ジャパンハンドラーズとアメポチ日本人の跋扈

いつまで経ってもアメポチではイスラム圏を敵に回すのみならず中韓からも馬鹿にされる。アメポチ日本人は米国に移住したほうが楽しく暮らせるかもよ。しっぽ振り振り、クンクン、キャンキャン (笑)
amepochi_640
売国法案が後を絶たないのも日本に構造改革を迫るアメリカのポチやってるから。
…….

安倍政権のネタ元!? アーミテージ・ナイ報告書を読む
東京新聞 2015年8月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2015082602000139.html

米国のアーミテージ元国務副長官やナイ元国防次官補ら超党派の日本専門家が三年前に発表した報告書がにわかに脚光を浴びている。集団的自衛権の行使容認に原発再稼働、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加…。「二流国に転じてもいいのか」と恫喝(どうかつ)交じりで突きつけた「提言」が、安倍政権の主要政策と酷似しているのだ。アーミテージ氏ら「ジャパンハンドラーズ」の跋扈(ばっこ)は今に始まった話ではないが、中国の台頭など世界情勢が激変する中、いつまでも「対米従属」でいいのか。 (三沢典丈、鈴木伸幸)
…….

南沙埋め立ても“利用”へ 中国の脅威を喜ぶ安倍政権の危険度
日刊ゲンダイ 2015年6月3日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/160382/3

〈日本国民のあいだに中国への懸念が広がりつつあるという状況は、アメリカ政府にとって、政策目標を達成する絶好の機会である〉〈日本が防衛費支出を増大させ、集団的自衛権を可能にし、沖縄の基地代替施設の建設を推進することになれば、アメリカにとって有益なことである〉

要するに中国脅威論が強まれば、日本は集団的自衛権の行使を認めるようになり、辺野古基地も造るだろうということだ。いま安倍首相が進めていることは、3年前にアメリカが要望していたことでもあるのだ。

しかし、日本政府が中国の脅威論をいたずらに煽っていたら、最悪の事態になりかねない。元外務省国際情報局長の孫崎享氏がこう言う。

「南沙諸島について日本は、直接のステークホルダーではない。第三者の立場です。しかも、いま日本と中国は決して良好な関係ではない。その日本が声高に批判したら、中国は引くに引けなくなり、行動をエスカレートさせかねない。逆効果です。もともと、アメリカも中国も戦争をする気はないのだから、日本は余計なことをしない方がいい。しかも、南沙諸島の埋め立ては、ベトナムも行っている。中国からしたら、なぜ中国ばかり批判するのか、となるでしょう」

外交のイロハを知らない安倍首相は、中東を訪問した時「イスラム国」を怒らせ、結果的に2人の日本人が犠牲になっている。「地球儀俯瞰外交」などと、もっともらしいことを口にしているが、この男のために日本の危険は高まるばかりだ。
…….

安倍首相の祖父・岸信介のアヘン利権
戦後70年特別企画 安倍首相の祖父・A級戦犯岸信介の正体(前)
安倍首相が心酔するおじいちゃん・岸信介の戦争犯罪!
アヘン取引でブラックマネーを集め戦争を遂行
http://lite-ra.com/2015/08/post-1396.html

安倍の安保法制と岸信介の対米密約
戦後70年特別企画 安倍首相の祖父“A級戦犯”岸信介の正体(後)
安倍首相の「安保法制」妄執の背景に、
敬愛する祖父・岸信介がA級戦犯を逃れるため米国と交わした裏取引きが!
http://lite-ra.com/2015/08/post-1400.html
…….

米国というDV夫とは離縁しろ!
小林よしのりオフィシャルwebサイト 2015.08.28(金)
http://yoshinori-kobayashi.com/8467/

米軍基地を置いて、思いやり予算出して、地位協定という
不平等条約に甘んじて、今度は米国のために血も
流そうという態度では、もはや同盟の双務性を
はるかに超えて、ただDV夫に殴打されながらついて行く
マゾヒスト妻に堕してしまう。

DV夫とは離縁しろ!わしはそう忠告する。
…….

通信監視プログラムPRISM(プリズム)米韓はズブズブ
america_kankoku