日本に改憲を迫るアメリカの改憲圧力

KAIKENが自分の首を絞める結果を招くことに気づかない日本人
日本に改憲を迫るアメリカ 改憲圧力
kaiken-atsuryoku_america

nihonjin_kenpou_nhk_0-3

憲法は押しつけられたものなのか?憲法調査会は会長自らアメリカに赴き、制定の過程を検証しました。GHQの関係者に直接聞き取りを行ったほか、関係資料も収集しました。800ページに及ぶ報告書です。

調査団は、日本人の意思で憲法を起草するのが望ましいとするアメリカの文書を発掘。そのうえで、憲法制定にあたってニッポンの憲法学者らの考えも相当に重要視されたと記されています。さらに、天皇制の維持と引き換えにアメリカ側に押しつけられたという改憲派の主張は誤解だとする考えも記述されました。そして、憲法が単純な押しつけとは言えないと結論づけたのです。

(憲法制定は)日本人によって自発的に行われるべきものであるという態度を(アメリカは)とっております。日本に押しつける草案を作っていたのではないかという一部日本人の憶測には何らの根拠がありません」(憲法調査会会長・高柳賢三 成蹊大学名誉教授

こうした議論を通じて、憲法が押しつけられたと考える国民の割合は低下していきます。アメリカでの調査や世論の変化を受け、考えを大きく転換させた改憲派もいました。
..

america_kenpou_iradachi
当時(1950年前後)のアメリカは(日本の)再軍備への足かせとなる(日本国)憲法への苛立ちを募らせていました。

nihonjin_kenpou_nhk_3-4
現時点で排除できない法的障害は日本の憲法が軍事力を保持することを禁止していることである。” (CIAの最高機密内部文書1951年3月5日)
saigunbi_ashikase_kenpou_cia
“A legal obstacle, the importance of which cannot be accurately estimated at this time, is the constitutional prohibition against the maintenance of armed forces.”
FEASIBILITY OF JAPANESE REARMAMENT IN ASSOCIATION WITH THE UNITED STATES (Published 20 April 1951 CIA) https://www.cia.gov/library/readingroom/docs/DOC_0000010668.pdf
https://www.cia.gov/library/readingroom/document/0000010668

nihonjin_kenpou_nhk_5
静かに確実に圧力を日本政府に与え続ける。そうすれば我々が望む結果を出せるはずだ。” (駐日米大使ジョン・M・アリソンから国務省宛の文書1953年8月14日)
steady_quiet _pressure_on _Japanese _Government
“I am convinced that steady, quiet pressure on Japanese Government will bring desired result, ”
Foreign Relations of the United States, 1952–1954, China and Japan, Volume XIV, Part 2. – 611.94/4–1453: Telegram
“No. 677 The Ambassador in Japan (Allison) to the Department of State, Tokyo, August 14, 1953—7 p.m.”
https://history.state.gov/historicaldocuments/frus1952-54v14p2/d677
..

nihonjin_kenpou_nhk_6-8
“防衛”こそがアメリカの一番の狙いである。(アメリカは)防衛ビジネスに我々を引き込もうとしている」(宮沢喜一の日記)
..

NHKスペシャル | 憲法と日本人~1949-64 知られざる攻防~ 初回放送 2018年5月3日(木) 午後8時00分~8時49分
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20180503
kenpou-to-nihonjin_nhk-special_20180503

(アメリカは)防衛ビジネスに我々を引き込もうとしている」(宮沢喜一の日記)
..

Advertisements