「致死率はインフルエンザの20倍」(中国政府の調査チームを率いる鍾南山医師)

「致死率はインフルエンザの20倍」(中国の調査チームトップの鍾南山医師)

chishiritsu-1chishiritsu-2chishiritsu-3
ウイルス「体内で変異」感染力も・・・中国調査班トップ(20/04/11) 2020/04/11 ANNnewsCH https://www.youtube.com/watch?v=CYU5ncvEdOs

ウイルス「体内で変異」感染力も…中国調査班トップ(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース 4/11(土) 18:49配信
“中国の調査チームトップ・鍾南山医師は、新型コロナウイルスが人間の体内で生存しやすいよう変異して感染力が強まっていると述べました。中国政府の調査チームを率いる鍾医師は、国際的な専門家会議に参加して「ウイルスはすでに遺伝子が変異した」と述べ、人間の体内の環境に適応してこれまでより長く生存できるとの認識を示しました。さらに「感染力は強まっていて、致死率はインフルエンザの20倍」との見方を示し、ワクチンを早く開発することが何よりも重要だと強調しました。一方、一部で議論される「集団免疫」の考え方については「払う犠牲が大きい」として、否定的な考えを示しました。” https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200411-00000039-ann-int https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000181594.html

chishiritsu-4
钟南山:新冠病毒基因突变,已非常适应在人体内生存
https://news.ifeng.com/c/7vZEaK3NGT6