安保特別委 15日採決を委員長職権で決定

安全保障関連法案 15日採決を委員長職権で決定
テロとの戦いWar on Terrorism 対テロ戦争 戦争法案
tanigaki_kohmura_kitagawa_amepochi_sensouhouan_saiketsu

安保特別委 15日採決を委員長職権で決定
NHKニュース 2015年7月14日 19時37分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150714/k10010150761000.html

安全保障関連法案を審議する衆議院の特別委員会の理事会が14日夜開かれ、浜田委員長が職権で15日に締めくくりの総括質疑を行ったうえで、法案の採決を行うこと決めました。これに対して野党側は反発を強めており、与野党の攻防は15日に大きな山場を迎えます。

安全保障関連法案を審議している衆議院の特別委員会は14日午前、民主党と共産党が「委員会で申し合わせた曜日以外の審議は認められない」などとして欠席するなか、自民・公明両党と維新の党が出席して質疑が行われました。

また、午後からは、維新の党が提出した対案などを巡って、自民・公明両党と維新の党の3党が2回目の協議を行い、維新の党は、対案への理解を重ねて求めましたが、自民・公明両党は「スケジュール的にも、政府案を修正して参議院に送ることは難しい」などと主張して折り合わず、物別れに終わりました。

このあと、自民党の谷垣幹事長や高村副総裁、公明党の北側副代表らが今後の対応について協議し、15日に委員会で法案の採決を行う方針を確認しました。

これに対し、民主党の岡田代表は「国民の8割が説明不足、半分以上が反対と言う中での強行採決は、われわれは絶対に認めるわけにはいかない」と述べました。また、維新の党の松野代表も、大島衆議院議長に対し、提出した対案も含めて審議が尽くされていないとして審議を継続するよう要望しました。

そして、14日夜、特別委員会の理事会が維新の党が欠席するなかで開かれ、与党側は、15日に安倍総理大臣にも出席を求めて締めくくりの総括質疑を行ったうえで、法案の採決を行いたいと提案しました。

これに対し、民主党と共産党は「議論は深まっておらず、審議を続けるべきだ」として反対しましたが、最終的に、浜田委員長が職権で、15日に締めくくりの総括質疑と法案の採決を行うことを決めました。

野党側は、15日の委員会での採決に反発を強めており、与野党の攻防は15日に大きな山場を迎えます。

すべての論点の質疑が終わったと判断
与党側の筆頭理事を務める、自民党の江渡前防衛大臣は理事会のあと記者団に対し、「野党があすの委員会を欠席するのであれば残念だが、法案の審議時間が110時間を超えており、委員会で、すべての論点の質疑が終わったと判断した」と述べました。

将来に禍根を残す
野党側の筆頭理事を務める民主党の長妻代表代行は、理事会のあと記者団に対し、「国民の理解が進んでいないなかで、採決についてもう1回考え直し、質疑を続ける必要があると説得をしたが、与党側と浜田委員長は聞く耳持たずだったので厳重に抗議した。このままでは将来に禍根を残す」と述べました。
…….

Advertisements