日航123便墜落と中曽根康弘

nikkou123_jal123_tsuiraku-shinjijitsu_aoyamatouko

” 中曽根康弘首相は、八月八日の夜から夏休みのため軽井沢の「ホテル鹿島の森」に滞在していた。十七時十一分発特急あさま22号に乗車して、十九時十五分に上野着となっている。日航123便が十八時五十六分に御巣鷹の尾根に墜落した時は、列車内にいたことになる。自衛隊の公式発表では、墜落後の十九時一分にファントム二機が茨城県の百里基地から飛び立ち、二十分経過後に墜落現場上空で燃えている炎を確認している。中曽根首相はどこで日航機の情報を得たのだろうか。なお、上野駅からパトカーの先導で、十五分ほどで到着するはずの首相公邸に十九時五十分到着(八月十三日付読売新聞)とある。どこかに寄り道をしていたのだろうか。公邸入り口で記者団から墜落のニュースを聞き、「ほう、そうなのか」と答えて事故を知らなかったということだが、ご自身の本『中曽根康弘が語る-戦後日本外交』(2012年・新潮社)では次のように書かれている。

『日航ジャンボ機墜落の報告が私に届いたのは、軽井沢から東京に戻る列車の中で午後七時過ぎでした。それで八時頃から首相官邸の執務室に入って、即時に色々な報告を受けたし、こちらから対策の指示も出した。国民に対して政府の正式見解を出すのは、事態の調査に遺漏のない状態で、万全を期してから発表しなくてはいかん。それまでは、私に留めて、私が合図するまでは公式に発表してはならんと指示しました』

当然携帯電話がなかった時代であるから、列車内にある連絡電話を利用して知ったということだった。当時の「ほう」というポーズはカムフラージュだったということになる。

(中略)

合図するまで公式発表をしてはならん、という判断もおかしなことである。半官半民とはいえ、航空会社の墜落事故という事実を公式発表するのは株式会社としての日本航空側である。なぜ、中曽根氏の合図が必要なのだろうか。 ”

– 青山透子 –

64~65頁 『日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』(河出書房新社)
著: 元日本航空客室乗務員 青山透子

jal123_shinjijitsu_aoyamatouko

日航123便墜落の新事実 : 青山透子| 河出書房新社
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
「日航123便墜落―遺物は真相を語る・天空の星たちへ」公式ブログ
http://tenku123.hateblo.jp/
青山透子(著) 日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る 単行本 – 2017/7/17
https://www.amazon.co.jp/dp/4309025943
..

jal123_airplane_19850812
oxygenfacemask_jal123_19850812
酸素マスクをつける乗客 墜落前の日本航空123便 1985年8月12日

” バーンと音がした後の機内で、スチュワーデスが冷静に酸素マスクを口に当てて、通路に立ち、乗客に付け方を教えている写真である。乗客の皆さんの背中が写っているが、皆半袖姿で毛布もかけず、さほど寒そうには見えない。上部の荷物収納扉もそのままで、物も飛び散ってはいない。「これは急減圧がないように見える機内の写真ですが、どうですか。事故原因の急減圧があったとは思えない風景だと思いますが、いかがでしょうか。しかし、事故調査委員会はこの写真を証拠としてはまったく取り上げませんでした。(以下略)」 ” ( 96頁 『日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』 青山透子(著) 河出書房新社 )
..

flying_object_mtfuji_jal123_19850812_1flying_object_mtfuji_jal123_19850812_2flying_object_mtfuji_jal123_19850812_3flying_object_mtfuji_jal123_19850812_4
日航ジャンボ機123便 1985年8月12日

” 「次はこの窓の外を写した写真ですが、ご存知でしたか。相模湾の向こうに富士山が見えて、飛行機の翼の先が写っています。おそらく窓から外の風景を写したのでしょうが、他の写真に比べて、一枚黒い点のあるものがあります。この黒い点に見えるものですが、その前後の同じような風景写真を見てみると、黒点がありません。つまり、窓のシミでもなければ、ごみでもないことがわかります。そこで、知り合いの研究者に頼みまして、画像専門の解析をする研究所で拡大分析をした結果、黒点をだんだん大きく拡大するとオレンジ色になることがわかりました。その写真がこれです」 ” ( 96頁 『日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』 青山透子(著) 河出書房新社 )

” 「このオレンジ色の物体ですが、画像専門家によると、向こう側に熱の波動が見えることから、何らかの動力によって物体がこちら側、つまり飛行機側に向かって飛んできていると推定されるということでした。具体的に見ていくと、黒点に見えるものは中心から右への帯状、または扇状になってオレンジがかっているそうです。その形ですが、円錐か円筒状のもので、この写真は正面から、若干右斜めからとらえた、という感じでしょうか。また、このオレンジ色はシルバーの物体が夕日を浴びて輝いているかもしれない、そういう分析結果でした」 ” ( 97頁 『日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』 青山透子(著) 河出書房新社 )

flying_object_mtfuji_jal123_19850812
..

jal123_orange_red_phantom

” 「それはですね。機体の左下のお腹です。飛行機の後ろの少し上がり気味の部分、おしりの手前くらいでしょうか。貨物室のドアがあるような場所、そこが真っ赤に抜けたように見えたんです。一瞬火事かな、と思ったけど、煙が出ている様子もない。ちょうど垂直尾翼のあたりがグレー色でギザギザのしっぽみたいだったので、それが煙に見えたけど・・・・・・、煙ならたなびくけど、それは動かなかった。今思うと、千切れたしっぽのギザギザが煙のように見えたんですね」

(中略)

「そのお腹の部分、つまり飛行機の左側のお腹の部分、四~五メートルくらいになるのかなあ。貨物室ドア二枚分ぐらいの長さでしょうか。円筒形で真っ赤。だ円っぽい形でした。濃いオレンジ、赤という色です。夕日を浴びて赤い、という感じでもない。夕日は機体の背を照らしていたので、逆にお腹はうす暗く見えました。円筒形のべったりとした赤色がお腹に貼り付いているイメージ、言葉で伝えるのは難しいけど。絵に描くとこんな感じかなあ」

(中略)

その機体を見た後、いつもどおりの道を車に乗って帰宅途中、今度は目の前を飛ぶ二機のファントム(F-4EJ)を見た。時間は先ほどのジャンボジェット機を見て五分くらい過ぎてからだという。田舎なので高い建物はなく、突然視界に入ってきた。浜松の方向、西の位置から飛んできたと思われるファントム二機はジャンボジェットが飛び去った方向に向かい、それを追うようにして、今では新東名(第二東名)高速道路の方向、山の稜線ギリギリの低空飛行で飛び去っていった。時間は十八時三十五分頃である。まだこの時点で日航機は墜落していない。しかも公式発表で十九時五分に出動となっているファントムが、すでに実際に飛んでいたことになる。

小林さんは子どもの頃から近くにある航空自衛隊第十一飛行教育団静浜基地のこどもの日イベントや航空祭で、よくブルーインパルスなどを見ていたという。航空祭の前日にはいつもいろいろな飛行機が飛んできていたし、ファントムの展示もあったのですぐわかった。ファントム二機は少し斜めぎみに頭をあげた状態で飛んでいった。

「場所は大洲中学校あたりの道路を西に向かって走行中に見えてきました。ずいぶんと低い高度で北の方向に稜線ギリギリで飛んでいった。日航機の飛び去った方向でした。その後、家に着いたのが十八時五十分より前だったので三十五分頃に見たのは間違いない。きっとニュースで放送されるから見なくっちゃって思いながら帰りました。そして家に着いたらまだ七時のNHKニュースが始まっていなかったので、時間はよく覚えています」

(中略)

それにしてもべっとりと貼り付いたように見えた真っ赤な火事のように見えるオレンジ色のものとはなんだろうか・・・・・・。

だ円や円筒形のような形で、まるで絆創膏を貼っているように見えたそうだ。そうなると、五分後に追尾していったファントム機の乗務員もその物体をしっかり見たであろう。そしてそれをどのように理解し、どのような報告をし、どのような命令を受けたのだろうか。

ファントム機が追尾したならば、それによって墜落地点が早急にわかり、すぐに生存者を救出することが可能となろうが、小林さんが子どもの頃から身近に感じて信頼してきた自衛隊のお手柄。という結果にはつながらなかった。

目撃者にとっては救助をしてくれたと思って安堵した存在であったファントム機が、なぜ公式記録には出てこないのかもいまだに不思議な話である。 ”

“ファントム二機と赤い物体の目撃者”
105~109頁 『日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』 (河出書房新社)
著: 元日本航空客室乗務員 青山透子
..

jal123_orange_red_1jal123_orange_red_2jal123_orange_red_3
jal123_orange_red_4
オレンジ色 赤色 機体 日本航空JAL123便 JA8119 東京・奥多摩上空 1985年8月12日
..

keikokawakami_jal123_crash_19850812

jal123_nikko123_crash_1985_0812_osutaka

“墜落直後、川上慶子ちゃんは父・英治さん(41)や妹の咲子ちゃんと言葉をかわしたという。やがて二人は、慶子ちゃんが呼びかけても返事をしなくなってしまった。”

“吉崎さん母子は東京の実家で夏休みを過ごした後、慶子ちゃん一家は楽しかった北海道旅行の帰途、そして落合由美さんは大阪にいる夫に会い行く途中での事故だった。”

“夏は、まもなく終る。が、遺族、生存者にとって、85年夏、恨みの夏は、おそらくこの先、何年も終ることはあるまい。”
..

kawakamikeiko_jal123_19850812
川上慶子 日航ジャンボ機墜落 1985年(昭和60年) 8月12日 18時56分
(毎日グラフ 1985.9.1号)

yoshizakimikiko_yoshizakihiroko_jal123_19850812
吉崎美紀子 吉崎博子 日航ジャンボ機墜落 1985年(昭和60年) 8月12日 18時56分

ochiaiyumi_jal123_19850812
落合由美 日航ジャンボ機墜落 1985年(昭和60年) 8月12日 18時56分

8月12日(日)日航ジャンボ機墜落(27年前) | 梅と桜と向日葵の幸せの会 2012.08.12 Sunday
http://plumcherryume.jugem.jp/?eid=671
..

jal123_sr_tokyo_osaka
JAL123 SR Tokyo 1800 Osaka 1900

19850812_jal123_passengers
搭乗前の記念写真 日航123便 羽田空港 1985年8月12日

yoshizakihiroko_yoshizakimikiko_kawakamikeiko_ochiaiyumi_jal123
吉崎博子 吉崎美紀子 川上慶子 落合由美 JAL123便 1985年8月12日

kawakami-keiko_jal123_1985
川上慶子

ochiai-yumi
落合由美

nikkou123_tsuiraku-no-natsu
『墜落の夏―日航123便事故全記録』吉岡忍 (著) (新潮文庫) 1989/7/27
https://www.amazon.co.jp/dp/4101163111
..

7_seizonsha_jal123_19850812
生存者7人発見 生きていた! 日航機残がい、山腹に散乱

osutaka_jal123_1985-2018
“日航機墜落33年 遺族ら229人 黙とう 大病に負けず 父慰霊 ” (読売新聞2018年平成30年8月13日)

osutaka_jal123_2018_nikkou-jumbo
“御巣鷹 記憶消さぬ 日航機墜落33年 妹一家犠牲 孫と慰霊へ” (読売新聞2018年平成30年8月10日)

osutaka_jal123_niikouki123_2018_h30
“御巣鷹 遺族ら祈り 日航機事故33年 会えぬ父へ 結婚報告 母の分も 家族6人で ” (読売新聞2018年平成30年8月14日)

crashed_jal123_osutaka
御巣鷹の尾根(高天原山の尾根)に墜落したJAL123の翼

sakagami_miyajima_osutaka_2018
日本航空123便墜落現場の御巣鷹の尾根(高天原山の尾根)へと赴いた坂上忍と美谷島邦子さん
直撃!シンソウ坂上 日航機墜落事故から33年 9歳の息子が遺した“宿題”
2018年8月16日(木曜)午後9:55 「シンソウ!坂上」

sakagami_1sakagami_2sakagami_3

osutaka_jal123_33th_2018_fujitv-drama
日航機墜落事故の知られざる悲劇…再現ドラマで描く悲しみと怒り
『直撃!シンソウ坂上 2時間SP ~日航123便からのメッセージ・33年目の真相~』のドキュメンタリードラマ フジテレビ
【出演】 財前直見 鶴見辰吾 富田靖子 谷花音 岡田浩暉 松井玲奈 他

9sai_jal123_19850812
美谷島さんの息子・健くん 9歳 近鉄バファローズの帽子 コカ・コーラの瓶

美谷島邦子@ken9sai
https://twitter.com/ken9sai
御巣鷹山と生きるーポエム85812 (Author:美谷島邦子)
http://5891akatuso.blog10.fc2.com/
美谷島邦子 (著) 『御巣鷹山と生きる―日航機墜落事故遺族の25年』 – 2010/6/1 
https://www.amazon.co.jp/dp/4103254211
osutaka_8-12
..

backtohaneda_jal123
高濱機長「羽田に戻ることを要求する」
東京管制「了解」
東京管制「これから日本語で話していただいて結構ですから」
高度6400mから2000mまで降下 JAL123便 1985年8月12日

yokota_jal123
横田管制「Japan Air One Twenty Three 日本航空123便」
高濱機長「ジャパナ123 アンコントローラブル 操縦不能」
横田管制「こちら横田アプローチです。聞こえていたら応答してください」
高濱機長「これはだめかもわからんね」

haneda_yokota_landing_available_jal123
福田航空機関士「ジャパンエア― 123、リクエストポジション?」
管制官「熊谷から25マイルウエストの地点です。どおぞー」
管制官「Japan Air 123、こちらはいつでもレディ(進入可能)になっております」
管制官「なお、横田と調整して横田ランディング(滑走路)もアベイラブル(いつでも着陸可能)になっております」
..

524_jal123
『524人の命乞い 日航123便乗客乗員怪死の謎』 小田周二 (著) 文芸社 2017/8/1
https://www.amazon.co.jp/dp/428618207X
..

日航ジャンボ機墜落事故、「アントヌッチ証言」英語原文

Advertisements