「北方四島は日本に帰属」の記載削除、自民内で批判続出

安倍外交 外交の安倍
hoppou-ryoudo_abehoppouryoudo_abe
「北方四島は日本に帰属」の記載削除、自民内で批判続出
朝日新聞デジタル 2019年5月10日
https://www.asahi.com/articles/ASM5B557ZM5BUTFK010.html

2019年版の外交青書で18年版にあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が削除されたことについて10日、自民党の会合で批判が相次いだ。政府が削除したのはロシアを刺激しないようにする配慮からだったが、「身内」の自民議員からは「交渉が何も進展していないのにメッセージだけ弱めている」といった不満が続出した。

外交青書は、国際情勢や日本外交について政府の認識や方針を示した公式文書。北方領土問題や日ロ平和条約交渉についても安倍晋三首相や河野太郎外相の国会答弁などに沿って書かれている。

10日の自民党外交部会と外交調査会の合同会議では「固有の領土という表現は基本原則のはずで残すべきだ」「ロシアから文句を言われ、自発的に日本の基本原則を捨てた」と批判が相次いだ。

外務省幹部が「日本政府の北方領土に関する法的な立場は変わっていない。ロシア側との交渉でしっかり主張している」と理解を求めたが、「全然説明になっていない」などと議員の反発は収まらなかった。(鬼原民幸)
..

abe-seiken_hppouryoudo
「北方四島は日本に帰属」表現削除に異論 自民部会、外交青書で :
日本経済新聞 2019/5/10
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44612680Q9A510C1EA3000/

自民党は10日、外交部会などの合同会議を開き、2019年版の外交青書の作成過程を検証した。18年版にあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が削除されたことに出席者から「表現を残すべきだ」「基本原則は忘れてはいけない」などの異論が相次いだ。

出席した外務省幹部は「これまでの河野太郎外相の国会答弁などを踏まえ、この書きぶりにした」と説明した。

19年版外交青書は河野氏が4月23日の閣議で報告したが、5月7日の自民党総務会で北方領土に関する表現に疑義が示され、外交部会などに議論の検証を求めた。外務省幹部は10日の党合同会議で「昨年との大きな変化への説明が不十分だった」と謝罪した。
..

abe_hoppouryoudo
自民、「北方四島帰属」削除に反発:時事ドットコム 2019年05月10日
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019051000833

自民党が10日に開いた外交部会・外交調査会合同会議で、2019年版の外交青書で「北方四島は日本に帰属する」との表現が削除されたことに関し、「四島が固有の領土という原則は譲れない」「他の領土問題にも影響する」などと政府への批判が相次いだ。

青書は河野太郎外相が4月23日の閣議で報告したが、事前の党部会では記述変更について政府から明確な説明がなかった。党総務会では策定過程の検証を求める声が出ている。
..

Advertisements