増田寛也 都知事選2016候補

増田寛也 都知事選2016候補
masudahiroya_twitter

増田寛也(ますだひろや) ‏@hiroyamasuda 7月15日
今井絵理子・参議院議員@Eriko_imai に手話も交えて熱い応援をいただきました。「オリンピック、パラリンピックに向けて実績のある方に東京をお任せしたいと思っております」
#都知事選 #増田寛也
https://twitter.com/hiroyamasuda/status/753860559657775104
masudahiroya_tochijisen2016

増田寛也(ますだひろや) ‏@hiroyamasuda 7月15日
演説終了後、今井絵理子・参議院議員@Eriko_imai 、高校生の皆さんとご一緒に記念写真を撮らせていただきました。女性が安心して働き、安心して子育てできる東京を作って参ります。 #都知事選 #増田寛也
https://twitter.com/hiroyamasuda/status/753865112197267457
masuda_imai_tochijisen2016
….

日韓 増田寛也
japan_southkorea

日韓グリッド接続構想の展望は 増田寛也氏に聞く 日本創成会議 座長
2011/12/29 7:00 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXZZO37606490X21C11A2000002/

スーパーグリッドをアジア大洋州地域で築く第一歩として、日韓の接続を掲げた日本創成会議。座長を務める増田寛也・元総務相に狙いや今後の展望を聞いた。

■民間ベースで推進

――日本創成会議として2011年10月にまとめた初の提言でグリッド接続を取り上げた。

まず韓国とのコネクション(接続)を一番急ぐべきだと考えている。当初、日本が接続する相手として考えられるのは韓国か台湾だが、台湾は政治的にハードルが高い。(地理的には)韓国が一番近い」

――具体的な接続の地点や投資額は。

「費用としては200億~300億円程度でできる。日本の地点は九州でしょう。韓国側のどこであげるかは先方の判断になるが、福岡と釜山が最短ルートにはなる。距離で言うと200キロメートルくらい。欧州では600キロくらいで海底ケーブルですでに送電しているので、欧州から見れば至近距離だ。欧州では北海とかバルト海とかに海底ケーブルを通して相互接続している国々があり、技術的には全く問題ない」

――実現の目標時期は。

「2015年から20年までの間にめどを付けたい。そのためにも、できるだけ早く韓国との協議を始めたい。放置しておくと、アジア地域のグリッド接続プロジェクトを欧州勢に取られる可能性もある」

――韓国とどうやって電力をやり取りするのか

海底ケーブルを介して直流送電する。電気を使う段階で交流に変換する。この融通体制は基本的にはバックアップ用だ。夏や冬場の本格的なピーク時に、互いに電力を融通できる体制を整えておく。(計画停電などをせずに)企業が生産活動を継続できるメリットは大きい」
….

内なるグローバル化
日本創成会議 第2回提言「地域開国:グローバル都市創成
日本創成会議 座長 増田寛也
http://www.policycouncil.jp/pdf/prop02/siryo2.pdf
….

朝日健太郎 三原じゅん子 今井絵理子