南スーダン駆け付け警護?中国との戦いは?(笑)

遠いアフリカの南スーダンで、
武器を使って他国の部隊などを救援する駆け付け警護?
安倍自公政権は真っ先に中国と戦うんじゃなかったの?(笑)
安保法制反対派は中国の手先シナポチお花畑ブサヨだ~!?(笑)
いま増税を言う奴は全員中国共産党の手先だ~!」発言を思い出す(笑)
south-sudan

自衛隊は中国軍と手を携えて南スーダンで国連平和維持活動へ
chinese_peacekeepers_in_south-sudan
Chinese peacekeepers set up headquarters in South Sudan / CCTV News 2015/05/29 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=xRYSoEn-wAM

南スーダン国連平和維持軍 自衛隊は中国軍と共に平和維持活動へ
chinese_battalion_in_south-sudan
Chinese peacekeepers set up headquarters in South Sudan / CCTV News 2015/05/29 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=xRYSoEn-wAM

PKO参加の陸自部隊 任務追加で検討へ
NHKニュース 9月20日 5時20分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150920/k10010242571000.html

防衛省は、安全保障関連法が成立したことを受けて、南スーダンで国連のPKO活動に参加する陸上自衛隊の部隊に対し、武器を使って、他国の部隊などを救援する、いわゆる「駆け付け警護」などの任務を新たに追加する方向で検討に入ることにしています。

今の国会の最大の焦点だった安全保障関連法は、19日未明、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で成立しました。

これを受けて、防衛省は法律に基づいて、自衛隊の部隊が行動できる地理的な範囲や、携行できる武器の種類、使用方法などを任務ごとに定めた「部隊行動基準」の策定を行うことにしています。

そして、南スーダンで国連のPKO活動に参加している陸上自衛隊の部隊に対し、武装集団から危害を加えられるおそれがある他国の部隊などを武器を使って救援する、いわゆる「駆け付け警護」の任務や、外国軍隊とともに宿営地を防護するといった任務を新たに追加する方向で検討に入ることにしています。

現在、南スーダンに派遣されている部隊は、ことしの12月に交代することになっており、防衛省は早ければ、この際に新しく派遣される部隊に対して、そうした任務に当たるための訓練を行うことも検討しています。
…….

南スーダン共和国のサルヴァ・キール大統領と握手する安倍総理
平成25年5月31日 「TICAD V」(第5回アフリカ開発会議) 1日目午後
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201305/31ticadv1p.html
japan_southsudan

日・南スーダン首脳会談 平成25年5月31日 | 外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/page6_000081.html
冒頭、安倍総理から、(2011年7月の)南スーダンの独立後初となる日・南スーダン首脳会談を実現できて嬉しい、TICADプロセス20周年となるTICADVを機に、日・アフリカ双方の発展を目指したい旨発言しました。
安倍総理から、我が国は、ナイル架橋や河川港の整備等、南スーダンの平和と安定を引き続き力強く支援していく考えであり、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に派遣中の自衛隊施設部隊の活動地域を東及び西エクアトリア両州にも拡大する予定である旨述べました。
また、本年7月にも南スーダンに大使館を開設する考えである旨述べました。
更に、人材育成分野での支援継続及びインフラ分野の支援を検討していく旨、また、日本企業の南スーダン進出を期待する旨述べました。

南スーダンの首都ジュバ
juba_south-sudan
他国の部隊などを武器を使って救援する駆け付け警護?

南スーダン
かつて南部の黒人達はアラブ系やダルフール及びバハル・アル・ガザールなどの奴隷商人によって奴隷売買されていた。
1821年にスーダンの北部はエジプトが、南部は1877年にイギリスが占領した。
1898年にイギリスとエジプトによる共同統治(英埃領スーダン)が始まった。
イギリス統治時代の影響で英語が公用語であり、教育や北部との取引などで幅広く使われている。

アニミズムの伝統宗教(大地の神クウォス(イタリア語版)、クモの姿をしたトリックスター「トゥールTule」)とキリスト教を信仰するアフリカ在来の諸民族が多数を占める。
北部スーダンでイスラームを信仰するアラブ人が多数を占めているのとは対照的である。
この信仰の違いは、南スーダンの独立運動が過激化した理由の一つでもある。
南スーダンは周辺諸国と比較しても例外的にムスリムの人口比率が極めて低い。

2013年12月14日、同年7月に解任されたマシャール副大統領派によるクーデター未遂事件が発生するも失敗に終わったとされるが、その後もマシャール派・大統領派間の戦闘は継続し、翌年1月に両派間で停戦合意が結ばれたものの戦闘はおさまらず、その影響で避難民が100万人以上にのぼる事態となっている。
戦闘発生から1年経った2014年12月の時点でも戦闘は収まって居らず、国連によるとその影響による避難民は190万以上にのぼっている。

南スーダン議会の定数は170議席でほとんどの議席をスーダン人民解放運動が独占している。
主な政党はスーダン人民解放運動 (SPLM) で、ジョン・ガランが結成した。
現在の大統領はサルバ・キール・マヤルディ。

2013年5月31日、日本の安倍晋三首相とサルバ・キール・マヤルディ大統領の会談で、南スーダンに日本大使館を設置することが決定した。
…….

安倍総理大臣とキム世界銀行総裁との会談 平成25年6月2日
安倍総理大臣は、横浜市内で開催中の第5回アフリカ開発会議(TICADV)に参加のため来日中のジム・ヨン・キム世界銀行総裁と会談
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/page3_000199.html
abe_kim

岸田外務大臣とジム・ヨン・キム世界銀行総裁の会談 平成26年7月10日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_001052.html
kishida_kim
…….

中年世代・母親グループなど安保法制反対訴え
middles_anpohantai
安保関連法 中年世代・母親など反対訴え
NHKニュース 9月22日 17時37分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150922/k10010244441000.html
今月19日に成立した安全保障関連法に反対する中年世代や母親などのグループが東京・渋谷に集まり、「日本の平和主義を守るため反対の声を上げ続けよう」などと訴えました。
今回は、40代から50代の社会人を中心にした「MIDDLEs」というグループや、母親たちのグループなどが呼びかけたもので、主催者の発表でおよそ500人が集まりました。
参加者たちは「安全保障関連法は民意を無視した法律だ。日本の平和主義を守るために反対の声を上げ続けよう」と訴え、「戦争させない」などと書かれたプラカードを掲げて渋谷の街をデモ行進しました。
渋谷は多くの若者などで賑わっていましたが、足を止めて中年世代や母親たちの訴えを聞いていました。
5歳の息子と参加した50歳の男性は「息子の世代が戦争できる社会になってしまうのではないかと心配です。子どもには、きょう一緒に反対する活動に参加したことを覚えていてほしい」と話していました。
…….

安保法案 どさくさ採決は認めない 東大名誉教授ら賛同呼び掛け
2015年9月22日 東京新聞朝刊(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015092202000133.html

与野党議員がもみ合いになる中で安全保障関連法案を可決した十七日の参院特別委員会の議決は「参院規則の表決の要件を満たしていない」などとして、東京大の醍醐聡(だいごさとし)名誉教授(会計学)らは、議決がなかったことの確認と審議続行を参院議長や特別委員長に申し入れようと、市民に賛同を呼び掛けている。二十日午前十時半ごろ集め始めたインターネットの署名への賛同は二十二日午前一時までに六千百筆を超え、政府与党への批判が急速に広がっている。 (西田義洋)

十七日の参院特別委では、民主党が提出した鴻池祥肇(こうのいけよしただ)委員長の不信任動議が与党などの反対多数で否決された直後、鴻池氏が委員長席に着席。野党の議員が採決を阻止しようと、一斉に委員長席を取り囲み、与党議員と押しくらまんじゅう状態になった。

安保法案の質疑打ち切り動議が与党などの賛成多数で可決され、野党議員の「やめろ」「無効だ」の叫び声が上がる中、安保法案は与党などの賛成多数で可決されたという取り扱いになっている。

しかし参院規則では、議長が採決する時は議題を宣告した上で、賛成議員の起立で多数か少数かを認定し、結果を宣告すると規定されている。翌十八日には弁護士有志二百二十五人が「法的にみて議決とは認められない」と、議決がなかったことの確認と審議再開を参院議長らに要請した。

醍醐氏も「参院のインターネット中継やテレビ中継で見る限り、委員長の議事進行の声を委員が聞き取れる状況になかったことは一目瞭然。委員長も動議提出の声を聞き取り各委員の起立を確認できる状況になかった」と指摘。「未定稿の速記録でも『議場騒然、聴取不能』と記されるのみで、議事進行を促す委員長の発言も質疑打ち切り動議の提案も記されていない」と批判している。

醍醐氏が十八日、参院事務局に「鴻池氏は自席で起立した委員を確認できない状況で、どうして賛成多数を認定できたのか」などと問い合わせたところ、事務局の担当者は「委員長は見えたんだと思いますよ」などと回答したという。

醍醐氏は「このようなあまりに理不尽な状況が既成事実としてまかり通るのを見過ごすことはできない」としている。署名活動の賛同者からも、「議事録に記録されていない議事は、存在しない」などの意見が寄せられているという。

申し入れは今国会会期末の二十七日までに提出する。会期末まで時間が切迫していることから、賛同の署名はインターネットのみで受け付ける。締め切りは二十五日午前十時。署名のURLは、
http://netsy.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-6f5b.html
…….

中国軍 国連南スーダン平和維持軍
china_in_south-sudan
Last detachment of China’s peacekeeping infantry battalion to leave for South Sudan
http://english.gov.cn/news/top_news/2015/04/07/content_281475084860128.htm
The last 130 members of China’s first infantry battalion of 700 peacekeepers set off for South Sudan on April 7 in Jinan, Shandong province. Among them are 13 female soldiers who will participate in a peacekeeping mission for the first time.[Photo by Feng Yongbin/China Daily]

中国軍 南スーダン 国連PKO
southsudan_china
S.SUDAN / CHINESE BATTALION | UNifeed
http://www.unmultimedia.org/tv/unifeed/2015/05/s-sudan-chinese-battalion/
Posted at: May 26, 2015 4:43 pm

STORYLINE:

The first Chinese Peacekeeping Infantry Battalion to be deployed in a Peacekeeping Mission held the Inauguration ceremony for its headquarters in Juba, South Sudan Tuesday.

The battalion which is made up of seven hundred men and women arrived in January 2015 and have been working to set up their headquarters in the UN Mission in South Sudan (UNMISS)

The Battalion is a part of the surge force of 12,500 which was authorized by the UN Security Council on 24 December 2013 to help the Mission to carry out its new mandate. The 700 men and women will join the 350 Chinese engineers, medical and other non-combatant personnel who are already serving in the Mission.

The battalion headquarters’ gates were opened by the resident Chinese Ambassador to South Sudan Ma Qiang who beat a traditional Chinese drum whilst the gates were being opened.

SOUNDBITE (ENGLISH) Ma Qiang – Chinese Ambassador to South Sudan:
“It is the first time that China sends out Peacekeeping Infantry troops to Africa which show that China has participated in the African peace and security affairs constructively and that Chinas Peacekeeping task in South Sudan has entered a brand new period.”

China first took part in Peacekeeping Operations in 1990 and to date has contributed more than 30,000 Peacekeepers to 24 different Peace keeping Missions. They have made the largest contribution of the permanent five members of the Security Council. The unit deployed Tuesday is the first specifically infantry outfit deployed as such.

Ellen Margrethe Loej, the United Nations Mission in South Sudan Special Representative of the Secretary General inspected the troops. She said that this ceremony today shows that in South Sudan China has spared no effort in contributing to peace and security.

SOUNDBITE (ENGLISH) Ellen Margrethe Loej – United Nations Mission in South Sudan Special Representative of the Secretary General:
“I am pleased to note that the first ever Chinese Infantry battalion in the history of UN Peacekeeping which is 700 men and women strong was deployed to south Sudan and part of them are standing in front of us. No doubt in recognition of the very big challenges faced by this country.”

With over 130,000 internally displaced persons occupying UNMISS premises throughout the country, this new addition to UNMISS’s Force will be engaged primarily in the protection of civilians living in or near the Mission’s UN House property. They will carry out patrols in and around the capital of Juba and assist in the escorting of Humanitarian relief supplies and the guarding of UN assets.

The Chinese Battalion is under the command of Colonel Wang Zhen. UNMISS Sector South Commander; Senior Colonel Ning Ma is the Commanding Officer of all the Troops that fall under the Sector South area. This includes the new Chinese Battalion. He expressed his pleasure of the arrival of the battalion to supplement the Force.

SOUNDBITE (ENGLISH) Senior Colonel Ning Ma – Sector South Commander UNMISS:
“A Chinese Battalion with 700 strong troops will bring to the force much needed addition strength, complete the Mission surge and especially given the current difficult situation, will bring to the Mission much needed force asset. I believe CHN Batt as demonstrated today with a well-trained and disciplined soldier will contribute tremendously to the Missions mandate.”
…….

南スーダンで「駆け付け警護」 自衛隊に犠牲者が出るリスク
モンゴルで自衛隊と人民解放軍が・・・
石田純一 安倍晋三 麻生太郎 SEALDsシールズ 人工芝 共産党