「思想犯」の復活 国会前大量逮捕

「思想犯」の復活 国会前、大量逮捕 / 田中龍作ジャーナル 2015年9月25日 21:49
shisouhan
「警察は狙いをつけると総がかりで襲いかかり、身柄を確保していった」

「思想犯」の復活 国会前、大量逮捕 / 田中龍作ジャーナル 2015年9月25日 21:49
http://tanakaryusaku.jp/2015/09/00012062

(略)

久松署に留置されていた男性は、耳を疑いたくなるようなことを刑事に言われた。

「ここには殺人(犯)もいる。強姦(犯)もいる。思想犯ばかりじゃないからね」と。

男性は「思想犯と言いましたね?」と刑事に質した。刑事は「暴力につながる思想が問題だ」と突っぱねた。まるで戦前の特高警察ではないか。

検察が勾留請求できなかったために男性は逮捕から2日目で釈放された。にもかかわらず警察は彼を思想犯扱いにしたのである。

政府の方針に反対するデモ参加者は思想犯扱いし、手あたり次第に逮捕する。それが当たり前の時代に入ったのだろうか。
…….

安倍晋三
abe_ahonomics
安倍内閣総理大臣 つまり、憲法とはまさに権力を縛るためだけのものであるという考え方については、それは古いものではないかということでございまして、そして、その中で生まれたということについては、それは古いものではないか。

つまり、例えば、今我々が憲法を改正しようということについては、国家権力を縛るためだけにつくるということではなくて、むしろ、私たちの理想を、例えば前文が一番いい例なんですが、国のあり方、そして私たちの理想と未来について語るものこそ、それは憲法の前文ではないか、こう思うわけでございますが、その中において、当然、これは国民の権利をしっかりと、人権を書き込んでいくわけでありますから、その中においては、国家の権力が縛られていくということが書き込まれていくということは当然のことであります。

つまり、憲法が、まさに権力対人民という対立概念だけの中における憲法ということではないということは、前回申し上げたとおりでございます。

衆議院 第186回国会 予算委員会 第5号 (平成26年2月10日(月曜日))
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/001818620140210005.htm
…….

「憲法改正草案」を発表 / 自民党
https://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html
日本国憲法改正草案(全文)PDF形式 / 自民党
https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf
日本国憲法改正草案 Q&A(増補版)PDFファイル / 自民党
https://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/kenpou_qa.pdf
…….