通信監視プログラムPRISM(プリズム)米韓はズブズブ

砂川事件判決 日米合同委員会 富士山会合 アーミテージ CSIS マイケルグリーン 在日米国商工会議所ACCJ 移民受け入れ ロバートフェルドマン 竹中平蔵 郵貯 かんぽ 生保 国民皆保険 GPIF ゴールドマンサックス ウォール街 新自由主義 国家戦略特区 道州制 TPP RCEP FTAAP タックスヘイブン 軍産官複合体 アルカイダ イスラム国 緊急事態条項 憲法改正 ターゲットトーキョー 盗聴 プリズム ニュー山王ホテル CIA 自民党 ロックフェラー 安倍昭恵 電通 カルト 日米地位協定 在日米軍基地 エドワードスノーデン

米国に盗聴されて文句ひとつ言えないような日本が憲法改正をしても属国化が進むだけで、「普通の国」になる独立への第一歩どころか、むしろ逆に属国化の歩みを速める皮肉な結果を招き、政治や軍事や経済など今まで以上に米国に都合よく利用されるようになる。時の政権による皇室の政治利用も大いに懸念される。言うなれば、隷米のままの憲法改正は、属国化を完成させる極上のおもてなしレシピ。憲法改正を雄々しく謳うなら、少なくとも米国に盗聴されて文句の一つぐらい言えるようになってからでなければ、中国や韓国や北朝鮮からも馬鹿にされ足元を見られ笑われる。愛国心を都合よく利用されていないか、よくよく考えたほうがいい。

監視と世論操作の実態
ネット書き込みを常時監視
LINE森川亮と安倍晋三、官邸で昼食
しばき隊と麻生太郎、有田芳生と西田昌司、しばき隊と稲田朋美

盗聴するトモダチ。
日本は仲間はずれ(笑)
アメリカと韓国はズブズブ。
america_kankoku

PRISM(プリズム) US-984XN
アメリカ国家安全保障局(NSA)の通信監視プログラム
Cover_slide_of_PRISM
流出したアメリカ合衆国連邦政府の極秘パワーポイント資料の表紙

情報収集の詳細を示す、流出パワーポイント資料。
左側に対象プロバイダ9社、右側に電子メール・音声通話・動画・写真等入手可能情報が記されている。
PRISM_Collection_Details
PRISM(プリズム)

プロバイダ別の情報収集開始日を示す、流出パワーポイント資料。
「マイクロソフト2007年9月11日、ヤフー2008年3月12日・・・アップル(2012年10月追加)」等と説明され、PRISM経費は最大で年間2千万ドルと付記されている。
Prism_slide_5
PRISM(プリズム)

流出したパワーポイント資料。
外国情報監視法702条(FAA702)に基づき2つの方法で情報収集できるとしている。
800px-Upstream_slide_of_the_PRISM_presentation
PRISM(プリズム)

アメリカ国家安全保障局(NSA)の通信監視プログラムPRISM(プリズム)による情報収集データの流れ
Prism-slide-7
…….

三沢基地 姉沼通信所(1990年代、米空軍撮影)
misawa
Security Hill at Misawa AB, Japan

NSA infected 50,000 computer networks with malicious software
http://www.nrc.nl/nieuws/2013/11/23/nsa-infected-50000-computer-networks-with-malicious-software/
nsa
Cyber operations are increasingly important for the NSA. Computer hacks are relatively inexpensive and provide the NSA with opportunities to obtain information that they otherwise would not have access to. The NSA-presentation shows their CNE-operations in countries such as Venezuela and Brazil. The malware installed in these countries can remain active for years without being detected.

Map of UKUSA Community countries
The “Five Eyes” : Australia, Canada, New Zealand, United Kingdom, United States
UKUSA_Map
UKUSA Agreement Release 1940-1956
https://www.nsa.gov/public_info/declass/ukusa.shtml

Cover page of the first version of the secret UKUSA Agreement, which was disclosed to the public in 2011
ukusa1946
Newly released GCHQ files: UKUSA Agreement Files released in June 2010
http://www.nationalarchives.gov.uk/ukusa/
UKUSA Agreement Release 1940-1956
https://www.nsa.gov/public_info/declass/ukusa.shtml
Declassified UKUSA Signals Intelligence Agreement Documents Available
https://www.nsa.gov/public_info/press_room/2010/ukusa.shtml

The former NSA contractor Edward Snowden described the Five Eyes as a “supra-national intelligence organisation that doesn’t answer to the known laws of its own countries”. Documents leaked by Snowden in 2013 revealed that the FVEY have been spying on one another’s citizens and sharing the collected information with each other in order to circumvent restrictive domestic regulations on surveillance of citizens.

The origins of the FVEY can be traced back to World War II, when the Atlantic Charter was issued by the Allies to lay out their goals for a post-war world. During the course of the Cold War, the ECHELON surveillance system was initially developed by the FVEY to monitor the communications of the former Soviet Union and the Eastern Bloc, although it allegedly was later used to monitor billions of private communications worldwide.

The “Five Eyes”, often abbreviated as “FVEY”, refer to an intelligence alliance comprising Australia, Canada, New Zealand, the United Kingdom, and the United States. These countries are bound by the multilateral UKUSA Agreement, a treaty for joint cooperation in signals intelligence.

TOP SECRET : the multilateral UKUSA Agreement
ukusa
New UKUSA Agreement
https://www.nsa.gov/public_info/_files/ukusa/new_ukusa_agree_10may55.pdf
UKUSA Agreement Release 1940-1956
https://www.nsa.gov/public_info/declass/ukusa.shtml
Declassified UKUSA Signals Intelligence Agreement Documents Available
https://www.nsa.gov/public_info/press_room/2010/ukusa.shtml
…….

John_Lennon_NY_1964
Photograph of John Lennon as The Beatles arrive in New York City in 1964.

While Nixon Campaigned, the F.B.I. Watched John Lennon
http://www.nytimes.com/2006/09/21/opinion/21thu4.html

The Lennon Files: The FBI and the Beatle
http://www.independent.co.uk/news/world/americas/the-lennon-files-the-fbi-and-the-beatle-429429.html
…….

princess_diana
Diana, Princess of Wales while at The Leonardo Prize ceremony in 1995

NSA Admits to Spying on Princess Diana
http://www.washingtonpost.com/wp-srv/national/daily/dec98/diana12.htm

Top secret US files could hold clues to death of Diana
http://www.theguardian.com/uk/2004/jan/11/monarchy.jamiedoward

Diana’s Squidgygate tapes ‘leaked by GCHQ’
http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1575117/Dianas-Squidgygate-tapes-leaked-by-GCHQ.html
…….

Charlie_Chaplin
Charlie Chaplin as “The Tramp”
“The Tramp” was released on April 11, 1915 through Essanay Studios.

MI5 spied on Charlie Chaplin after FBI asked for help to banish him from US
http://www.theguardian.com/uk/2012/feb/17/mi5-spied-on-charlie-chaplin

British spy files show FBI efforts to ban Charlie Chaplin
http://content.usatoday.com/communities/ondeadline/post/2012/02/british-archives-show-fbi-efforts-to-ban-charlie-chaplin/1#.VearUPQ6LIV

The Charlie Chaplin MI5 files uncovered
http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-17070890
…….

Below is one example, which the NSA captured from Google.
serendipity
How we know the NSA had access to internal Google and Yahoo cloud data
https://www.washingtonpost.com/news/the-switch/wp/2013/11/04/how-we-know-the-nsa-had-access-to-internal-google-and-yahoo-cloud-data/

Edward Snowden Interview: The NSA and Its Willing Helpers
http://www.spiegel.de/international/world/interview-with-whistleblower-edward-snowden-on-global-spying-a-910006.html

Denmark is one of the NSA’s ‘9-Eyes’
http://cphpost.dk/news14/international-news14/denmark-is-one-of-the-nsas-9-eyes.html

Read the Snowden Documents From the NSA
http://www.svt.se/ug/read-the-snowden-documents-from-the-nsa

REPORT on the existence of a global system for the interception of private and commercial communications (ECHELON interception system) (2001/2098(INI))
http://www.europarl.europa.eu/sides/getDoc.do?pubRef=-//EP//NONSGML+REPORT+A5-2001-0264+0+DOC+PDF+V0//EN&language=EN

“DRAFT REPORT on the US NSA surveillance programme, surveillance bodies in various Member States and impact on EU citizens’ fundamental rights and on transatlantic cooperation in Justice and Home Affairs”
http://www.europarl.europa.eu/meetdocs/2009_2014/documents/libe/dv/moraes_1014703_/moraes_1014703_en.pdf

Ex-Snoop Confirms Echelon Network
Global Network Monitors Phones And Email
http://www.cbsnews.com/news/ex-snoop-confirms-echelon-network/
…….

アメリカと韓国はズブズブ
アメリカなどファイブアイズと韓国・シンガポール
button_arrow_red_down
the United States and South Korea
us_sk
Singapore, South Korea revealed as Five Eyes spying partners
http://www.smh.com.au/technology/technology-news/singapore-south-korea-revealed-as-five-eyes-spying-partners-20131124-2y433.html

Singapore and South Korea are playing key roles helping the United States and Australia tap undersea telecommunications links across Asia, according to top secret documents leaked by former US intelligence contractor Edward Snowden.

South Korea’s National Intelligence Service has long been a close collaborator with the US Central Intelligence Agency and the NSA

Coverage of satellite communications across Asia and the Middle East is also supported by NSA facilities at the United States Air Force base at Misawa in Japan, US diplomatic premises in Thailand and India, and British Government Communications Headquarters facilities in Oman, Nairobi in Kenya and at the British military base in Cyprus.

The leaked NSA map also shows that undersea cables are accessed by the NSA and the British GCHQ through military facilities in Djibouti and Oman, thereby ensuring maximum coverage of Middle East and South Asian communications.
…….

“Target Tokyo”
WikiLeaks_US_Spying_Japan
https://wikileaks.org/nsa-japan/

アメポチとシナポチ

日本に対し盗聴を繰り返し盗聴内容を他国へ垂れ流す国アメリカ。
アメリカが同盟国とみなしているのはファイブ・アイズの国々のみ。

平常運転稼働中のエシュロンによる盗聴も今に始まったことじゃない。
国家安全保障局NSAのプリズムで有線データ通信さえ盗聴されてる。

敵国条項は依然として国連憲章にその姿を留めたまま。
日本の常任理事国入りを葬り去ったのは”同盟国”アメリカ。

日米同盟といっても対等ではなく主従関係に過ぎないことは、
司法の独立を日本自ら放棄した卑屈な従米の砂川事件判決や、
影の政府との異名をもつ日米合同委員会の存在などが物語る。

アメリカと日本の関係がご主人様と家来のような主従関係である以上、
不平等な日米同盟を強化すれば自衛隊は米軍の下請け的な存在になる。
どんなに自衛隊の血を捧げようが対等になるどころか一層従属化が進む。

そもそも反米とか親米とかいうのも、
独立主権国家であって初めて成り立つお話。
従米隷米では親米反米うんぬん以前の段階。

戦争に巻き込まれることは絶対ないなどと言うのは詭弁にすぎない。
独善的なアメリカに追随したことで日本は既に戦争に巻き込まれてる。
処刑された後藤健二と湯川遥菜、チュニジアの博物館襲撃で邦人殺害。
日本国民をテロの標的にしたのは米国追随イスラエル寄りの安倍外交。

ジャーナリストの安田純平さんがシリアで消息を絶ったままだが、
日本では報道されず安倍自公政権の対応はどうなっているのか。
後藤健二と湯川遥菜を救えなかった国家安全保障会議(日本版NSC)。
安全保障と危機管理を担えず役立たずなら日本版NSCは解散すべきだ。

海の向こうのご主人は目的の為には手段を選ばない身勝手な御仁。
石油を手に入れるためなら中東での過酷な砂漠戦もなんのその。
安保法制で米軍の後方支援をする自衛隊員が拘束されたとき、
捕虜扱いはされないため無残に処刑されても不思議ではない。

アメリカは正義の味方ではないし日本の味方でもない。
構造改革や移民や地域主権を促すことがその証左となる。
日米同盟が中国包囲網なら米国は移民を促したりしない。
日本に移民の受け入れを促す対中包囲網などあり得ない。

中国包囲が進むどころか日本は中国人移民が増え続ける。
中国が最も得意とするところは人海戦術による人口侵略。
チベット侵略もウイグル侵略も詰まるところ人海人口侵略。
中国人が大量に送り込まれ中国化したのが致命的要因。

保守派がよく引き合いに出すチベット侵略。
チベットやウイグルを非情にも見捨てたのは、
ほかでもない世界の警察官たる米国アメリカ。

ダライラマ14世はなぜチベット動乱でインドへ脱出し亡命したのか。
チベットに信教の自由や民族自治が本当に十分認められているなら、
命からがらインドへ脱出しチベット亡命政府を発足させる必要などない。

「中国では言論の自由は十分に保障されている」というなら、
ではなぜ外国メディアのチベット取材を厳しく制限するのか、
ではなぜ中国政府はインターネットを厳しく規制検閲するのか、
おかしいではないか、チベット取材もネットももっと自由でなければ。

中韓は批判するがアメリカは批判しないアメポチ。
アメリカは批判するが中韓は批判しないシナポチ。
アメポチ・シナポチどちらも独立自存の気概を忘れてる。

もちろん中国の脅威を必要以上に煽りアメポチへ誘導するのは問題だが、
日本に中国人移民が増えれば日本は国内から徐々に中国化していく。
外国人労働者が定住し家族を呼び寄せ移民となり移民問題が深刻化する。
多文化共生に失敗したヨーロッパの轍を周回遅れで踏むのは愚かすぎる。

TPPなるグローバリズムに反対するなら東アジア共同体にも反対しないとおかしい。
TPPも東アジア共同体も国境や国籍にこだわらない系のグローバリズムなのだから。

ロバートフェルドマンの提言などまさに日本解体政策のオンパレード。
移民、国家戦略特区、地域主権、その他諸々で日本国はバラバラに。
アメリカが日本に対し現在進行形でやってることは日本解体そのもの。

好ましからざる国のカタチは強引にでも変えさせなければならない。
だからこそ米国は日本に構造改革や移民や地域主権などを促す。
実際は日本がアメリカから今も敵国と見なされているなら合点がいく。

日本解体を招く構造改革・移民受け入れ・国家戦略特区など。
アメリカは日本の味方どころか敵国といっても過言ではない。
日本に対するアメリカの要求が日本解体そのものなのだから。

日本と中国が主に経済面で相互依存関係を深めているように、
米中も今や経済的にも軍事的にも密接な相互依存関係にある。
なんだかんだいって米中は互いに共存共栄を図ろうとしてる。

相互依存関係の米中は南シナ海でも「持ちつ持たれつ」
日米同盟を強化すれば構造改革がさらにその勢いを増し、
太平洋の片隅で日本は米中の荒波に揉まれ溶けていく。

移民受け入れを日本に促す対中包囲網などまさに噴飯もの。
日米同盟が中国包囲網なら移民受け入れを促したりしない。

日本に対し盗聴を繰り返し盗聴内容をファイブアイズへ流すアメリカ。
日本の自立を阻むため日本に打ち込まれた楔が日米同盟の実態。
安保法制で日本は愚かにも自らその楔を深く打ち込もうとしている。

いつまでも見つからないイラクの大量破壊兵器。
米国は自らの国益追求の為には手段を選ばない。

米軍は米国のモハーヴェ砂漠で自衛隊に中東砂漠戦の手ほどきをしてる。
アメリカ追随はイスラム圏をも敵に回し安全保障リスクを格段に大きくする。
中東の砂漠で終わりなきテロとの戦いに兵力を削がれ対中抑止力は低下する。
身勝手な大義名分を掲げる米国に自衛隊を差し出す安保法案賛成こそ平和ボケ。

盗聴されてろくに抗議すらしないようでは中韓からも馬鹿にされる。
実際問題アメリカが同盟国とみなしているのはファイブアイズのみ。
日米同盟なる「まがいもの」「模造品」を有り難がるのは不毛である。

米国の意見や国連決議、多くの国の意見が必ずしも正しいとは限らない。
安保法案に賛成の国々は自国の負担が減るから賛成しているに過ぎない。
独りよがりの大義名分を掲げるアメリカは正義の味方なんかじゃ勿論ない。

米国アメリカの身勝手な国家的偽善という現実から目を逸らしたまま、
多くの国が賛成してるから安保法案賛成などと言っても説得力がない。
平成27年5月15日現在、日本が承認してる国は日本も含め196か国。

自民党による売国は民主党の比じゃない凄まじい壊国・日本解体そのもの。
自民の売国が民主の比じゃないという現実から目をそらすのは現実逃避。
現実逃避と妥協は違う。現実を見ずしては現実的な妥協すらままならない。

消極的自民党支持とは国家戦略特区など日本解体に賛同するのと同義。
消極的自民党支持とは民意無視の自民党の暴走を許すことを意味する。

米議会演説で構造改革を進めると宣言した自民党総裁安倍晋三首相。
規制緩和という名の下、米国系外資へ日本叩き売りを進める自公政権。

自民の売国が民主の比じゃない凄まじい壊国・日本解体である以上、
消極的自民党支持は日本国民自ら日本国を滅ぼす行為に他ならない。
構造改革に邁進する自民党を支持していれば国民生活は窮乏化する。

自民による売国が民主の比じゃないという現実から目を背けるのは偽善。
消極的自民党支持は日本を外国企業や外国人が暮らしやすい国にする。

アメポチ、シナポチ、そんな卑屈な姿勢はどちらも日本に不要である。
日本の政治は複数の政党が拮抗しバランスが保たれるのが望ましい。
…….

モンゴルで自衛隊と人民解放軍が・・・
南スーダンで自衛隊と中国軍が・・・
石田純一 安倍晋三 麻生太郎 SEALDsシールズ 人工芝 共産党
「日米VS中国」という幻想
「日本の集団的自衛権行使は韓国のためだ」
チャンネル桜とトランスデジタル
銀座・安保法案支持デモの光景ほか
安倍の安保法制と岸信介の対米密約
日米同盟強化で中国化が進む
「山本太郎議員、永田町最大のタブーを追及 シラを切る政府」