外国人家事代行 事業者認定 パソナなど

「外国人家事代行」事業者認定 FNN News 2017/2/23 22:35
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00350702.html

外国人労働者による家事代行サービス事業者を認定。

小池都知事は、「家事支援ということで、社会で働く機会に恵まれず、家事を優先する女性たちのエネルギーやスキルを、もっともっと生かすということ」と述べた。

東京都は、国家戦略特区を活用した外国人労働者による家事代行サービスを手掛ける事業者として、清掃大手の「ダスキン」と、介護大手の「ニチイ学館」、人材派遣大手「パソナ」、家事代行の「ピナイ・インターナショナル」、家事代行の「ベアーズ」、教育・介護の「ポピンズ」を認定した。

入管難民法は、家事支援を目的とする外国人の在留資格を原則認めていないが、国家戦略特区では、一定の条件を満たす事業者が雇用する場合のみ、受け入れることができるようになる。

認定は、神奈川県と大阪市に続き、3例目という。
….

Advertisements