年末年始、渡航先は韓国が最多、次いで中国

出国ラッシュ、関西空港でピーク、行き先は韓国が最多。渡航先は韓国が最も多く、次いで中国、東南アジアの順。特に中国への渡航が前年に比べ2割以上伸びている。

ということで、これはいったいどうしたことか。基礎的な漢字も読めない安倍晋三が愛読するコピペ本『日本国紀』の百田尚樹さんや『大嫌韓時代』の著者桜井誠さんらの懸命の嫌韓嫌中努力も空しく、日本はまだ大嫌韓時代や嫌中嫌韓時代を迎えていなかったということでしょうか。それとも、年末年始の休みで在日韓国人中国人が中韓へ帰国する数字も含まれているのか。いずれにせよ、嫌韓デモでお馴染みの桜井誠さんたちは、大嫌韓時代や嫌中嫌韓時代を本格的に迎えるべく、嫌韓キレ芸を以前にも増して激しく炸裂させ、もっともっと頑張らないといけないかも知れません。はたして、大嫌韓時代や嫌韓嫌中時代は日本に訪れるのでしょうか?
..

kankoku_cyuugoku_tokousaki
出国ラッシュ、関西空港でピーク 行き先は韓国が最多
藤本久格 2018年12月29日15時30分 朝日新聞デジタル

年末年始を海外で過ごす人たちの出国ラッシュが29日、関西空港でピークを迎え、関空を運営する関西エアポートの予測によると、この日海外に出発するのは約4万人。日本を訪れる外国人観光客らの到着ラッシュとも重なり、国際線のフロアはスーツケースを持った家族連れなどで混雑した。

関西エアは21日~来年1月3日の年末年始に関空を利用する国際線旅客数を97万9300人と予測。1日の平均では過去最高の7万人を見込む。行き先は韓国が最も多く、次いで中国、東南アジアの順。特に中国への渡航が前年に比べ2割以上伸びている。年明けの帰国のピークは3日の見通し。

家族ら6人でハワイへ向かう大阪府富田林市の大学4年、阪井美咲さん(22)は「来年から社会人なので家族でゆっくり過ごせるのは今年が最後。思い切り楽しんで来ます」。(藤本久格)

https://www.asahi.com/articles/ASLDY3HNYLDYPTIL001.html
..