ビッグブラザーが君臨する全体主義国家「オセアニア」

ネット書き込みを常時監視

ビッグブラザーが君臨する全体主義国家「オセアニア」
Total Surveillance Society
total_surveillance_society
ジョージ・オーウェル『1984年』
George Orwell Movie “1984” Introduction
https://www.youtube.com/watch?v=XMrcJFrUgTM

ビッグブラザーが率いる党のスローガン。
戦争は平和である (WAR IS PEACE)
自由は屈従である (FREEDOM IS SLAVERY)
無知は力である (IGNORANCE IS STRENGTH)

全体主義国家「オセアニア」の公式言語は、語彙数が年々減る世界で唯一の言語ニュースピーク。ニュースピークの語彙辞典は、改訂を重ねる度にページが減り薄くなっていく。ニュースピークは、人々の思考を単純化する「新しい言語」である。

ニュースピークという簡素化された言語環境において、矛盾を意識的に忘却することに慣れさえすれば、不満や不安に満ちた日々の生活が、今だかつて経験したことが無いほど穏やかなものとなり、小難しいことを考えるのがひどく面倒になる。

「オセアニア」の人民には、ゲーム、酒、ギャンブル、スポーツ、セックス、映画、音楽などを大いに楽しんで貰い、政治的諦念や政治的無関心が末永く維持され、国民が党に対し脅威とならぬよう、娯楽の提供には特に力を入れている。

党員の不祥事などという「不都合な真実」は、真理省記録局およびテレスクリーン番組製作局により、人目に触れることなく静かに葬り去られる運命にある。
censorship_1984
Who controls the past controls the future: who controls the present controls the past
https://youtu.be/oe9I0QhV08w?t=1m20s

双方向テレビのテレスクリーンにより、市民生活を常時隈なく監視し指導する。党に反する思想の持ち主「思考犯」「思想犯」は、思想警察シンクポルが逮捕し、愛情省に収監・尋問・洗脳し、党をこよなく愛するように再教育を施すことで、我が国の治安は良好に保たれる。
telescreen_1984
George Orwell 1984 Telescreen Exercise
https://www.youtube.com/watch?v=CCfW6HFP5cI

Room 101 愛情省101号室
https://www.youtube.com/watch?v=pLFIxt2cK_0
room101
シンクポル思想警察に逮捕され愛情省101号室に収監された思考犯・思想犯は、恐怖・憎悪を用いた洗脳や拷問などを受け、最愛の人を裏切るという背信行為を犯すに至り、心をへし折られ自尊心を失い、信念までも打ち砕かれる。やがて、党の思想を受け入れるようになり、党およびビッグブラザーをこよなく愛する「愛情豊かな」国民に変貌する。党を心の底から愛する人間へと生まれ変わった者は、2+2=4であると同時に2+2=5でもあるというように、簡単な足し算のような基本的事実さえ自らの意思で歪め信じることが出来る。

全体主義国家「オセアニア」の若者は、goodsexグッドセックス(健全な性・純潔)の名の下、「青年反セックス連盟」(Junior Anti-Sex League)に参加し、愛欲を厳しく自己規制することを体得し、ビッグブラザーおよび党だけを心の底から愛する「良き人民」となるよう教育される。人民の思考が党の管理下にあるのと同じく、人民の性本能や愛情も党により管理される。党員の結婚はあくまで、党への奉仕の一環であり、子供を生むための儀礼にすぎない。愛情は、党およびビッグブラザーに対してのみ向けられるべき「尊い」ものでなければならない。「青年反セックス連盟」の若者は、ピュアラブ純潔を表す赤い帯を腰に巻く。
Julia’s Scarlet Anti-Sex Waist Sash representing chastity in George Orwell’s 1984.
junior-antisex-league_1984_julia
1984 George Orwell Movie Trailer (1984) with Eurythmics
https://youtu.be/ZPcl4Ojl3IQ?t=2m5s

ニュースピークは党のための言語である。
純潔ピュアラブ「健全な性」(goodsex)
強制収容所「歓喜キャンプ」(joycamp)
党に反する思考「犯罪思考」(crimethink)
思考犯を取り締まる「思考警察」(thinkpol)
党是に沿った思考「健全な思考」(goodthink)

平和省(The Ministry of Peace)は、「我が軍」を統括し「平和」のために絶えず何処かで戦争を継続するよう努めている。

豊富省(The Ministry of Plenty)は、食料や物資の統制を通じ人民が絶えず欠乏状態にあるよう努めている。

愛情省(The Ministry of Love)は、党に敵対する者やビッグブラザーを批判する者を収監尋問し、「101号室」では、恐怖・暴力・憎悪を用いた洗脳により、党およびビッグブラザーをこよなく愛する心を育むよう努めている。

真理省(The Ministry of Truth)は、記録局(Records Department)において、歴史記録および政治文書を党の方針に沿ったものに改竄し、また、テレスクリーン番組製作局(Tele-programmes Department)において、人民の生活を隈なく監視し報道を厳しく規制することで、党の見解が常に唯一絶対正しいものとなるよう努めている。

テレスクリーン番組製作局は様々な番組を放映しており、特に重要なのが毎日午前11時に始まる人気番組「二分間憎悪」(Two Minutes Hate)である。
2_minutes_hate
1984 2 Minutes of Hate
https://www.youtube.com/watch?v=WupvCZhKMnM

午前11時、巨大なテレスクリーンの前に人々が仕事を中断し集結する。ビッグブラザーを批判し一党独裁を非難する「敵」の姿が、身の毛もよだつ轟音とともに、テレスクリーンに大きく映し出される。言論の自由や集会の自由を声高に訴える「敵」の背後には、「敵国」兵士たちが行進を続ける映像が流れる。

テレスクリーンで「敵」の姿を目のあたりにした人民は、「敵」を非難する唸り声をあげ始め、やがて怒号に変わり、破壊衝動を刺激され恍惚の表情を浮かべた人々は、テレスクリーンに物を投げつけ、何かに取り憑かれたように絶叫し、激しい憎悪の矛先をテレクリーンに映る「敵」の大きな顔へ向ける。

やがて、「敵」の醜い顔は画面から消え去り、代わりに、落ち着きはらった偉大なるビッグブラザーの顔が大きく映し出される。すると、「敵」への恐怖と憎悪に満ちた人々の表情は一気に緩み、安堵のため息を一斉に漏らし始める。

人気番組「二分間憎悪」のエンディングが迫ると、慈愛に満ちた表情のビッグブラザーは画面から姿を消し、党の3つのスローガンがテレクリーンに映し出される。

「戦争は平和である。自由は屈従である。無知は力である」。

テレスクリーンの前に集った人民の感動は、党の奇妙なスローガンを目のあたりにしても一向に収まることはなく、陶酔した恍惚の表情でビッグブラザー(Big Brother)を讃え、「B-B! B-B!」と声高に叫び続ける。

画面に写しだされた「敵」の姿や「敵」の思想に対し、ありったけの憎悪を剥き出しにする日課が二分間憎悪(Two Minutes Hate)に他ならない。国民の潜在的な不満や怒りを、党やビッグブラザーではなく「敵」に向けてガス抜き発散させるうえで、二分間憎悪は党にとって極めて重要な心理的役割を果たしている。

年に一度、夏の終わりには、「憎悪週間」(Hate Week)が設けられ大集会が開かれる。会場では憎悪週間のテーマ曲である「ヘイトソング」(Hate Song)が流れ、「敵国」の悪逆非道ぶりを特集したチラシの配布、「愛国心あふれる」党員によるスピーチや講義、全体主義国家「オセアニア」軍の勇ましい軍事パレードなど、「敵」への憎悪を増幅する「愛国的な」イベントが目白押しである。メラメラと燃えさかる人民の敵愾心は最高潮に達する。
hate-week-rally_1984
Nineteen Eighty Four Hate Week Rally
https://youtu.be/oD_Bdq1MLWg?t=1m26s

憎悪週間と二分間憎悪を通じ、「オセアニア」人民の敵愾心と憎悪は、とどまることを知らぬほど激しいものとなる。

午前11時。さっそく、巨大テレスクリーンのほうから、「敵」への憎悪に満ちた人民の怒号、そして、ビッグブラザーを讃える歓喜の叫び声が聞こえてきた。

B-B! B-B! 偉大なる兄弟!ビッグブラザー!B-B! B-B!

ビッグブラザーが君臨する全体主義国家「オセアニア」

戦争は平和である (WAR IS PEACE)
自由は屈従である (FREEDOM IS SLAVERY)
無知は力である (IGNORANCE IS STRENGTH)
…….

1984 The Movie – part1
https://www.youtube.com/watch?v=OdyKJ1xXph8
1984 The Movie – part2
https://www.youtube.com/watch?v=55d7gMLqxqc
1984 The Movie – part3
https://www.youtube.com/watch?v=5_omI0ZkdvY
…….

近畿大つながりの青山繁晴と世耕弘成