外国人家事代行サービス参入パソナ国家戦略特区

人材派遣屋パソナ会長 竹中平蔵 国家戦略特区
外国人家事代行サービス参入
takenaka_pasona
竹中平蔵氏に聞く 国家戦略特区【前編】 TOKYO MX
https://www.youtube.com/watch?v=j9WnIfJFjWs
竹中平蔵氏に聞く 国家戦略特区【後編】 TOKYO MX
https://www.youtube.com/watch?v=yCNw83CB1Rc
パソナグループ 南部靖之グループ代表 竹中平蔵会長
http://www.pasonagroup.co.jp/recruit/message/
…….

パソナ、ダスキンが外国人家事代行サービス参入へ 人材不足に先手
SankeiBiz(サンケイビズ) 2015.9.9 05:00
http://www.sankeibiz.jp/business/news/150909/bsd1509090500001-n1.htm

人材派遣大手パソナグループや清掃大手ダスキンが、外国人を使った家事代行サービスに近く参入する。政府が国家戦略特区の神奈川県と大阪府で外国人によるサービスを解禁するのに応じる。共働き世帯の増加で家事支援の需要が高まる中、外国人を含めた人材の確保を進める。

家事代行は、炊事、洗濯、掃除、買い物など。パソナは、本年度中にもサービスを開始できるよう準備を急ぐ。香港などへの派遣ノウハウを持つフィリピンの人材会社を通じ、現地で研修を終えた約50人を来年1月ごろまでに受け入れる予定だ。以後3カ月ごとに50人程度を受け入れ、3年後には1000人の外国人の稼働を目指している。

家事代行のベアーズ(東京)は、近く東南アジアに現地法人を設立し、年内にもフィリピンやベトナムから10人程度を受け入れる。高橋ゆき専務は「今から人材不足に手を打っていく。外国人の方にとって働きがいのある環境をつくりたい」と力を込める。

ダスキンでは現在、一部の加盟店が外国人留学生を清掃アルバイトとして採用している。同社は「語学レベルが低ければ、細やかな要望への対応が課題となる」として、当初、外国人を日本人スタッフとペアで派遣することなどを検討している。

政府は昨年秋、特区内の家事代行サービスで、外国人労働者の受け入れを決定。条件を記した指針案では、事業者が外国人をフルタイムで雇用することや、日本人と同等額以上の報酬を支払うことを盛り込んだ。雇用期間は最長で3年間。
…….

外国人が家事代行 年内解禁、ダスキンなど参入
2015/8/27 2:00 日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS26H3S_W5A820C1MM8000/

ダスキンやパソナグループなどは外国人を使った家事代行サービスに乗り出す。政府が国家戦略特区の大阪府、神奈川県で同サービスを年内に解禁するのに応じる。特区では給与水準を日本人と同等以上とするなど、外国人が働きやすい条件を整える。家事代行サービスは今後市場が拡大すると見込まれている。各社は人手不足に対応し、成長につなげる。

政府は9月に開く国家戦略特区諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、家事代行サービ…
…….

パソナ南部靖之 小泉純一郎
pasona_nanbu_koizumi_abe
南部靖之プロフィール
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2005/nanbu.html
生年月日 昭和27年1月5日 兵庫県神戸市出身
株式会社パソナ 代表取締役グループ代表兼社長
学歴 昭和51年3月 関西大学工学部卒業
経歴
昭和51年2月、「家庭の主婦の再就職を応援したい」という思いから、大学卒業の一ヶ月前に起業。人材派遣システムをスタート。以来”雇用創造”をミッションとし、新たな就労や雇用のあり方を社会に提案、そのための雇用インフラを構築し続けている。
平成13年12月に大証ヘラクレス、平成15年10月には、一般人材派遣会社としては初めて、東証第一部に株式会社パソナが上場。
また各地域の大手企業とともに、中高年層の「失業なき転職」の実現を目指した「関西雇用創出機構」「関東雇用創出機構」を立ち上げ、 業界や産業の枠を超えた”雇用創出”にも取り組んでいる。その一環として、平成15年から秋田県・大潟村にて「農業インターン・プロジェクト」を実施、中高年ホワイトカラーやフリーターなど若年層の農業分野での雇用創出に挑戦している。2月には本社ビル地下の都市銀行金庫跡に「地下農場」を開設する。

昭和51年2月 大学卒業の1ヶ月前、株式会社テンポラリーセンターを創立
同社専務取締役に就任。人材派遣事業をスタート
昭和63年10月~ グリーンカード取得。家族とともに渡米。株式会社パソナの世界戦略の陣頭指揮に当たるとともに、人材ビジネスの先進国・アメリカから「アウトプレースメント」、「サテライトオフィス」、「ワークシェアリング」、「アウトソーシング」、「PEO」、「インディペンデント・コントラクター」などの新たな言葉や仕組みを次々と紹介し、日本に普及させる
平成 5年6月 株式会社テンポラリーセンターから株式会社パソナに社名変更
平成12年6月 株式会社パソナ 代表取締役グループ代表に就任
平成16年8月 株式会社パソナ 代表取締役グループ代表 兼 社長に就任

趣味 テニス、油絵、陶芸

著書
「ベンチャー型人間が成功する」(PHP研究所)
「青年帝王学」(かんき出版社)
「起業家精神で挑む」(日本生産性本部)
「頭のいい人材派遣会社の活用法」(明日香出版社)
「感性ビジネス」(日刊工業新聞社)
「超常識パワーの挑戦」(実業之日本社)
「自分を活かせ!」(講談社)
「この指とまれ」(講談社)
「創業は創職である。」(石川好氏との共著/東洋経済新報社)
「人財開国」(財界研究所)

小泉内閣メールマガジン 第175号 2005/02/10
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2005/0210.html
[ニッポンの元気]新たな雇用のフロンティア・農業
(パソナグループ代表兼社長 南部靖之)

nanbu_pasona

「銀行金庫跡に野菜畑/若者らの就労支援」-本年1月9日の朝日新聞朝刊一面で報道された当社の試みに、予想を超える大きな反響を頂いています。その記事の中で紹介されたように、この2月から、東京・大手町の本社地下2階の都市銀行の金庫であったスペースに、都会の人たちに農業を身近に感じてもらい、新しい農業を知ってもらうための「地下農場」を開設いたします。

「人材派遣のパソナが農業?」と不思議に思われるかもしれません-。2001年の秋から一年半をかけて、当時最悪の状況にあった雇用問題を打開する糸口を求めて各地の大学やハローワークをたずねながら、私は日本全国を見て回りました。そしてその中で光明を見出したのが、「農業」だったのです。

素人ながらに調べて見ると、日本の農業は高齢化が進み、農業人口は減少の一途をたどっている。後継者不足も深刻です。しかし片や、第二次・第三次産業では多くの中高年ホワイトカラーが職を失い、学校を卒業しても仕事に就けない多くの若者が存在する-。このミスマッチを解決できれば、農業を中高年や若者の雇用問題を解決するための新たな雇用のフロンティアとすることができるのではないか-。それが発想の原点でした。

その発想を実現するための試みのひとつとして、一昨秋、中高年を対象に「農業インターンプロジェクト2003」を実施しましたが、その第二弾として、昨年は「農業を志すフリーターよ、来たれ」と全国の若者に参加を呼びかけ、「農業インターンプロジェクト2004」を実施。全国130名を超える応募者の中から女性を含む13名の若者を選出し、坂本竜馬の海援隊にちなんで「農援隊」と名づけて秋田県・大潟村での農業研修に送り出しました。

6ヶ月の間、猛暑や台風に見舞われながら、畑の開墾から作物の収穫、販売までを仲間とともに体験した彼らは、実にたくましく成長し、明るく自信に満ちあふれた表情で修了式に参加してくれました。力強く将来への希望を語る彼らの様子を見て、これからは、「雇用創出」に加えて「機会創出」が大切だと、私は実感していました。若者が自らの可能性を広げ、才能、能力を発揮できる「機会」をつくっていくことは、大きな使命のひとつであると私は考えています。

地下農場では、「農援隊」として大潟村の大地で研修を積んだ就農希望の若者3人が、今度は都心のオフィス街で、トマトやサラダ菜、コメ、イチゴやハーブなどを栽培しながら、安全でおいしい農作物を作る新たな形の農業を学びます。あえて太陽光の届かない地下に施設を設けたのは、地方に行かなくても、オフィスに通うのと同じ感覚で先端技術を駆使した農業を体験してもらい、農業への理解と興味を深めてもらえる場を作りたいとの思いからでした。

日本の農業を雇用のフロンティアとして開拓する-。遠大な試みかもしれません。しかし現にアメリカには、農業ビジネスに特化した人材派遣会社も存在します。将来、農業を一般的な職業の選択肢に加えることも、決して夢ではないと私は信じています。

※ 都心の地下で育つ農作物の様子
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2005/0210a.html

小泉内閣メールマガジン
総編集長:内閣総理大臣 小泉純一郎、初代編集長:内閣官房副長官 安倍晋三
koizumi_cabinet_mailmagazine
小泉純一郎
koizumi

小泉内閣メールマガジン 創刊準備号【2001/05/29】
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2001/0529.html
[大臣のほんねとーく]竹中経済財政担当・IT担当大臣
竹中平蔵 「つい先日まで慶応大学の一学者であった私が、経済財政担当・IT担当の大臣になってしまいました。小泉総理に「これから凄まじい戦いになる。一緒に戦ってくれ」と言われ、思わず引き込まれてしまったのは、わずか1ヶ月前のことです。」
takenaka_koizumi
【竹中平蔵】”日本版オランダ革命”に取り組め/同一労働同一賃金
https://www.youtube.com/watch?v=K6V6gcI4x8g
http://policywatch.jp/player/pw_player.swf?f=takenak090729d

内閣官房副長官 安倍晋三
小泉内閣メールマガジン 初代編集長 安倍晋三
abe_naikaku-kanbou-fukuchoukan
平成13年(2001年)4月(小泉内閣
http://www.kantei.go.jp/jp/koizumidaijin/010426/19abe.html
…….

構造改革を進める?(笑)
「親愛なる、上院、下院議員の皆様、どうぞ、日本へ来て、改革の精神と速度を取り戻した新しい日本を見てください。日本は、どんな改革からも逃げません。ただ前だけを見て構造改革を進める。この道のほか、道なし。確信しています。」(安倍晋三)
abeshinzo_kouzoukaikaku_beigikai
『希望の同盟へ』米国連邦議会上下両院合同会議 安倍総理演説-平成27年4月29日
https://www.youtube.com/watch?v=HpLDJ_J-V88
平成27年4月29日米国連邦議会上下両院合同会議における安倍内閣総理大臣演説
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0429enzetsu.html

米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」(2015年4月29日(米国東部時間))
http://www.mofa.go.jp/mofaj/na/na1/us/page4_001149.html
abe_beigikai_sensohouan_anpo
盗聴されつつも希望の同盟へ?(笑)
…….

国家戦略特区シンポジウム(平成27年6月26日開催)
虎ノ門ヒルズフォーラム 5階 メインホール
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/tocsymposium.html
kokkasenryakutokku_symposium_2015
アベノミクス第3の矢である「国家戦略特区」

開会挨拶「国家戦略特区シンポジウム」石破茂
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12056.html
国家戦略特区の改革のメニュー追加を通じ特区での取組を更に進化をさせたい、また、指定区域の拡大を図ることはもちろんですが、既に認められた規制改革事項を速やかに全国展開することを含めて、改革によるメリットを多くの地域が享受することができるよう、引き続き、最大限の努力をしていくつもりです。
(内閣府配布資料 PDF形式:3,148KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_naikakufu.pdf

セッションⅠ「パネルディスカッション①」
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12055.html
「国家戦略特区として目指すもの」をテーマに、パネルディスカッションを行いました。
モデレーター 平将明(内閣府副大臣)
パネラー
髙島宗一郎(福岡市長)資料(PDF形式:5,071KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_fukuoka.pdf
八田達夫(特区諮問会議有識者議員)
秋池玲子(特区諮問会議有識者議員)
スプツニ子!(現代美術家、マサチューセッツ工科大学助教)

セッションⅡ「プレゼンテーション」
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12054.html
「農業・医療改革、都市再生」をテーマに、指定特区の首長が取組みの成果を報告し、今後の方向性についてプレゼンテーションを行いました。
プレゼンター
篠田昭(新潟市長)資料(PDF形式:925KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_niigata.pdf
井戸敏三(兵庫県知事)資料(PDF形式:849KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_hyogo.pdf
前田信弘(東京都副知事)資料(PDF形式:3,263KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_tokyo.pdf
小泉一成(成田市長)資料(PDF形式:460KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_narita.pdf
黒岩祐治(神奈川県知事)資料(PDF形式:1,235KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_kanagawa.pdf

セッションⅢ「パネルディスカッション②」
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg12053.html
「養父×仙北 特区を活用した地方創生モデルの構築」をテーマに、パネルディスカッションを行いました。
モデレーター 竹中平蔵(特区諮問会議有識者議員)
パネラー
小泉進次郎(内閣府大臣政務官)
広瀬栄(養父市長)資料(PDF形式:2,035KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_yabu.pdf
門脇光浩(仙北市長)資料(PDF形式:851KB)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/sympo_senpoku.pdf
鯉渕美穂(MIKAWAYA21代表取締役社長)
…….

ポリシーウォッチ ロバートフェルドマン http://policywatch.jp/author/11
policywatch_robertfeldman
ロバート・フェルドマン、日本移民学校・自動移民権を提案

ポリシーウォッチ 代表 竹中平蔵 http://policywatch.jp/about
policywatch_takenaka
パソナ竹中平蔵 アベノミクス安倍晋三
安倍晋三「竹中先生の愛国者ぶりは理解していただけたのではないのかなぁと」
takenaka_abe
安倍晋三 「大変お疲れ様でございました。創生日本においてはですね、竹中先生の竹中路線に対する、ある意味誤解も含めた批判があったのも事実でございますが、今日その誤解の一部は解かれたのではないかと。西田さんと直接対決もしていただいたわけでありますが、竹中先生の愛国者ぶりは理解していただけたのではないのかなぁと。」
創生「日本」7月総会 講師:元総務大臣 竹中平蔵氏
http://youtu.be/U2Gxe7jA8iw?t=1h5m7s
…….

安倍ドリルで日本の中もグローバル
人材の活躍強化 ~日本の中もグローバル~
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/global.html
nihon_global
「そのとき社会はあたかもリセットボタンを押したようになって日本の景色は一変するでしょう」

中国人の皆さんに朗報です!!
さすが安倍さんグッジョブ、改正国家戦略特区法ありがとう!(笑)
cyugokujin_kokki
「自民、感じ悪いよね」

安倍さんは会食やゴルフ接待を利用し反日マスコミと闘っているのだ!(笑)
ginza-asami_nihonshoku
会食・日本料理店「銀座あさみ」 安倍晋三 NHK島田敏男 日テレ粕谷賢之 時事通信の田崎史郎 読売新聞の小田尚 日本経済新聞の石川一郎 朝日新聞の曽我豪 毎日新聞の山田孝男