トランプとウォール街

ウォール街とトランプ

“ドナルド・トランプ氏が勝利したことで、大企業を利してきた世界的な権力構造が覆されることになった。ただ、トランプ政権の要職にはウォール街出身の金融専門家をはじめ成功した実業家が就く可能性がある。”
トランプ氏の顧問団、ウォール街出身者ずらり
財務長官にゴールドマン出身のムーニュチン氏起用か
WSJ 2016年11月10日 17:19 JST
http://jp.wsj.com/articles/SB11842517604067003472604582427693708432320
….

Stay vigilant.
….

「(TPPは)大変厳しい状況になってきたと認識している」安倍晋三
abe_tpp

“「大変厳しい状況になってきたと認識している」。環太平洋経済連携協定(TPP)の発効について、安倍晋三首相が14日の参院特別委員会でこう答弁した。米オバマ政権は任期中の議会承認を事実上断念。政府は、TPP離脱を掲げて次期大統領に選ばれたトランプ氏の翻意に、わずかな望みをつなぐ。”
トランプ氏翻意に望み 首相、TPP発効「大変厳しい」 17日会談へ 補佐官渡米
朝日新聞デジタル 2016年11月15日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S12657931.html

“米大統領選に勝利したトランプ氏を巡り、日本への影響を探る声が相次いでいる。日本商工会議所の三村明夫会頭は11日の記者会見で、トランプ氏が環太平洋経済連携協定(TPP)の批准に反対していることについて「ビジネスマンは常に翻意する」と話した。重ねて「日本はグローバル化のなかでしか生きていけない」と強調、トランプ氏の心変わりに期待をかけた。一方、アジア開発銀行(ADB)の中尾武彦総裁は11日に都内で講演し「米国が今後もアジア太平洋地域に関与し続けることが地域の安定と繁栄につながる」との考えを示した。トランプ氏の保護主義姿勢をけん制した。米連邦準備理事会(FRB)が利上げに踏み切った場合の影響については「アジアにはそれほど大きくない」とした。”
トランプ氏の出方に注目 「TPP翻意を」「地域関与を」
日本経済新聞 2016/11/11 21:55
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H38_R11C16A1EE8000
….

Donald TrumpI will announce our withdrawal from the Trans-Pacific Partnership.
https://youtu.be/uisCGi0p6nM?t=18m38s
trump_withdrawal_from_tpp

Full Speech: Donald Trump Foreign Policy Speech In Gettysburg, PA (10/22/2016) First 100 Day Plan

….

トランプ氏顧問「米国のAIIB不参加は誤り」=香港紙
ロイター 2016年11月11日 12:20 JST
http://jp.reuters.com/article/usa-election-china-infrastructure-idJPKBN13607Q
http://archive.is/nOOch
[香港 10日 ロイター] – ドナルド・トランプ次期米大統領の上級顧問(安全保障問題担当)を務めるジェームズ・ウルジー氏は、オバマ政権は中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に参加すべきだったとの認識を示した。オバマ政権はAIIBへの参加を見送ったが、トランプ政権発足後に米国が方針を転換する可能性もある。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。ウルジー氏は同紙に対し、AIIBへの参加見送りを「戦略的な誤り」と批判。中国の現代版シルクロード構想「一帯一路」についても、トランプ氏の反応が「ずっと温かな」ものになると期待していると述べた。

トランプ氏の上級顧問、AIIB不参加「誤り」
2016年11月11日 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO001479/20161111-OYT1T50130.html
http://archive.is/MiLgp
特集 米大統領選 【広州=幸内康】米大統領選で当選したドナルド・トランプ氏の上級顧問(安全保障担当)のジェームズ・ウールジー氏(元中央情報局長官)は、中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」に米国が参加しなかったことについて「戦略的な誤り」との認識を示した。香港紙サウスチャイナ・モーニングポストが11日付で伝えた。ウールジー氏は、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」について、トランプ氏からはオバマ大統領より「ずっと温かな」反応が期待できるとの見通しも明らかにした。AIIBは「一帯一路」構想を資金面で支える役割を果たす。カナダが8月末に参加表明し、先進7か国(G7)のうち参加していないのは、米国と日本の2か国となっている。米国がAIIBに加われば通商や国際金融のみならず、安全保障の面からも政策変更となる。

US opposition to AIIB ‘strategic mistake’, says senior Trump adviser
South China Morning Post
PUBLISHED : Thursday, 10 November, 2016, 5:29pm
UPDATED : Friday, 11 November, 2016, 12:53pm
http://www.scmp.com/news/china/diplomacy-defence/article/2044829/us-opposition-aiib-strategic-mistake-says-senior-trump
http://archive.is/1OcDb
….

TPP署名国、無発効なら中国中心の協定に焦点移す用意=USTR代表
ロイター 2016年11月19日 08:36 JST
http://jp.reuters.com/article/tpp-idJPKBN13D2R2
[リマ 18日 ロイター] – 米通商代表部(USTR)のフロマン代表は18日、環太平洋経済連携協定(TPP)が発効しない場合、同協定にこれまでに署名した国は中国を中心に交渉が進められている「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」に焦点を移す用意があることを明らかにしたと述べた。フロマン代表はリマで開かれているアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でTPP署名国がこうした見解を明らかにしたとしている。同代表は記者会見で、米国がTPPに後ろ向きな姿勢を示していることで中国が主導権を発揮する意欲を示しているとし、TPP署名国は米国が主導することを望んでいるが、米国抜きでのTPPも検討する用意があることを明らかにしたと述べた。

“Countries that signed the Trans-Pacific Partnership (TPP) free trade pact have said at the APEC summit in Lima they could focus on the China-led Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP) if TPP does not move forward, United States Trade Representative Michael Froman said on Friday.
The perception that the United States is pulling back on free trade is creating a void China is willing to fill, Froman said in a briefing with reporters. He said partners in the region have told him they want U.S. leadership on trade but could also consider a pact based on TPP without the United States. ”
Countries that signed TPP could focus on China-led agreement: Froman
REUTERS, Fri Nov 18, 2016 | 2:55pm EST
http://www.reuters.com/article/us-apec-summmit-froman-idUSKBN13D2HG
….