「日本人標的」バングラデシュ邦人射殺

「日本人標的」
scope_target
日本人だから「テロの標的」にされる
…….

安倍晋三「日本人には指一本触れさせないのだ」???
abe_yubi-1pon-furesasenai

安倍晋三「日本は変わったんだ、日本人には指一本触れさせないのだと、世界に知らしめないといけない」
abe_isuramukoku_tero_yubi-1pon
河井克行さんが写真2件を追加しました。2015年2月3日
昨夜、派閥を超えた議員集団「きさらぎ会」(会長:鳩山邦夫・元総務大臣)の新年会を都内港区ホテルで開催したところ、ISIL人質事件発生後初めて夜の日程を入れた安倍総理大臣が駆けつけていただきました。疲れを感じさせない実に元気そのもののお姿。この時期に時間を割いていただいた安倍総理大臣のご配慮に、「きさらぎ会」幹事長として深く感謝します。
鳩山邦夫会長が「テロリストたちに必ず罪を償わさせるという総理の発言に感銘した。大宰相への道を歩まれている」と述べると、安倍総理大臣は「罪を償わさせるという言葉は、同じく自国民が犠牲になったイギリスのキャメロン首相も使った。日本は変わったんだ、日本人には指一本触れさせないのだと、世界に知らしめないといけない」と演説。参加した75名議員全員が大きな拍手を送りました。
国難とも言うべきこのときにあって、安倍総理大臣のようにぶれない強い指導者を持つ日本の幸運を、私はかみしめました。
これからも、「きさらぎ会」所属114名の国会議員は、なにがあろうとも、安倍総理大臣を一致して支えつづけます。
写真は、司会者席から撮りました。安倍総理大臣の手前後ろ姿が、鳩山邦夫会長です。
https://www.facebook.com/kawaikatsuyuki/photos/pcb.380379008802693/380371102136817

….

銃撃で死亡したのは雫石出身の男性 (IBC NEWS 2015年10月04日 17:45 更新)
http://news.ibc.co.jp/item_25462.html
岩手県に本籍がある男性が、バングラディシュで銃撃を受け殺害された事件で、男性は雫石町出身で30年ほど前から東京に移り住み、8月からJICAの海外支援として、現地を訪れていたことがわかりました。
この事件はバングラディシュ北部のランプルで3日午前、現地警察によりパスポートから岩手県に本籍があると判明した、星邦男さん66歳がバイクに乗った複数の男に、胸を打たれ殺害されたものです。過激派組織「イスラム国」の関連組織を名乗る犯行声明が3日、インターネット上に出されました。
星さんの親族によりますと星さんは、20代半ばまで雫石町で農業に従事したあと、30年ほど前に東京に移り住み、主に農業指導の仕事を行っていたということです。星さんはこれまでも2、3回海外で農業指導を行ったことがあり、今回はJICAの海外支援として、バングラディシュで農業指導を行っていました。
…….

バングラデシュ日本人殺害・被害者は雫石町出身の男性(岩手県)NNNニュース
http://www.akita-abs.co.jp/news/nnn/news88510263.html
バングラデシュで3日、日本人男性が射殺された事件で、殺害されたのは、雫石町出身の星邦男さん66歳と分かった。星さんの親戚や同級生から死を悼む声が上がっている。この事件は、バングラデシュ北部のロングプール県で3日、日本人の男性が胸などを銃で撃たれ、死亡したもの。
親戚などによると、この男性は、雫石町出身の星邦男さん66歳と分かった。星さんは地元の高校を卒業後、父親と共に米作りや酪農に携わり、約30年前、埼玉県朝霞市に移り住んで農業をしていた。また年に1度は帰省し、同級生と交流していたほか、去年11月には中学校の同級会にも参加していた。
今年8月、バングラデシュに農業を伝えるため、現地に入ったという。同級生は「バングラデシュに行くのって言ったら『農業をやりに行くんだ』と、燃えてる感じで明るく話していた。ショックを受けている」と話していた。 [ 10/5 20:15 テレビ岩手]
…….

バングラデシュ射殺 ついに現実となった「日本人標的」の衝撃
日刊ゲンダイ 2015年10月5日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/165044/1
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/165044/2
バングラデシュで、「イスラム国(IS)」を名乗る組織が日本人を銃殺した事件は衝撃だ。殺害理由は恨みや盗み目的ではない。「日本人」だったからだ。安倍首相が1月にカイロで「ISと戦う」と演説した“宣戦布告”によって、いよいよ日本人だから「テロの標的」にされることが現実となったのだ。

現地の報道などによると、バングラデシュ北西部のランプル地区で3日、星邦男さん(66)が三輪自転車タクシーに乗っていたところ、突然、バイクに乗った3人組の武装集団に銃撃された。星さんは病院に搬送されたものの、死亡が確認された。武装集団は9月28日にダッカでイタリア人男性を銃殺した組織と同一とみられ、欧米や日本の大使館が警戒を呼び掛けていたところだった。

8月に入国し、現地で農業技術の指導などに携わっていた星さん。途上国支援のために尽力していたのに銃殺されるとは想像すらしていなかっただろう。許せない話だが、ハッキリしたのはISなどのテロ集団にとって、もはや「日本人」は敵としか映っていないことだ。ISが「日本人標的」を公言している以上、バングラデシュに限らず、イスラム教徒が多い地域で同様の襲撃事件が起きる可能性は高い。

「公安調査庁の報告書によると、東南アジアでは、すでにイスラム国家樹立を目指してインドネシアで活動中の武装集団『ジェマー・イスラミア(JI)』がいます。戦闘員は把握されているだけで約900人。さらに近く、収監中の幹部約200人が刑期を終えて続々と出所してくる予定です。ISの思想に感化されたら暴走は確実です」(外交ジャーナリスト)

東南アジアを訪れる日本人観光客は夏休み期間だけで30万~40万人にも上る。標的となった日本人が今後、あちこちでIS戦闘員らに襲われるかもしれない。集団的自衛権の行使を容認した安倍政権が、ここぞとばかり、対ISの有志連合に自衛隊を派遣して掃討作戦に参加する――と言い出すだろうが、そうなれば泥沼化は必至だ。

軍事ジャーナリストの神浦元彰氏はこう言う。

「米ロによるシリアのIS掃討作戦によって戦闘員が今、国外にどんどん逃げ出しています。彼らが向かう先は南アジアや東南アジアなどで、今後、そういった地で元戦闘員が襲撃事件を起こす可能性があります。当然、彼らにとって“敵”である日本人が狙われることになります」

安倍首相の愚かな“宣戦布告”で一体、何人の日本人犠牲者が出るのか。
…….

星邦男さん
kunio-hoshi
殺害された星さんを知る人「物静かで穏やかな方」
News i – TBSの動画ニュースサイト (05日16:54)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2605300.html
バングラデシュで殺害された星邦男さんに農業指導を受けていた20年来の知り合いの女性は、星さんについて次のように話しています。
「とても物静かな方で穏やかな方。非常にひょうきんなところもあって。無念ですね。愛国心のある人で、世界に対し向けている愛情が大きい人」(農業指導を受けていた川井範子さん)
星さんは、2年ほど前から農業の指導をするためにバングラデシュをたびたび訪れていたということです。

星邦男さん
hoshikunio_bangla
バングラデシュ邦人射殺、「イスラム国」関連組織を名乗る犯行声明
News i – TBSの動画ニュースサイト (04日16:41)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2604387.html
“リキシャ”と呼ばれるカートに乗り農場に向かっていたところを、覆面をした2人組の男に銃撃され、病院への搬送中に死亡しました。2人組はバイクで待っていたもう一人とともに逃走したということで、星さんは待ち伏せされていた可能性があります。
親族によりますと、星さんはJICAの海外支援事業の一環で、8月から現地で農業指導などを行っていました。
「1人がそこに、2人がここに立っていた。やつらは男性に銃弾を浴びせ、立ち去った」(目撃者)

星邦男さん
hoshikunio_rangpur_bangladesh
バングラデシュ日本人殺害 計画的犯行か NHKニュース 10月5日 19時05分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151005/k10010259401000.html
バングラデシュ北部のロングプールで、3日、現地に住む岩手県出身の星邦男さん(66)が銃で撃たれて死亡しました。警察では検視を行い、立ち会った地元の医師によりますと、星さんは至近距離から胸のあたりや首などに銃撃を受けていたことが分かったということです。

日本人の不信心者を殺害
terror_is_bangla
バングラデシュ 日本人殺害

ISのバングラデシュ支部を名乗る組織
「ISと戦う有志連合に参加する日本の国民を追跡したすえに銃で殺害した」
「有志連合に参加する国の国民に対する作戦はこれからも続く。イスラム教徒の国に彼らの安全はない」
is_terror_bangla
今後も外国人を狙った犯行を繰り返す可能性を示唆

バングラデシュで邦人殺害 IS名乗る組織が犯行声明
NHKニュース 10月4日 5時15分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151004/k10010258021000.html
バングラデシュで3日、日本人男性が銃で撃たれて死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートを名乗る組織が、この男性を殺害したと主張する声明を出しました。声明の信ぴょう性は確認されていませんが、地元の警察が背景などを調べています。

バングラデシュ北部のロングプールで、3日、男性が3人組の男に胸などを銃で撃たれて死亡し、首都ダッカにある日本大使館は、この男性が60代の日本人であることを確認しました。

日本大使館は、男性の名前など詳しいことは明らかにできないとしていますが、地元の警察によりますと、死亡したのは、ホシ・クニオさん(66歳)で、ことし8月下旬にバングラデシュに入国し、ロングプールで農業関係のプロジェクトに関わっていたということです。

今回の事件について、過激派組織ISのバングラデシュ支部を名乗る組織がインターネット上に声明を出し、「ISとたたかう有志連合に参加する日本の国民を追跡したすえ、銃で殺害した」として、みずからの犯行だと主張しました。

この組織は、先月28日にダッカでイタリア人男性が銃撃されて死亡した事件でも声明を出しています。いずれの声明も信ぴょう性は確認されておらず、地元の警察は、3人組の行方を追うとともに背景などを調べています。

一連の事件で、日本や欧米各国の大使館は、現地に滞在する自国民に対し、外国人が集まる場所などに近づくのを控えるなど、注意を呼びかけています。

IS名乗る組織の声明

過激派組織IS=イスラミックステートのバングラデシュ支部を名乗る組織が3日に出した声明では、「ISと戦う有志連合に参加する日本の国民を追跡したすえに銃で殺害した」として、みずからの犯行だと主張しています。

そのうえで、「有志連合に参加する国の国民に対する作戦は、これからも続く。イスラム教徒の国に彼らの安全はない」として、今後も外国人を狙った犯行を繰り返す可能性を示唆しています。
…….

バングラデシュ 日本人銃撃
muslim_bangla
バングラデシュ国内のイスラム勢力関与の疑い

バングラデシュのハシナ首相「国内のイスラム勢力が関わった疑いがある」
bangla

ダッカ日本商工会の会頭「日本人が被害にあい非常にショック」
nihonjin

バングラデシュの首都ダッカにある日本人学校も休校
nihonjingakko
邦人銃撃 バングラデシュ

邦人銃撃 バングラデシュのイスラム勢力関与か
NHKニュース 10月4日 19時02分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151004/k10010258491000.html
バングラデシュで3日、日本人の男性が銃で撃たれて死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートの支部を名乗る組織が、日本人を殺害したと主張する声明を出しました。これについて、ハシナ首相は、国内でISの存在は確認されていないとしたうえで、国内のイスラム勢力が関わった疑いがあるという見方を示しました。

バングラデシュ北部のロングプールで、3日、日本人男性が銃で胸などを撃たれて死亡し、持っていたパスポートから、現地に住む星邦男さん(66)と確認されました。

地元の警察によりますと、発砲したのは3人組の男で、現場からオートバイで走り去り、警察が行方を追っています。

この事件について、過激派組織ISのバングラデシュ支部を名乗る組織が、インターネット上に、日本人を殺害したと主張する声明を出しました。ISの支部を名乗る組織は、先月28日に首都ダッカで起きたイタリア人男性の殺害事件でも同様の声明を出しています。

これについて、バングラデシュのハシナ首相は記者団の質問に対し、「国内でISの存在は確認されていない」と述べたうえで、国内のイスラム勢力が関わった疑いがあるという見方を示しました。

バングラデシュでは、ことしに入って、過激な思想を批判していたブロガー4人が相次いで殺害され、国内のイスラム過激派の関与も疑われています。ただ、外国人が相次いで殺害される事件は最近では例がなく、現地に滞在する外国人の間で不安が広がっています。

IS 日本も攻撃対象として名指し

過激派組織ISは、先月、インターネット上で公開した英語版の機関紙「ダービク」で、ISの支持者に対して「十字軍の連合に加わる国は70か国以上ある。十字軍の国民であれば、世界のどこであっても殺害すべきだ」として、ISに対抗する国々の国民を攻撃するよう呼びかけていました。

対象とする国として日本も名指ししていたほか、具体的な攻撃の対象として日本の外交官なども挙げていました。

これを受けて日本政府は、海外のすべての大使館や総領事館に対して、現地の情報機関や警備当局と連携を密にして情報収集に当たることや、現地に住む日本人に対する注意喚起や警備の強化を指示していました。

ダッカ日本商工会の会頭「非常にショック」

バングラデシュに進出している230社余りの日系企業で作る「ダッカ日本商工会」の会頭で、丸紅ダッカ支店長の佐野智哉さんは、NHKの電話取材に対して、「先月、ダッカの外国人が多く住む地域でイタリア人が殺害され、欧米の人たちが危ないと言われていたが、事件が起きて非常にショックです」と話し、驚きを隠せない様子でした。

佐野さんの会社では、バングラデシュ国内で日本人9人を含むおよそ90人の社員が働いていますが、事件を受け、外出の際は必ず車に乗ることや、常に携帯電話を持ち歩き、緊急時に連絡できるようにするなどの対応を取っているということです。

また、佐野さんは、「バングラデシュは人口が1億人を超え、国内市場が大きいだけでなく、繊維産業を中心に輸出の一大基地としても大きな期待を集めているだけに、事件で国のイメージが傷つき、各社がビジネスに及び腰になることを懸念しています」と話していました。

日本人学校も休校

この事件を受けて、バングラデシュの首都ダッカにある日本人学校は、平日に当たる4日も授業が行われる予定でしたが、安全を確保するため、休校の措置を取りました。

ダッカの日本人学校には小学部と中学部、合わせておよそ30人が通っています。

学校はイスラム教の休日に当たる金曜日と、土曜日以外の日曜日から木曜日まで授業を行っていますが、事件を受けて、4日は休校することを決めたということです。

5日以降、授業を行うかどうかは、現地の日本大使館と協議をして決めるということです。

専門家 ISに同調する勢力の犯行との見方

イスラム過激派組織の動向に詳しい、日本エネルギー経済研究所の保坂修司研究理事は、「これまでバングラデシュではISの目立った活動はなく、意外だ」と述べました。

そして、「今回の声明は、従来ISが出している声明と同じフォーマットが使われている一方、ISの州や県を意味する表記が使われておらず、正式な組織ではないとみられる」として、シリアやイラクを拠点に活動するISとは組織として直接的なつながりはないとの見方を示しました。

そのうえで、「去年の段階で、バングラデシュから少なくとも何人かがシリアに渡っており、帰国した戦闘員が組織を作って事件を起こしたことも考えられる」として、ISに同調するバングラデシュ国内の勢力による犯行との見方を示しました。

また、日本人が殺害されたことについては、「声明では、日本をISが敵視する十字軍連合の一員だとしており、そうした認識が過激な思想の組織で共有されていることが分かる」と指摘しています。
…….

過激派組織ISが運営するラジオが星邦男さん殺害の犯行声明の内容を伝える
is-radio

「ISと戦う有志連合に参加する日本の国民を狙った」(ISラジオ)
isradio_nihon
星邦男さん射殺

バングラデシュ 邦人殺害 ISラジオが声明伝える
NHKニュース 10月6日 7時13分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151006/k10010260281000.html
バングラデシュで日本人男性が銃で撃たれて死亡した事件で、過激派組織IS=イスラミックステートが運営するラジオは、ISの支部を名乗る組織が先に出した、男性を殺害したと主張する犯行声明の内容を伝えました。
この事件は、バングラデシュ北部のロングプールで3日、岩手県出身で現地で農業関係のプロジェクトに携わっていた星邦男さん(66)が銃で撃たれて死亡したものです。
この事件について、過激派組織ISがインターネットを通じて放送しているラジオは4日、「ISと戦う有志連合に参加する日本の国民を追跡した末、銃で殺害した」と伝えました。
この内容は、ISのバングラデシュ支部を名乗る組織が前の日にインターネット上に出した犯行声明と全く同じもので、声明自体の信ぴょう性は確認されていません。
事件の犯行グループについては、バングラデシュのハシナ首相がISではなく、国内のイスラム勢力が関わった疑いがあるという見方を示していて、背後関係は依然分かっていません。地元の警察は、現場から逃走した3人組の男の行方を追うとともに、背景などを調べています。
…….

日本人というだけで襲撃される
イスラム国「十字軍に参加した日本に苦痛与えた」チュニジア博物館襲撃テロ
…….