くなるとする研究成果を、国立がん研究センターなどのグループがまとめました。

国立がん研究センターや東京大学などのグループは、全国の40歳から69歳の男女、およそ9万人を対象にコーヒーを飲む習慣についてアンケート調査を行い、その後、19年間追跡して病気による死亡との関係を調べました。

その結果、コーヒーを1日に1杯から2杯飲むと答えた人は、病気などで死亡する危険性がほとんど飲まない人に比べ0.85倍と低く、3杯から4杯飲むと答えた人では0.76倍と、さらに低くなったということです。

また、緑茶についても同様の調査を行ったところ、毎日5杯以上飲む人では1杯未満の人と比べ、死亡の危険性が男性で13%、女性で17%低くなっていたということです。

グループによりますと、コーヒーや緑茶に含まれるカフェインなどの成分が、病気になる危険性と関係している可能性があるということです。

解析を担当した東京大学大学院医学系研究科の井上真奈美特任教授は「詳しい仕組みは不明だが、常識的な範囲であればコーヒーや緑茶を飲むことは、健康的な習慣であることが確認できた」と話しています。
…….