飯塚幸三アクセル踏み間違いか

「相次ぐ高齢者ドライバー暴走事故はプリウスのせい」説は本当か?トヨタタブーで検証放棄するマスコミの体たらく
iizukakouzouikebukuro_jikoikebukuro-jiko_iizuka-kouzouiizukakouzou_kuruma_ijou-nashi_ikebukuro
飯塚幸三

池袋事故、アクセル踏み間違いか
東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人が死亡した事故で、乗用車の機能検査の結果、アクセルとブレーキに異常がないと判定されたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)は事故当初、「アクセルが戻らなくなった」と説明していたが、警視庁はアクセルとブレーキの踏み間違いが原因の可能性が高いとみて捜査している。警視庁は7日までに飯塚元院長の自宅などを自動車運転処罰法違反容疑で家宅捜索した。元院長は入院しており、回復を待って事情を聴く方針。【共同通信】2019/05/07
..

東京・池袋で4月に車が暴走し親子2人が死亡した事故で、警視庁が車を検査した結果、アクセルとブレーキに異常はなかったことが分かり、警視庁は暴走の原因はアクセルとブレーキの踏み間違いの可能性が高いとみて、捜査をしています。4月19日に豊島区東池袋で起きた事故では、暴走した車が通行人を次々とはねるなどして、松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡し、男女8人がけがをしました。運転していたのは旧通産省・工業技術院の飯塚幸三元院長(87)で、事故当初の調べに対し「アクセルが戻らなくなった」と説明していました。しかしその後、警視庁が車の機能を検査した結果、アクセルとブレーキに異常はないと判定されたことが分かりました。警視庁はアクセルとブレーキの踏み間違いが暴走の原因である可能性が高いとみて捜査を続けています。TOKYO MX 2019/05/12
..

東京・池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走し、親子2人が死亡した事故で、車の機能を検査した結果、アクセルとブレーキには問題がなかったことが新たに分かりました。これは、自動車メーカーと、運転していた87歳男性の息子の、立ち会いのもと行われた車の機能検査の結果、明らかになったものです。この検査結果を受けて、警視庁は87歳の男性がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性が高いとみて、調べを続けています。テレ東NEWS 2019/05/07
..

「相次ぐ高齢者ドライバー暴走事故はプリウスのせい」説は本当か?トヨタタブーで検証放棄するマスコミの体たらく

Advertisements